映画鑑賞の記録

私の映画感想文と、映画に関する文章などです。


5-339  フェリーニのローマ

  1. 2014/05/12(月) 23:00:00_
  2. フェデリコ・フェリーニ
  3. _ comment:2
FELLINI'S ROME  (フェリーニのローマ)  1972年・イタリア



フェリーニのローマ




 
.


2014年5月12日(月)  ザ・シネマ

監督など フェデリコ・フェリーニ

感想
困りましたわ、ほほほ・・・。

この監督、一応、好きではないのですけど、
よく調べてみたら好きな他の監督作品の脚本を書いていらして
ひっくり返ったり、
「道」と「81/2」は特別な作品で、もう出ないだろうと思っていたんです。
思い込んでいたんです・・・。

それに「ワタクシ映画」だからね、「アマルコルド」とか「魂のジュリエッタ」みたいに
ぞわーっ!として、終わりだろうと、最初の方はそう思いながら見ていたのですけど・・・

まぁ人間だれでも「わたしの東京」とか「俺の京都」とか「僕の札幌」とか
そういう場所ってあると思うんですよね・・・
生まれた場所ではなく、憧れ、青春を過ごす場所・・・

あ、生まれた場所でもいいんですけど、同じ県内とかでも
違うとこ、きっと誰にもあるでしょ??? ない??? あるよね~笑。

私にもあります。
それは生まれ育った県内、同じ市内だけど、映画を好きになって
一人で名画座周りをした、あの街、あの通り、その角を曲がったとこ、です。

そういう場所をね~イイよね~映画監督さんは「俺様のローマだ、まいったか!」的な?
うん、このヒト、絶対そう思って作っていますよ~!!!

それでこの映画は、小さいときに田舎で見た「ROMA」という看板とか
列車の行先名とか、映画で見たその街とかで、メッチャ憧れて、
ハタチになったから、やっと田舎から出てきた自分の
見たもの、目で見たもの、こころで見たもの、

そしてうん十年、今(映画撮影時)も住んで愛しているその街を
俺様の目で見て、撮ってやるから、お客さん見てくださいって感じ???

まともな観光案内とは全然違うけど、
明るい陽差しの下、オードリー・ヘップバーンの笑顔の似合うあの昼間のローマよりも、
ラストシーンの暗い夜のローマをひた走るオートバイの軍団、
その表現の方が、
今の(年取った???いえいえきっとそのせいではありませぬ)私の目から見ると
ローマってこういう街なんだな~って、妙に納得☆

2年前にイタリア映画ばっかり見ていた時期があって、
でもシチリア島が多かったし、
でも、やっぱ胸キュン的な、イタリアの映画って、どこか懐かしさもあるのよね~。

そんなわけで、
枢機卿が踊るのを初めて見て大感激しました! 
あのシークエンスだけで1本作れそう!
出演したいわ、観覧席で胸一杯になる人で(笑)。

まぁ「フレスコ画の件」は フィクションと思いますが、
高級娼館とはああいうものか?と、今まで見たどの映画より実存感あったり、

この映画は、うまく書けないけど、「道」や「81/2」とは違う
もう一人の方の(ワタクシ映画しか作らない)フェリーニ氏の
大傑作と、そう思い、なんというか、凄いモノを見てしまって嬉しいと思いました♪

今後もこのヘンなヒトの作った映画等を見ると思います。
決めつけずに、今度はどのアナタ?と思いながら
見たいと思います☆





<<(5-112)  エリザベスタウン  (2回目) | BLOG TOP | 5-338  ラスト・タンゴ・イン・パリ>>

comment

  1. 2014/05/17(土) 13:02:43 |
  2. URL |
  3. 宵乃
  4. [ 編集 ]
>まぁ人間だれでも「わたしの東京」とか「俺の京都」とか「僕の札幌」とか
そういう場所ってあると思うんですよね・・・

わたしは地元かな。あんまり遠出って好きじゃなかったから。
場所も国も違えど、そういう場所を想う気持ちは世界共通で共感できますね~。

>うん、このヒト、絶対そう思って作っていますよ~!!!

あはは、ホント思ってそうです。
一緒に撮った人たちも呆れつつ楽しんでそう(笑)

>枢機卿が踊るのを初めて見て大感激しました!
出演したいわ、観覧席で胸一杯になる人で(笑)。

やはり印象的なシーンですよね。
オートバイ軍団は思い出せないのですが、こっちは忘れそうもありません。
その場にいたら、感涙はなくても大興奮はしそうです。

>決めつけずに、今度はどのアナタ?と思いながら見たいと思います☆

映画をたくさん観てると苦手な監督さんも出てきますが、やはり観る前から避けていては新しい出会いも生まれませんね。
わたしも偏見をもたずに色々観ていきたいです。

************

昨日、うっかりlinuxをインストールしなおす破目になったんですが、firefoxの設定もしなおしてたらいいものを発見しました♪
フォクすけのテーマがたくさんあって、firefoxを模様替えできるんです!
(知ってたらスルーして下さい)

右上三本線のアイコンでメニューを開き、ジグソーパズルのピースみたいなアイコンをクリック、出てきたページを下にスクロールすると「テーマをすべて見る」というようなリンクがあると思うのでクリックして下さい。
左側のカテゴリーに「フォクすけ」と出ているので選ぶと、色んなテーマが選べようになります。

テーマにカーソルを合わせるとプレビューできるので、好きなのを選んで簡単にインストールできますよ~。

宵乃さん、こんばんは☆

  1. 2014/05/17(土) 18:57:55 |
  2. URL |
  3. miri
  4. [ 編集 ]
コメントを有難うございます☆

> わたしは地元かな。あんまり遠出って好きじゃなかったから。
> 場所も国も違えど、そういう場所を想う気持ちは世界共通で共感できますね~。

ハイ、人それぞれ、きっとあると思います♪

> あはは、ホント思ってそうです。
> 一緒に撮った人たちも呆れつつ楽しんでそう(笑)

フェリーニ氏と一緒に仕事して、楽しめる人でないと
スタッフには絶対になれませんね~(笑)

> やはり印象的なシーンですよね。

ハイ、法王だと思える人の衣装を「紅白」とは
素晴らしき表現!
でも全くその通りでした!

> オートバイ軍団は思い出せないのですが、こっちは忘れそうもありません。
> その場にいたら、感涙はなくても大興奮はしそうです。

ハイ、オートバイ軍団の事は、ちょっとイミフ的な暗い感じなので
忘れる人も多いのではないかナ~?って思います。
でも、あのショーの事は、骸骨ちゃんと共に、忘れられませんよね~☆

> 映画をたくさん観てると苦手な監督さんも出てきますが、やはり観る前から避けていては新しい出会いも生まれませんね。

ハイ、同じ人間とは思えない作品を作る人は
この人だけではないけど、この人が一番のような気もします?(笑)。
見る前から避けるのは、やっぱもったいないですよね~!!!

> わたしも偏見をもたずに色々観ていきたいです。

宵乃さんは(私の勝手な想いですが)どちらかというと「映画人」に対しての
偏見は、持っておられないほうではないでしょうか?

ただ、苦手なシーン等が おありになるので、
一本の映画の中でちょっとだけのシーンなら、もったないような気がする時もあります。
どうも、偉そうに言って、ごめんなさい!


> ************


> 昨日、うっかりlinuxをインストールしなおす破目になったんですが、firefoxの設定もしなおしてたらいいものを発見しました♪
> フォクすけのテーマがたくさんあって、firefoxを模様替えできるんです!
> (知ってたらスルーして下さい)
>
> 右上三本線のアイコンでメニューを開き、ジグソーパズルのピースみたいなアイコンをクリック、出てきたページを下にスクロールすると「テーマをすべて見る」というようなリンクがあると思うのでクリックして下さい。
> 左側のカテゴリーに「フォクすけ」と出ているので選ぶと、色んなテーマが選べようになります。
>
> テーマにカーソルを合わせるとプレビューできるので、好きなのを選んで簡単にインストールできますよ~。

いやいやいや~全然知らなかったので、嬉しいです!
有難うございます☆
楽しみます!

最近思うのですが、こうして二種類使ってみるとそれぞれに良い点や
使いやすい点、まどろっこしい?点、など、違いがあるのですよね~!!!

何も知らない私が夫や息子に「ファイアーフォックスに かえたんだよ♪」と言って、
ビックリさせて、そしてフォクすけちゃんと楽しめるのも
全部、宵乃さんのお陰です!
本当に有難うございます☆

また何か教えて下さいね~!
(いまのところ、普通に使う分には私のような者でも使えてありがたいです)


.
 
 管理者にだけ表示を許可する
 


映画館で驚いたこと☆

今日行った映画館で、普通にわらわら売っているDVDたちではなく、カウンターの前のガラスケースに入ってしずしずと鎮座ましましていたのは、売れ筋?の「君の名は。」の隣に・・・「エル・スール」!!! ビックリ仰天して2度見しましたよ、それもDVDとBDの両方!!! 誰が買うのか?と非常に疑問・・・私は手持ちのそれを再見しようかな?という気持ちになりました(笑)。

このブログ内の検索フォームです

私のプロフィールです 

miri

Author:miri
古今東西、色々な映画が好きです♪
一番好きなのは、1930~50年代のフランス映画です。

ブログを続けることで目指しているのは
take it easy です☆

ネタばれについての、お知らせです。

感想文の中で映画の内容について深く触れている場合は、必ず大きな色文字でお知らせしています。 また、感想文の途中の一部分のみのネタばれの場合は、白抜きの隠し文字(反転で読めます)にしてあります。 ただ、申し訳ありませんがその白隠し文字は携帯(スマホ)では見えてしまいます(ペコリ)。 最後に、2008年以前の文章については、配慮はしてありません(ペコリ)。

カテゴリです❀

1975年からの記録(記事追加中です)

« 2017 10  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -