FC2ブログ

映画鑑賞の記録

私の映画感想文と、映画に関する文章などです。


(2-1690)  ノスタルジア  (2回目)

  1. 2017/12/24(日) 23:00:00_
  2. アンドレイ・タルコフスキー
  3. _ comment:2
再見  NOSTALGHIA  (ノスタルジア)  1983年・イタリア/ソ連



ノスタルジア




 
.


2017年12月24日(日)  セルDVD

監督 アンドレイ・タルコフスキー
主演 オレグ・ヤンコフスキー (アンドレイ 役)

感想
初見時感想を読むと、
やっぱりあの時は「それなりによく分かっていた」んだなあと・・・
今回はちょっと残念でした・・・かも?

何というか、俺さま映画な感じがあったのと
ドミニコさんと主人公の、そのつながりが見いだせなかったんですよね・・・。

最初から中盤までそこにいる女性が
するっといなくなって(笑)
上手に生きているように思ってしまった。。。

詩人アンドレイは、監督の姿なのかなあ? やっぱり。
それで初見時には書いていなかった、色のない世界の人々ですが
もしかして違うかもしれないけど、あの可愛らしい男の子(7~8歳くらい?)が
主人公で、ぴったりくっついているのがお母さんだろうなとは思いました。
(ロシアにいる妻か?とも思ったけど、子供は上が男・下が女という台詞と合わないし?)

とにかく水がお好きで、温泉と言っても日本のとは全然違って
まあ温かそうではあるけど、死んでゆく場所にはちょっとね~?
タクシーの運転士さん、可哀想です!

全体的に絵のような美しさは、相変わらず素敵でした☆
登場人物がこっち(カメラ)見て話すのが、小津?と思うのは悪い癖?
あと、ローマでの演説の聴衆軍団に黄色い服を着せたらテオ?と思うのも悪い癖?

悪くはなかったけど、数日経てばもう少し変わるかもしれないけど
見たばかりの感じはこんなふうでした。
眠らないで見ようと思ったら見られるので、自分を追い込むのも良いかも?(笑)
(年末、年内に・・・って追い込んだのです・笑)

初見時から5年半、今度も5年は開けて再見したい作品です☆



初見時感想はこちら  →  ノスタルジア(83・伊/ソ) ・・・ 2-1690





<<(5-15)  巨星 ジーグフェルド  (2回目) | BLOG TOP | 今年の私の映画鑑賞について / 各賞発表>>

comment

うっすら思い出してきました

  1. 2017/12/26(火) 07:52:10 |
  2. URL |
  3. 宵乃
  4. [ 編集 ]
数式が出てくるシーンの前後に少年が登場したんでしたっけ?
たぶん、鑑賞時はモノクロシーンが主人公のフラッシュバックというか潜在意識みたいなものだと解釈してました。それで、出てくる人々は彼の親しい人&家族と一緒だった頃の自分で、寂しさを表してるのかなと。miriさんと同じですね。
コメントを読んだ時は記憶になさ過ぎて、”アンドレイではなく少年が主人公”という意味かと勘違いしてしまいました(汗)

>登場人物がこっち(カメラ)見て話すのが、小津?と思うのは悪い癖?
>あと、ローマでの演説の聴衆軍団に黄色い服を着せたらテオ?と思うのも悪い癖?

ふふ、影響力の強い監督さんたちですから、あながちあり得なくはないと思います。

お話しできてよかったです。今度こそ色々印象に残ったはず!
再見していただきありがとうございました♪

Re: うっすら思い出してきました

  1. 2017/12/26(火) 15:21:35 |
  2. URL |
  3. miri
  4. [ 編集 ]
宵乃さん、こんにちは☆
お忙しいところ、コメントを有難うございます☆

> 数式が出てくるシーンの前後に少年が登場したんでしたっけ?

数回出たんですけど、特に最終盤、ラストシーンにつながるシークエンスは
そこだけ少し時間が長かったのですが、他は一瞬って感じでした。

> たぶん、鑑賞時はモノクロシーンが主人公のフラッシュバックというか潜在意識みたいなものだと解釈してました。それで、出てくる人々は彼の親しい人&家族と一緒だった頃の自分で、寂しさを表してるのかなと。miriさんと同じですね。

ハイ、同じことを感じました
特に最終盤では、ハッキリと、くっついてるのがお母さんで、
この子がアンドレイなのだと思いました。

他の女性は意味不明ですが、大人の女性だけのシーンは、
妻なのかもしれませんね~!

母親と坊やと一緒に、他の女性が出てくるときもあったのですが、
皆さん黒髪で、髪形も顔つきも似ているので(日本人から見ると区別がつきにくい)
いくつもの過去のシーンが交代で出てきているように思いました☆

> コメントを読んだ時は記憶になさ過ぎて、”アンドレイではなく少年が主人公”という意味かと勘違いしてしまいました(汗)

いやはや、私の文章力のなさが(恥)。
お許しくださいね!

> ふふ、影響力の強い監督さんたちですから、あながちあり得なくはないと思います。

いや~そう言っていただけると、嬉しいです!
もしかしたらマジで、小津さんはそうかもしれませんね~!
テオさんは、時期的にどっちこっちのような気もしますが・・・。

> お話しできてよかったです。今度こそ色々印象に残ったはず!
> 再見していただきありがとうございました♪

あぁ、なんて温かいお言葉でしょう!
宵乃さんは、私の冷たい心に陽を射してくださいました。
こちらこそ、有難うございます☆
今後もどうぞよろしくお願い致します(ペコリ)。


.
 
 管理者にだけ表示を許可する
 


このブログ内の検索フォームです

私のプロフィールです 

miri

Author:miri
古今東西、色々な映画が好きです♪
一番好きなのは、1930~50年代のフランス映画です。

カテゴリです❀

1975年からの記録(記事追加中です)

ネタばれについての、お知らせです。

感想文の中で映画の内容について深く触れている場合は、必ず大きな色文字でお知らせしています。 また、感想文の途中の一部分のみのネタばれの場合は、白抜きの隠し文字(反転で読めます)にしてあります。 ただ、申し訳ありませんがその白隠し文字は携帯(スマホ)では見えてしまいます(ペコリ)。 最後に、2008年以前の文章については、配慮はしてありません(ペコリ)。

« 2019 06  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -