映画鑑賞の記録

私の映画感想文と、映画に関する文章などです。


5-335  危険なプロット

  1. 2014/05/10(土) 23:00:00_
  2. フランソワ・オゾン
  3. _ comment:0
DANS LA MAISON  (危険なプロット)  2012年・フランス



危険なプロット




 
.


2014年5月10日(土)  レンタルDVD

監督 フランソワ・オゾン
主演 ・・・私的には、エルンスト・ウンハウアー(クロード 役)



感想の前に

この映画は、映画館で見たかったのですが、上映時間が合わず、
泣く泣く諦めて他の映画を見た・・・私にとっては そういう作品でした。
やっと準新作になったので、借りて見ました☆



感想

・・・う~ん、私は男子高校生や中年男性の気持ちがよく分からないので
元々分かりにくい (かもしれない) この作品に、2重にも3重にも、何かが巻きついている
そんな感じで、ほどきにくい作品だとは思いましたが、
見ている最中はドキドキして楽しかったし、良い作品だと思いました♪

サスペンス的なのでネタバレしないように書くのは難しいかもしれませんが・・・

元々が、誰かが、誰かを気に入って、そこからのスタート、
その切っ掛けが、止められることなく進み、
途中からは、してはならないこと、想像してはならない事も平気になり、
どこまでが 「実際に起きた出来事」 で、
どこからが 「フィクションとして想像した産物」 なのかが、
終盤わけが分からなくなり、
突然のラストシーン・・・

でもなかなかお洒落なラストだったのではないでしょうか?
あの窓の中の1つずつの物語り・・・

まぁなかなか承服しにくいのが
実際24時間しかないのだから、家でああいうことして、学校で成績が良くて、
それに+αして・・・というのは、結構無理かな?と
でも、だからこそ、家でのああいうことだけの生活はなかなか耐えられないと思うし

本当にお母さんを恋しく思うから中年女性に惹かれる(ふり)
というのは、全くの嘘のように思いました☆

・・・つらつら考えると、
映画作品としてはこれで良いように思います。


ある国が、それにしても、いっぱい出てきましたね~!
日本も頑張りましょうね!
トリュフォーさんの頃には日本だったのにね・・・
オゾン監督、その国よりも日本を宜しく~!!!

原題の意味を知り、それもそうだと思いながらも、
邦題はこの方が良かったのではないでしょうか?
私にとっては良い105分でした☆




<<5-336  ブルジョワジーの秘かな愉しみ / 5-337  影の中の散歩 | BLOG TOP | 5-334  ロビン・フッド  (2010年版)>>

comment

 
 管理者にだけ表示を許可する
 


このブログ内の検索フォームです

私のプロフィールです 

miri

Author:miri
古今東西、色々な映画が好きです♪
一番好きなのは、1930~50年代のフランス映画です。

ブログを続けることで目指しているのは
take it easy です☆

ネタばれについての、お知らせです。

感想文の中で映画の内容について深く触れている場合は、必ず大きな色文字でお知らせしています。 また、感想文の途中の一部分のみのネタばれの場合は、白抜きの隠し文字(反転で読めます)にしてあります。 ただ、申し訳ありませんがその白隠し文字は携帯(スマホ)では見えてしまいます(ペコリ)。 最後に、2008年以前の文章については、配慮はしてありません(ペコリ)。

カテゴリです❀

1975年からの記録(記事追加中です)

« 2017 10  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -