FC2ブログ

映画鑑賞の記録

私の映画感想文と、映画に関する文章などです。


5-1820  空海ーKU-KAIー 美しき王妃の謎

  1. 2019/12/09(月) 23:00:00_
  2. チェン・カイコー
  3. _ comment:0
空海ーKU-KAIー 美しき王妃の謎  2018年・日本 / 中国



空海





 
.


2019年12月9日(月)  日本映画専門チャンネル

監督  チェン・カイコー
主演  染谷将太

感想
これはもう我慢して見て、やっと最後らへんで見て良かったまではいかないけど
見て損しなかったというか、納得できた感じで、そういう映画。

予告編見たけど、全然違うし、阿部寛ってちょい役でしかも
悪いまでは行かなくてもイメージ断然ダウン、

イメージダウンと言えば、空海も、こんなやつか?とか
結局、日本人二人を貶めるための作品のようにも思えるし?

主人公はあの黒猫でしょう???
いい加減にしてほしいわ(笑)。

しかし、真実を解き明かしたのが、よその国から来た空海で
そういう設定にしたのが、中国でのこの映画のギリギリ許せるあれだったのかなあ?

とにかく、見てみんさい(飛騨弁)、ある意味面白いし
ある意味ムカつくし、
ファンタジーというか何というか???
中盤のあのきらびやかなシークエンスは、ちょっとくどかった(笑)。

愛は、本当の愛はそうではないと思うけど
復讐の映画が多いのは、人間がそういう風にできているからだろうね?

楊貴妃というほどの女優ではなかったなあ(笑)。
染谷将太も、どう見ても空海ではなかった(笑)。

ラッドウィンプスの主題歌は聞き苦しいし、日本語で歌えよと思った。





この映画の結末

黒猫に身を宿していた人は鶴になって昇天した。
もう一人の人は、貴妃の横に黒猫の抜け殻を置いた。

空海は相棒と別れ、帰国する前にもう一度あの寺へ。




<<私の好きな映画  2010年代の作品ベスト10 | BLOG TOP | 主任警部モース  3:死者たちの礼拝>>

comment

 
 管理者にだけ表示を許可する
 


このブログ内の検索フォームです

私のプロフィールです 

miri

Author:miri
古今東西、色々な映画が好きです♪
一番好きなのは、1930~50年代のフランス映画です。

カテゴリです❀

1975年からの記録(記事追加中です)

ネタばれについての、お知らせです。

感想文の中で映画の内容について深く触れている場合は、必ず大きな色文字でお知らせしています。 また、感想文の途中の一部分のみのネタばれの場合は、白抜きの隠し文字(反転で読めます)にしてあります。 ただ、申し訳ありませんがその白隠し文字は携帯(スマホ)では見えてしまいます(ペコリ)。 最後に、2008年以前の文章については、配慮はしてありません(ペコリ)。

« 2020 06  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -