FC2ブログ

映画鑑賞の記録

私の映画感想文と、映画に関する文章などです。


(1-253)  あゝ野麦峠  (2回目)

  1. 2014/06/02(月) 22:30:00_
  2. 山本薩夫
  3. _ comment:2
再見  あゝ野麦峠  1979年・日本



あゝ野麦峠




 
.


2014年6月2日(月)  セルDVD
初見時感想は → こちらです

監督 山本薩夫
主演 大竹しのぶ

感想
いや~全く凄い映画でした☆

VHS化されず、今年初めてDVDになって、
封切り公開を見てから・・・35年かぁ~!!!

やはり母の実家が飛騨にあるので、地名も懐かしく、
野麦峠には行ったことないけど、
昨年末のお葬式の時も、新幹線を名古屋で乗り換えて、
「ワイドビューひだ」 に乗って行くと、少しずつ近づく飛騨川沿いのまちたち、
そして飛騨高山が見えそうになると泣けるような気がするから、
みねの気持ちの100万分の1か1000万分の1、
分からないでもない・・・かも???

そう、一番驚いたのは、ラストシーン、誤解していた事、
「飛騨が見える!」と、みねの顔のアップでエンドマークと思い込んでいたのに!!!
その後の顛末があったことで、この物語がより深く
印象に残る、良いものになったと思います。 (多分原作通りだと思います)

その他は、筋書きや一人ひとりの運命や、お助け小屋の婆さんはじめ
俳優さん達の事・・・全部が本当に胸に差し迫ってきました。

最初と最後の、鹿鳴館のダンス・・・あの美しい色とりどりのドレス、
交互にカットで映る、彼女たちの作った美しい絹糸で作られたドレス・・・
ドレスそのものも、昨今の洋画で見るようなきらびやかなモノではなく
明治時代の日本人の着そうな、素晴らしいけど少しおとなしい感じもする、
そんなドレスたち・・・

裾のひるがえる美しいドレスを着る女性たちと、
その糸を作る彼女たち・・・
同じ人間なのにね、
同じ時代に同じ国で生まれ育った、同じ「オンナ」なのにね・・・


良い作品でした。
見るのに覚悟がいって、入手後2ヶ月ほど置いておきましたが
良い機会でした、感謝です☆




<<5-361  男はつらいよ  花も嵐も寅次郎  | BLOG TOP | 5-360  欲望のあいまいな対象 >>

comment

  1. 2014/06/12(木) 18:21:41 |
  2. URL |
  3. かえるママ21
  4. [ 編集 ]
miriさん、こんにちは。


>やはり母の実家が飛騨にあるので、地名も懐かしく、

はい。
お母様のご実家が飛騨高山とおっしゃっていらしたの、覚えてます。


この映画、DVDになったんですね。
本当にこの映画を見るのは、覚悟が要りますね。
あまりにも悲しすぎる。
貧しいってことはあまりにも悲しいと痛感した映画です。
時代もあり、戦争という運命も悲しい。
結核も死の病だったことも。
自分ではどうにも出来ない運命に翻弄された女性のあまりにも短い一生ですね。
その後テレビでも何度か放送されてたかと記憶してます。
でも、また見たい映画だともずっと思ってました。
miriさんの感想でまた歴史認識を深めるためにも、更に新しい発見もありそうなので、本当に見てみたいです。
素敵なレビューありがとうございました。

かえるママ21さん、こんばんは☆

  1. 2014/06/12(木) 19:11:53 |
  2. URL |
  3. miri
  4. [ 編集 ]
いつもお忙しいところ、コメントを書いて下さり、有難うございます☆

> はい。
> お母様のご実家が飛騨高山とおっしゃっていらしたの、覚えてます。

お話ししてから2年も経つなんてビックリですね~!

> この映画、DVDになったんですね。
> 本当にこの映画を見るのは、覚悟が要りますね。
> あまりにも悲しすぎる。
> 貧しいってことはあまりにも悲しいと痛感した映画です。
> 時代もあり、戦争という運命も悲しい。
> 結核も死の病だったことも。
> 自分ではどうにも出来ない運命に翻弄された女性のあまりにも短い一生ですね。

ハイ、仰る通りです。
ただ、原作には映画にはない「工女の良い点・百円工女が豪華だった事」なども
書いてあるそうです。

みねさんは(大竹しのぶ)実在の人物を再現したらしいですが、
本当に好かれる良い子だったようですね~。

みねさんは結核ではなく腹膜炎だったそうです・・・
今なら抗生剤の入院ですぐに治るでしょうにね・・・。

> その後テレビでも何度か放送されてたかと記憶してます。

多分、オンエアはなかったのではないでしょうか?
調べたけどよく分かりませんでした。

こちらではないでしょうか???
(もし映画のオンエアがあったら、本当にごめんなさい!)

テレビドラマ 「あゝ野麦峠」
1980年4月1日~5月27日、TBS系列で放送
脚本:佐々木守、石井君子、古田求
演出:森川時久
主題歌:小椋佳「想い出して下さい」
主な出演者:森下愛子、永島敏行、西崎みどり

> でも、また見たい映画だともずっと思ってました。
> miriさんの感想でまた歴史認識を深めるためにも、更に新しい発見もありそうなので、本当に見てみたいです。
> 素敵なレビューありがとうございました。

有難うございます。
お恥ずかしいですが、かえるママさんがそう仰って下さり、記事にして良かったです!

では、ママさん、お忙しい日々、体調にはくれぐれもお気を付け下さいね☆
エアコン、買ったら、是非アップして下さいね~!!!


.
 
 管理者にだけ表示を許可する
 


このブログ内の検索フォームです

私のプロフィールです 

miri

Author:miri
古今東西、色々な映画が好きです♪
一番好きなのは、1930~50年代のフランス映画です。

カテゴリです❀

1975年からの記録(記事追加中です)

ネタばれについての、お知らせです。

感想文の中で映画の内容について深く触れている場合は、必ず大きな色文字でお知らせしています。 また、感想文の途中の一部分のみのネタばれの場合は、白抜きの隠し文字(反転で読めます)にしてあります。 ただ、申し訳ありませんがその白隠し文字は携帯(スマホ)では見えてしまいます(ペコリ)。 最後に、2008年以前の文章については、配慮はしてありません(ペコリ)。

« 2019 08  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31