FC2ブログ

映画鑑賞の記録

私の映画感想文と、映画に関する文章などです。


5-1370  64  ロクヨン  前編

  1. 2018/01/03(水) 23:00:00_
  2. その他の日本人監督作品
  3. _ comment:0
64  ロクヨン  前編  2016年・日本



64  前編




 
.


2018年1月3日(水)  チャンネルネコ

原作  横山秀夫
監督  瀬々敬久
主演  佐藤浩市

感想
一昨年大騒ぎしていた作品なので、見たかったです。
オンエアに感謝。

タイトルの64は、昭和64年のことで
その数日間に起きた誘拐殺人事件の通称でもあります。

見た感じでは、この原作者のテレビドラマとそう変わりなかったです。
よくある、警察内部の対立とか
警察とマスコミの対立の他に
地方対中央があって、それは警察だけではなく、マスコミの内部にも」ありました。

永瀬君は本当に不幸顔が似合うけど
髪の毛の件で何かを感じてしまった・・・違うといいけど・・・。

それよりなにより、この映画は、中身が終わって、エンドロールの始まる前に
「後編」の予告編が入るんですよ~!
信じられない!

映画館でもそうだったのかなあ???
怒るよね???
他のオンエアでもそうだったらしいです。

いろいろとチョイ役や重要な役に、いつも見たような人ばっかりで辟易。
個人的には奥田を見たのが久し振りで、あ、生きていたんだと(笑)。

主演の佐藤演ずる三上の家庭の件は
余分だったような、そうでもないような、まぁとりあえず後編を見たい気持ちにはなりました。



今年から、ロッカリアさんのお知恵を拝借して、映画の結末を書きます。
白文字反転で読めます。
(携帯・スマホでは、白文字にならず読めますので、お気を付けください)

「64  ロクヨン  前編」の結末 (予告編の前のシーン)

警察庁長官が来る予定の前の日に、
犯人の名乗った名前さとう、2000万円、
特定のデパートで売っている一番大きいスーツケース
という3つのキーワードから
64の事件を真似たか?と思うような誘拐事件が発生、
狂言か?

捜査本部がいつもと違う場所に設置され、三上が行くが
相手にされないに等しい、被害者の名前も知らされず、
マスコミと報道協定を結んで来いと言われる。

さて、どうなる?




<<5-1371  64  ロクヨン  後編 | BLOG TOP | 5-1369  皆殺しの天使>>

comment

 
 管理者にだけ表示を許可する
 


このブログ内の検索フォームです

私のプロフィールです 

miri

Author:miri
古今東西、色々な映画が好きです♪
一番好きなのは、1930~50年代のフランス映画です。

カテゴリです❀

1975年からの記録(記事追加中です)

ネタばれについての、お知らせです。

感想文の中で映画の内容について深く触れている場合は、必ず大きな色文字でお知らせしています。 また、感想文の途中の一部分のみのネタばれの場合は、白抜きの隠し文字(反転で読めます)にしてあります。 ただ、申し訳ありませんがその白隠し文字は携帯(スマホ)では見えてしまいます(ペコリ)。 最後に、2008年以前の文章については、配慮はしてありません(ペコリ)。

« 2019 08  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31