FC2ブログ

映画鑑賞の記録

私の映画感想文と、映画に関する文章などです。


5-1372  マイ・インターン

  1. 2018/01/04(木) 23:00:00_
  2. ナンシー・マイヤーズ
  3. _ comment:2
THE INTERN  (マイインターン)  2015年・アメリカ



マイインターン




 
.


2018年1月4日(木)  ムービープラス

監督  ナンシー・マイヤーズ
主演  ロバート・デ・ニーロ  アン・ハサウエイ

感想
今まで見たこの監督の作品の中で一番ダメだと思いました。
良い話、それだけでしょう。
いったいぜんたい、どういう映画?



以下、内容に触れていますので、お気を付けください。



一番ムカついたのは、最終盤のジュールスの夫の態度です。
あれは表面だけでしょう、きっと繰り返す。


それに、その相手の人間を一切出さないのは、
ズルいというか間抜けというか
人間の心を持ったやり方とは、とても思えない。


デ・ニーロさんって、いつからかこういう役柄が増えて、
ウザいというか・・・

やもめであんなに綺麗に暮らして、奥さんの写真一枚も飾っていない
私には絵空事としか思えなかった。

それに、本当にこういう人物なら、
この会社の前に、引く手あまたの再就職、どこにでも就けたと思いますよ?
あの場所に勤めたかったという話なら、余計に不遜さを感じ、白ける。

ジュールスの家庭も絵に描いたような感じで・・・
あの子は可哀想な育ち方にしかならないような気がします。

父親が悪いことを繰り返すから、母親が仕事の方が大事だから、
それをあの子自身が、いつか自分で分かる日が来るから。

それ以上に、ジュールスの母親に対する態度が、ものすごく頭にくる。
自分も人の母親なのに、よくもあんな態度で・・・
そう、最初はだから、独身だと思い込んでいて、家族がいて仰天したんですよ!
(この母親も出してないしね・・・目くらましばっかり!)

多分、この映画は、お幸せで真っ直ぐな考えを持つ人には良い作品以上に
素晴らしい作品ということになると思いますが、


私のような疑り深い性格の悪い人間には
ただのファンタジーにしか見えませんでした。


まぁ見ている最中は面白かったし、どうなる?どうなる?って感じはありました。
主演2人以外の、周りの人々の描写は良かったです☆



今年から、ロッカリアさんのお知恵を拝借して、映画の結末を書きます。
白文字反転で読めます。
(携帯・スマホでは、白文字にならず読めますので、お気を付けください)

「マイ・インターン」の結末

浮気夫が改心し許しを請う。
会社に外部からCEOを呼ぶのもやめて、自力で頑張る決意をする。

デ・ニーロさんの方もマッサージの女性とイイ感じ。

何もかも良かったね、のバカ映画。
ラストシーンは、あまりの予定調和に唖然として、忘れました。










<<5-1373  エージェント・ウルトラ | BLOG TOP | 5-1371  64  ロクヨン  後編>>

comment

コメントありがとうございました

  1. 2018/09/26(水) 17:08:11 |
  2. URL |
  3. 宵乃
  4. [ 編集 ]
私も意志の弱そうな旦那さんの浮気を許す流れと、お母さんとの関係を放置してたのは気に入りませんでした。独身だと思ってたのも同じです!(笑)

夫婦の危機を描くなら、浮気よりも働き方について奥さんと徹底抗戦してくれた方が面白くなりそうです。いっそのこと、会社に保育施設を作って夫婦で様子を見ながら一緒に働けばいいのに。

思い返してみれば、彼女自身はほぼ譲歩してないですね…。異動を撤回したのは彼が必要だとわかったからだし。旦那が仕事を辞めたことに負い目はあっても、自分が家にいられる時間を増やせばいいと思ってる(旦那の仕事復帰を望んでいるようには見えない)。
最近の女性客への媚び方は目に余りますね。

>本当にこういう人物なら、どこにでも就けたと思いますよ?
>あの場所に勤めたかったという話なら、余計に不遜さを感じ、白ける。

ベンが今まで仕事に就いてなかったのは、裕福で働こうと思うきっかけがなかったからだと思いました。そんな彼が、懐かしい場所に惹かれたら不遜ですかね?
きっかけとしては十分だと思ったんですが…。

宵乃さん、こんばんは☆

  1. 2018/09/26(水) 18:48:59 |
  2. URL |
  3. miri
  4. [ 編集 ]
イラスト、いくつも頑張ったんですね☆
すごい!

私が分かるのは「殺したい女」と「アメリカアメリカ」だけですが
どちらもあの場面とわかるし、宵乃さんがそのシーンを
書かれた理由も想像したりしました☆

またゆっくりと頑張ってくださいね♪

> 私も意志の弱そうな旦那さんの浮気を許す流れと、お母さんとの関係を放置してたのは気に入りませんでした。独身だと思ってたのも同じです!(笑)

あ、良かった!

> 夫婦の危機を描くなら、浮気よりも働き方について奥さんと徹底抗戦してくれた方が面白くなりそうです。いっそのこと、会社に保育施設を作って夫婦で様子を見ながら一緒に働けばいいのに。

・・・う~ん、ますます予定調和のような?

> 最近の女性客への媚び方は目に余りますね。

そうなんですよ、そこそこ、それですよね!
映画を見に行ったりソフトを買うお金を出すのが女性の方が
多いからでしょうか?
アメリカも日本も同じかな???

> ベンが今まで仕事に就いてなかったのは、裕福で働こうと思うきっかけがなかったからだと思いました。そんな彼が、懐かしい場所に惹かれたら不遜ですかね?
> きっかけとしては十分だと思ったんですが…。

不遜、というのは言い過ぎでしたね、反省です(ペコリ)。

お金があって働かなかったのは分かるんですが、
何となく「あの場所に行きたい気持ちそのもの」が、私には居心地悪くて・・・。
うまく書けませんが、宵乃さんの書かれたように
純粋に「きっかけ」だけなら良いと思うんですが・・・。

過去の成功体験を大切にするおっさん、が嫌いなのかなあ?
どうも失礼いたしました。


.
 
 管理者にだけ表示を許可する
 


このブログ内の検索フォームです

私のプロフィールです 

miri

Author:miri
古今東西、色々な映画が好きです♪
一番好きなのは、1930~50年代のフランス映画です。

カテゴリです❀

1975年からの記録(記事追加中です)

ネタばれについての、お知らせです。

感想文の中で映画の内容について深く触れている場合は、必ず大きな色文字でお知らせしています。 また、感想文の途中の一部分のみのネタばれの場合は、白抜きの隠し文字(反転で読めます)にしてあります。 ただ、申し訳ありませんがその白隠し文字は携帯(スマホ)では見えてしまいます(ペコリ)。 最後に、2008年以前の文章については、配慮はしてありません(ペコリ)。

« 2019 06  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -