FC2ブログ
  • 2020_03
  • <<
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • >>
  • 2020_05

映画鑑賞の記録

私の映画感想文と、映画に関する文章などです。


5-1816  共犯者  (1999年版)

  1. 2019/12/05(木) 23:00:00_
  2. その他の日本人監督作品 か行
  3. _ comment:0
共犯者  1999年・日本



共犯者




 
.


2019年12月5日(木)  日本映画専門チャンネル

監督  きうちかずひろ
主演  竹中直人  小泉今日子

感想
けっこう良かったよ。
どうせ駄作?的な目線だったので(笑)スミマセン。

どこが良かったかと言うと、結局この映画は
監督さんが小泉今日子大好き・竹中直人大好きという気持ちを
恥ずかしげもなく、前面に出して、
自分なら小泉今日子をこう撮ると言いたげで、
そしてそれがぴったり合っていて、キョン2の魅力満載なのでした。
ヘタは下手なりに、魅力があれば良いという見本のような女優さんですよね(笑)。

竹中直人は、私の知る限り、ただ一人の
宮沢賢治と遠藤周作を演じた人なので、自分的にも結構尊敬しています(笑)。

ただねえ、話の内容とか、銃撃戦とか、なんかもう悲しいくらいに滑稽と言うか
申し訳ないけど内田裕也のせいだと思えるのよね・・・
あの喋り方、何とかならなかったのか?
監督さんがこの人をも好きで、そのまんまやらせたのかもしれないけどね?

まあ、サスペンス劇場のようで、面白くすっと見られてその点は良かったです。
北村一輝とか、あと数名、やはり当時から良かったよね?
その他の俳優さんは知らないけど、自分の役柄を皆さん頑張っていました。
とてもそういう点は好感でした。

作りがいまいちでも、心意気に感謝ですね☆





この映画の結末

結局、カルロスが勝って、あの男を撃ったシーンで終わり。
他の全員死んだ。
その後のことナシ。

ただし、エンドロールでキョン2とチンピラ役の二人の
手持ち花火の楽しいシーンがあって、ホントに良かった。




<<5-1817  殉愛 | BLOG TOP | 5-1815  マンチェスター・バイ・ザ・シー  >>

comment

 
 管理者にだけ表示を許可する
 


このブログ内の検索フォームです

私のプロフィールです 

miri

Author:miri
古今東西、色々な映画が好きです♪
一番好きなのは、1930~50年代のフランス映画です。

カテゴリです❀

1975年からの記録(記事追加中です)

ネタばれについての、お知らせです。

感想文の中で映画の内容について深く触れている場合は、必ず大きな色文字でお知らせしています。 また、感想文の途中の一部分のみのネタばれの場合は、白抜きの隠し文字(反転で読めます)にしてあります。 ただ、申し訳ありませんがその白隠し文字は携帯(スマホ)では見えてしまいます(ペコリ)。 最後に、2008年以前の文章については、配慮はしてありません(ペコリ)。

« 2020 04  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -