映画鑑賞の記録

私の映画感想文と、映画に関する文章などです。


5-100  題名のない子守唄

  1. 2013/11/09(土) 23:00:00_
  2. ジュゼッペ・トルナトーレ
  3. _ comment:0
LA SCONOSCIUTA  (題名のない子守唄) 2006年・イタリア



題名のない子守唄




 
.


2013年11月9日(土)  レンタルDVD

監督 ジュゼッペ・トルナトーレ
主演 クセニア・ラパポルト  (イレーナ 役)

感想抜粋
感想は書きにくいですけど、
最後の数分間のあの短いシークエンスに、
泣けた(それも叫びながら)私は一体なんなのだろう?と思いつつ、

やっぱり、そこには理屈のない、
血がつながっていなくても、
「愛情」という名で現わせるようなの何かを感じたからだと思います。



**************************



あとは全体的に滅茶苦茶な映画で、
この監督はホントに忙しいヒトだな~って思います。
今と過去、それもむごい映像やらなんやら・・・

元々の家政婦の老女だけど、あんなに家の事情を喋るのはヘンだし
署名の件もよく分からないままで、整合性に問題もあるけどね・・・



**************************



この作品は、どこに謎があり、どの答えを求めるかが分からないところから
ミステリーが始まって、

いろんなこと(むごいこと、イヤなこと、酷いこと)てんこ盛りで
お腹いっぱいになって終わるのか?と思ったところに

最後の最後に見られた、笑顔と微笑みは、
人間関係とは、血のつながりだけではなく、
「キズナ」とは他人には理解できないモノ、と
再確認させてくれて、

人と人のあり方を、
ミステリー仕立てに問いかけて終わるような作品でした☆




<<5-101  ヒアアフター | BLOG TOP | 5-99  湯殿山麓呪い村>>

comment

 
 管理者にだけ表示を許可する
 


映画館で驚いたこと☆

今日行った映画館で、普通にわらわら売っているDVDたちではなく、カウンターの前のガラスケースに入ってしずしずと鎮座ましましていたのは、売れ筋?の「君の名は。」の隣に・・・「エル・スール」!!! ビックリ仰天して2度見しましたよ、それもDVDとBDの両方!!! 誰が買うのか?と非常に疑問・・・私は手持ちのそれを再見しようかな?という気持ちになりました(笑)。

このブログ内の検索フォームです

私のプロフィールです 

miri

Author:miri
古今東西、色々な映画が好きです♪
一番好きなのは、1930~50年代のフランス映画です。

ブログを続けることで目指しているのは
take it easy です☆

ネタばれについての、お知らせです。

感想文の中で映画の内容について深く触れている場合は、必ず大きな色文字でお知らせしています。 また、感想文の途中の一部分のみのネタばれの場合は、白抜きの隠し文字(反転で読めます)にしてあります。 ただ、申し訳ありませんがその白隠し文字は携帯(スマホ)では見えてしまいます(ペコリ)。 最後に、2008年以前の文章については、配慮はしてありません(ペコリ)。

カテゴリです❀

1975年からの記録(記事追加中です)

« 2017 10  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -