FC2ブログ

映画鑑賞の記録

私の映画感想文と、映画に関する文章などです。


196・THE GENTLEMAN TRAMP (放浪紳士・チャーリー)

  1. 1977/12/27(火) 17:00:00_
  2. チャールズ・チャップリン (出演のみ作品含む)
  3. _ comment:0
当日購入したパンフレット ↓

放浪紳士新2


パンフレットの裏の一部 ↓

放浪紳士新3


前売り入場券 ↓

放浪紳士新



映画鑑賞の記録 1
(誤字・脱字・間違った情報等も・そのまま、ノートを転記しただけの記録です)
(その後 ネットで調べたりして 分かった事は、追記してゆきます)

ココから下が転記の内容です。



☆きょうより、日本にきた原題、それが気にいらなかったら、
 日本の題名でかくことにする

【記録映画】 1977年・ENGLAND

1977年12月27日(火) 名宝スカラ座にて (高2)
DIRECTED BY RICHARD PATTERSON
(PRODUCED BY BEAT SCHNEIDER)

CHARES・CHAPLIN

《放浪紳士・チャーリー》デス チャーリーの死のショック
でも、それでも これを見て スッキリ した気がしました




 
.


感想 
CITY LIGHTS のラストがまた 見れたのです
ウッウッ なんとよい なんとよいこと
そして LIMELIGHT の名場面・・・のかずかず
そして 他 1本 1本 すべての映画
それと チャーリーの 私生活を うつして すごく よくわかるの
女性関係も 人々に(大衆) うけいれられ せなかむけられ
それがホントは 平和と愛だけ つらぬきたい チャーリーの心
だったのですよね そして FAMILYでは ただの父だったり
ただの子だったり (ハンナの死とか)
ホントに、人間を大切にしたい それだけなのよね
チャーリー 涙を流しましたよ
まちのひと ライムライトと そしてラスト 2にんで あるいてくとこ
よかったね、ウーナに めぐりあえて ホントに
私は センチメンタルといわれても やっぱ あの2本がすき
ペーソスは ニガテなのです
ウーナは ステキな人だと こころから感じます
このえいがをみて いちばん感じたこと
FAMILYの愛、それが いちばんだ!!



************************



2009年5月:追記

友達のボンちゃんと見に行きました。
前売りを買っていたので、元々見る予定でしたが、
マサカ直前に他界するなんて思ってもいなかったから、
本当にフクザツな心境で・・・。

でも、こ映画を見たら、少しだけ心がスッキリしたようです。
きっと、それは、この映画が
記録映画だったので、作り物ではなかったからしょうね・・・。



************************



http://www.allcinema.net/prog/show_c.php?num_c=21308

製作年国:1976年・アメリカ



2013年5月現在、この映画は再見出来ていません。
この映画こそ、オンエアして多くの人に見てもらうべき、と
私は思います!




↓インポートDVDがありましたが高価です

放浪紳士 DVD画像





<<197・SOMETHING FOR JOEY (ジョーイ) | BLOG TOP | 1977年12月25日>>

comment

 
 管理者にだけ表示を許可する
 


このブログ内の検索フォームです

私のプロフィールです 

miri

Author:miri
古今東西、色々な映画が好きです♪
一番好きなのは、1930~50年代のフランス映画です。

カテゴリです❀

1975年からの記録(記事追加中です)

ネタばれについての、お知らせです。

感想文の中で映画の内容について深く触れている場合は、必ず大きな色文字でお知らせしています。 また、感想文の途中の一部分のみのネタばれの場合は、白抜きの隠し文字(反転で読めます)にしてあります。 ただ、申し訳ありませんがその白隠し文字は携帯(スマホ)では見えてしまいます(ペコリ)。 最後に、2008年以前の文章については、配慮はしてありません(ペコリ)。

« 2019 08  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31