FC2ブログ

映画鑑賞の記録

私の映画感想文と、映画に関する文章などです。


わりと新しい映画2本の感想  ☆ アルゴ ☆ ☆ 舟を編む ☆

  1. 2014/04/21(月) 23:00:00_
  2. 複数作品 (外国人監督と日本人監督・混合)
  3. _ comment:6
5-308  ARGO  (アルゴ)  2012年・アメリカ


5-310  舟を編む  2013年・日本



アルゴ舟を編む




 
.


☆ ARGO (アルゴ) 2012年・アメリカ ☆

4月19日(土)  レンタルDVD
監督・主演 ベン・アフレック

感想
私が二十歳前後の頃に現実にあった、イランのアメリカ大使館占拠事件、
その後ペルーとか色々とあったけど、いつもあんまり自分に直接は関係ないから、
ニュースで見ることだけ知り、後日ドキュメント番組などを見ましたが、
まぁその程度の認識でした。

この映画はとっても良かったです。

事実を基にして映画を作るときに、娯楽要素を入れてはいけないとかいうヒトもいますが、
事実を基にして、って言ったって、現実のそのままを再現するなんて
絶対に出来ないんだし、それは当事者が知っていれば良いこと、
「映画」にして、お金をもらって公開する時に
許されない改竄ではない、特に「誇張」は私は許されると思っています。
それが映画の出来につながるのなら、余計に。

ベン・アフレックは凄いですね!
この映画の中で、ものすごくドキドキしたシーンのいくつかは、
全くの誇張と、1つは事実ではないこと、だったそうですが、
それを入れた方が、本当に良くなったと思えるので、私的にはOKです。
(「アメリカン・ハッスル」の、主人公の奥さんの顛末なども、これにあたります)

俳優陣は、監督兼主演で自分ばっかり感も強かったけど、
ハリウッドのあの二人はビッグネームだし、良かったです♪
その他の人は、かえって(あまり)知らない方がこの映画の場合良かったし、
切迫感・・・が強かったです。

最後に、こういう事は、両方の立場から見られない以上、どうこう言ってはいけないと思いますが
ひとつだけ、シュレッダーされた紙くずを、年端もいかない子供たちに復元させたのは

あれだけは、事実であろうと、フィクションであろうと、
胸が詰まり、とても悲しかったです。
 

(一番好きなラストシーンの1枚の絵コンテとの対比を想います・・・)

他は、本当に面白い映画でした☆ 



*********************************



☆ 舟を編む 2013年・日本 ☆

4月21日(月)  日本映画専門チャンネル
監督 石井裕也
主演 松田龍平 

感想
う~ん、途中までは良かったのですが、後半、特に最終盤が、
私の中では全くダメな映画になってしまったので、
平均すると平凡作という事になりました。

監督さんが若いわりに評価高いようですが、
この物語のどこにも「いわゆる子供」を含んだ、そう言う意味での
平凡な生活の描写がなかったのは、最近知った他の邦画の監督さん(内田けんじ)
と、ほぼ同じ感覚で、自分の実生活にそれがあろうがなかろうが
それを演出できないとなると、私的には、全くのダメ作家という感じです・笑。
(他の作品を知らないので、決めつけられないけど、この作品では、です)

序盤の出だしや、主人公の描写等、良かったですね。
俳優は好きではないのだけど、まぁ仕方ないというか・・・。

渡辺美佐子は、いつまでも本当にうまい役者さんです♪
小林薫とか好きなオダジョ-が出ていて、良かったし、
(10年前なら、オダジョーが主人公でしたね・笑)

全般的に良くなかったのが、宮崎あおいで、もうこの女優は
10代後半で終わった感が強く、いくら演技がうまくても、
27歳~41歳を演じているようにはとても見えないし、
あのキャラにあう女優は他にもいるように思いました。

後半良かったのが、黒木華、
意識して見たのは初めてだったけど

(知らないうちにいくつか見ていました・笑)
本当にうまいですよね・・・宮崎と選手交代みたいな感じでした。

加藤剛さん演ずる先生ですが、奥さん役の八千草さんとともに素晴らしかったです。
年齢の高い人から(しかも病気なら)順番に・・というのは
そんなに悲しんではいけない事だと思っているので・・・

まぁ期待したわりに、前半良かったわりに、
後半の失速と、終わった後の残念感の強い作品でした。





<<(1-261)  友情  (2回目) | BLOG TOP | 5-309  アレキサンダー>>

comment

  1. 2014/04/23(水) 21:53:06 |
  2. URL |
  3. take51
  4. [ 編集 ]
こんばんは!!
アルゴ、見られたんですね!!(^^♪

早くも内容がうる覚えですが、とっても面白かった
印象は強く残ってます!!自分の書いた過去記事を見ると
監督がどう良かったか?文章に出来てませんが、とにかく
好印象だったようです(笑)

緊迫感が凄かったですね!!(^.^)

>ひとつだけ、シュレッダーされた紙くずを、年端もいかない子供たちに復元させたのは

このシーンは嫌でしたね、、、自分の子供がやらされてるところを
想像すると寒気がします(汗)

他の映画でもありましたが(失念・・)、子供がこういう事を
やらされるのは本当に悍ましいですね。。お隣のキタとかやってそうで
本当に怖いです。

また近いうちに再見したい映画です!(^^♪

take51さん、おはようございます☆

  1. 2014/04/24(木) 08:40:31 |
  2. URL |
  3. miri
  4. [ 編集 ]
コメントを有難うございます☆

> アルゴ、見られたんですね!!(^^♪

ハイ、見ました☆

> 早くも内容がうる覚えですが、とっても面白かった
> 印象は強く残ってます!!自分の書いた過去記事を見ると
> 監督がどう良かったか?文章に出来てませんが、とにかく
> 好印象だったようです(笑)

take51さんの世代ですと、あの事件は小学生のころだったでしょうか?
その当時にあまりご興味なかったと思うので、
だんだん印象が薄くなっても仕方ないように思います。
でも、好印象で残っていて、嬉しいです!

> 緊迫感が凄かったですね!!(^.^)

ハイ、あれこれ、本当に怖かったです。
誇張や嘘が多かったようですが、まぁ良いと思えました。

> >ひとつだけ、シュレッダーされた紙くずを、年端もいかない子供たちに復元させたのは
> このシーンは嫌でしたね、、、自分の子供がやらされてるところを
> 想像すると寒気がします(汗)

でも、あの国で生まれ育てば、それをすることも、させることも
正しいこと、となるのではないでしょうか?
私たちは、自由に考えられる日本人で、本当に幸いですよね~!

> 他の映画でもありましたが(失念・・)、子供がこういう事を
> やらされるのは本当に悍ましいですね。。お隣のキタとかやってそうで
> 本当に怖いです。

その国だけではないように思いますが、
本当に年端のいかない子供には、させないで欲しいですね~。

> また近いうちに再見したい映画です!(^^♪

もし再見されたら、是非、お話いたしましょうね~☆
take51さんの記事には、後ほどお邪魔させて頂きますね~!
今日も良い日でありますように~!!!


.

  1. 2014/10/31(金) 10:34:49 |
  2. URL |
  3. 宵乃
  4. [ 編集 ]
やっと「舟を編む」観ました~。
後半はかなり眠くなってしまって、前半の期待値が高かったのもあってガッカリしてしまったり。
ヒロインの年齢、終盤は41歳だったのか…見えない(笑)
前半は笑えたし、辞書をつくるにあたっての心構えとか興味深く見られたものの、あの主人公の苦労とかがあまり伝わってこなくて、それが後半の退屈に繋がってしまったのかなぁと思いました。
個人的には、あの情熱的な編集長?がバリバリ活躍してた時代を見てみたかったです。

>この物語のどこにも「いわゆる子供」を含んだ、そう言う意味での平凡な生活の描写がなかった

たしかに、結婚は描いて子供は描かないというのは変な感じですよね。結婚生活もほとんど描けてなかったし…。
あまり映像化向きの作品ではなかったかも。

宵乃さん、こんにちは☆

  1. 2014/10/31(金) 14:57:26 |
  2. URL |
  3. miri
  4. [ 編集 ]
コメントを有難うございます☆

> 後半はかなり眠くなってしまって、前半の期待値が高かったのもあってガッカリしてしまったり。
> ヒロインの年齢、終盤は41歳だったのか…見えない(笑)
> 前半は笑えたし、辞書をつくるにあたっての心構えとか興味深く見られたものの、あの主人公の苦労とかがあまり伝わってこなくて、それが後半の退屈に繋がってしまったのかなぁと思いました。

仰る通りですネ~!

> 個人的には、あの情熱的な編集長?がバリバリ活躍してた時代を見てみたかったです。

そう言われてみればそうかも?
しかしそうなると膨大な時間が(笑)。

> たしかに、結婚は描いて子供は描かないというのは変な感じですよね。結婚生活もほとんど描けてなかったし…。

そうですね、仕事だけなら、もうちょっと違う角度で切っても良かったかも?です。

> あまり映像化向きの作品ではなかったかも。

かなり評判が良かったので・・・
あまり評価されていなかったら「そこそこな作品」だったかもしれませんが、
色々と賞をもらったりしているので、そんな馬鹿な?系になってしまいましたね(笑)。


.

アルゴ観ました!

  1. 2016/04/05(火) 16:52:11 |
  2. URL |
  3. 宵乃
  4. [ 編集 ]
私が生まれる前に起こった出来事で、こうやって映画を楽しみながら知ることができて嬉しいです。
ホント、脚色が上手な作品でしたよね~。これを観た人は大満足だろうし、後から事実を調べたくなるような良い作品だと思います。
ベン・アフレックといえば「グッド・ウィル・ハンティング」でしたが、これからはこの作品も思い浮かぶはず!

>シュレッダーされた紙くずを、年端もいかない子供たちに復元させたのは~胸が詰まり、とても悲しかったです。

そうですね~、子供を使うなんてえげつないです。でも、それをやっていればごはんがもらえて、殺されることも武器を持たされることもないなら…とも思ったり。だからといって許されることじゃないですが。

私も息子の部屋に絵が飾ってあるラストシーンが大好きです♪

Re: アルゴ観ました!

  1. 2016/04/05(火) 19:05:55 |
  2. URL |
  3. miri
  4. [ 編集 ]
宵乃さん、こんばんは☆
コメントを有難うございます☆

> 私が生まれる前に起こった出来事で、こうやって映画を楽しみながら知ることができて嬉しいです。
> ホント、脚色が上手な作品でしたよね~。これを観た人は大満足だろうし、後から事実を調べたくなるような良い作品だと思います。

仰るとおりですネ~。
映画らしくしてあっても、大事なところをキチンとふまえた作品でした。

また、当時の事を知っている人間でも、普通の日本人には詳しい事は
全く伝わらなかったので、宵乃さんと同じような目線で見られたと思います☆

> ベン・アフレックといえば「グッド・ウィル・ハンティング」でしたが、これからはこの作品も思い浮かぶはず!

そうですね~!
若い時と、ちょっと中年になってからと、代表作がいくつもあって
素晴らしいですネ♪

> そうですね~、子供を使うなんてえげつないです。でも、それをやっていればごはんがもらえて、殺されることも武器を持たされることもないなら…とも思ったり。だからといって許されることじゃないですが。

仰る通りだと思います。
この映画というか、この件(イランでの政治情勢の変化、ホメイニ師の台頭)では、
子供たちまでに銃を取らせた事はなかったと思いますので、
昨今のアフリカ諸国・シリア/アフガニスタン関係の件とはちょっと違うと思えますね~。

> 私も息子の部屋に絵が飾ってあるラストシーンが大好きです♪

映画的には、アメリカで愛されて普通に育つ子供と、
イランであぁいう事をさせられる子供との対比が、
とても胸を打つ形で表現されていたのは良かったですネ!


.
 
 管理者にだけ表示を許可する
 


このブログ内の検索フォームです

私のプロフィールです 

miri

Author:miri
古今東西、色々な映画が好きです♪
一番好きなのは、1930~50年代のフランス映画です。

カテゴリです❀

1975年からの記録(記事追加中です)

ネタばれについての、お知らせです。

感想文の中で映画の内容について深く触れている場合は、必ず大きな色文字でお知らせしています。 また、感想文の途中の一部分のみのネタばれの場合は、白抜きの隠し文字(反転で読めます)にしてあります。 ただ、申し訳ありませんがその白隠し文字は携帯(スマホ)では見えてしまいます(ペコリ)。 最後に、2008年以前の文章については、配慮はしてありません(ペコリ)。

« 2019 08  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31