映画鑑賞の記録

私の映画感想文と、映画に関する文章などです。


(2-2067)  裏切りのサーカス  (2回目) 

  1. 2013/11/17(日) 23:00:00_
  2. トーマス・アルフレッドソン
  3. _ comment:3
Tinker Tailor Soldier Spy  (裏切りのサーカス)  2011年・イギリス/フランス



裏切りのサーカス




 
.


2013年11月17日(日)  ザ・シネマ

監督 トーマス・アルフレッドソン
主演 ゲイリー・オールドマン (ジョージ・スマイリー 役)



感想の前に

この映画は、今年3月に、ある方にDVDをお借りして、見せて頂きました。
その時の見方が、ちょっと普通の見方ではなかったので
(詳しくは、この記事の一番下に書きました)

いずれ再見したかったのですが、思いがけなく早くにオンエアがあったので、
飛びついて、見ました☆
今回は、いわゆる「普通に」見ました。



感想 一部ネタバレ気味です(重要事項ではありません・笑)

初見時のこと、というか「見方」以外に「内容」も よくよく覚えていたので
本当に見やすかったです。

どちらかというと、内容を知っているからこそ、
この映画を味わい尽くせたって言う感じで、
自分なりの評価も2重丸から☆に変わりました。
(9段階の3番目から1番上に変わったという意味です)

♪ラ・メール♪は、あれから時々耳の奥から聞こえていたのですが、
やはり最終盤にあぁやって聞こえると感無量。
あのパーティ(クリスマス会?忘年会?あぁいう部署で集まるって、変では?)
あの場所で、パズルのピースが「パチッと」はまった感じで、凄かったです☆

そしてラストシーン、誤解していたような?
やっぱスマイリーさん、ニマッとしている?と思ったら
どうも・・・それはしていないようでした。
真顔チックで終わりました。

初見時に気に入っていた、コニーさんちでのあれこれ、今回も楽しかった。
アンさんてば、ジョージに愛されて、罪な女よね~
まぁ初見時も感じたけど、いわゆる子供がいて、家族でワイワイというような家庭では
ないのだからこそ、夫婦はいつも「男と女」であり得るのかもしれないけど

アンさんてば、マジ、ムカつく~女!
ブダペストで赤ちゃん抱いて巻き添えで殺されたあの女性と
変わってほしかったよ、全く、笑。

やっぱこうして、女性に目が行くのよね~。

モスクワで殺されたあの女も、もうちょっとでうまくいったのだけど、
やっぱ仕方ないけど、悲しく辛く・・・

それに比べて、拷問担当の女性(チョイ役)。
拷問と言っても、ヘッドフォンを当てるだけなんだけど、
新聞読んだりして、マジ人間じゃねーよ・・・。
(もちろんそれをしなければ自分が殺されるんでしょうけど・・・)

男性の方を見ると、ジムさんの事がよくよく分かってすっごく切なかったです。
初見時も分かっていたつもりだったけど、
今回は、ホントに、時系列も自分の中でスッキリとして、
最後に、彼を、彼の眼の下を、撃ったこと、
慕ってくれていた生徒にサヨナラしたこと、
全部が切なくて、きゅんきゅんでした。

彼や他の人については、初見時よりよく分かって良かったという程度ですかね?
いやマジ、他の人々のこと、よく分かったですよ~!!!
レイコンさんがレンコンさんに見えて仕方なかったですよ、相変わらず、笑。

あの泳ぐ場所はやっぱ考えをまとめる場所だと思ったけど
寒そうだから温泉?お風呂?そういう系統の場所かな~???
どう見ても「お水」には見えないけど、「お湯」の湯気もないしな~???

コントロールさんの死に方が、殺されたとなっていたけど
ちょっと分からなかった(自殺系?)
遠くから写していたしね~・・・。

小男カーラ、に逢いたいと思うのは、私だけではないはず・・・

殺されるかもしれないのに、故国に帰っただけの事はあるよね、
あのライター、またまた小道具上手かも?

監督さん、 「ぼくのエリ ~」はちょっと冷静に見られなかったのだけど
作風というか、作品そのものはメッチャに良かったから
(「ぼくのエリ ~」のずっと後に「モールス」を見て余計にそう思ったのですが)

今後も楽しみな、素晴らしい監督さんだと思います☆
原作は知らないので、私なりに楽しみました♪

あ、そうそう、字幕が、貸して頂いたDVDとちょっと違うように思いましたが
今回の方がとても見やすかったです。
やはりオンエアはテレビで見るように作られているのだな~と思いました。



***************************



自分的な「裏切りのサーカス」についての色々ないきさつ

1:私はこの映画について、ある映画を見に行ったときに予告編を見ました。
見たいような気もしたけど、「幸せの教室」の方がもっと見たかったので、
花粉症が治った2012年5月にそっちを見ました。

2:ほどなく、息子が映画を見てきたというので何かと聞いたら
「裏切りのサーカス」とのこと、へーと思い、感想を聞くと
「何にもわからんかった」とのことで、難しい映画なんだな~と思いました。
(息子は一応、バカではありません・笑)

3:それから少しして、あるブログさんでアップされたので、
ネタバレより前だけ読ませてもらったら、難しそうな事書いてあるし、
まぁオンエア待ちで良いか~と思いました。

4:2013年3月に、ある方からこの映画を貸して頂ける事になり、
アドレナリン噴出!!!
色々と聞いていた作品なので、どうやって見ようかな~?と考えました。

5:いろいろと考えた結果、私はこの映画を1回だけ見たいと思いました。
そのために、謎解きを主とせずに、あらすじ等分かった上で、
映画として楽しみたいと思いました。

6:5の理由は、私は映画を見るときに、一番大切にしたい事のうちの1つに
「分かりやすいこと・見て分かること」があるのです。
数年前に「マルホランド・ドライブ」で頭に来て数日間無駄にしたので、
その二の舞はしたくなかったからです。

 (もちろん、一般のミステリーの謎解きは先に知りたいという意味ではありません・笑
  時系列だけのことでもありません
  この映画についての、いろんな噂等で判断したのです)

7:それで色々な人のブログ等を読んで
あらすじ等、よく分かり、謎解きよりも、
大人の見るスパイ映画の素晴らしさを受け止めたいと思い、5に至りました。

8:鑑賞時には、ある人のブログに載っていた相関図と、
別の方のブログの記事をチラチラ見ながら、
「ん?」と思ったときだけ、巻き戻しして(合計3回くらい)
よく分かりながら、見ました。

9:そして良い鑑賞となりましたが、記事はアップしませんでした。
やはりいろんな事知りながら見たのは、後ろめたかったのでしょうね~?(笑)
今だから笑えるのです・笑。

10:・・・今回、思いがけなく早くの再見となり、やっと記事をアップ出来ました☆
初見の感触が良かったので、再見を熱望出来て本当に嬉しかったし、
分かって見る事の素晴らしさも堪能させて頂きました。



初見時感想はこちら  →  裏切りのサーカス(11・英/仏) ・・・ 2-2067





<<5-115  炎の舞 | BLOG TOP | 5-114  青い麦>>

comment

  1. 2013/11/20(水) 21:57:26 |
  2. URL |
  3. take51
  4. [ 編集 ]
こんばんは!

再見されたんですね!印象が良くなったということで良かったです!
と言いながら、miriさんの記事を読みながら人の名前とストーリーを
思い出せず「???」状態となりました。自分の記事も見返しましたが、
記憶が断片的で・・・(^▽^;)

音楽が気に入って買ったサントラCDに、目当ての曲が
入ってなかったことは鮮明に覚えてます(笑)
ラストの曲が入ってないんですよね~
信じられんです(笑)

僕も再見したいと思います!
2回目ともなれば、僕もこの映画の理解度が
高まると思います。自分の記事を見返すと再見を熱望
してたようですし!

>アンさんてば、マジ、ムカつく~女!
>ブダペストで赤ちゃん抱いて巻き添えで殺されたあの女性と
>変わってほしかったよ、全く、笑。

ここは覚えてます、同感です!(笑)

take51さん、こんばんは☆

  1. 2013/11/21(木) 18:42:53 |
  2. URL |
  3. miri
  4. [ 編集 ]
コメントを有難うございます☆

>再見されたんですね!印象が良くなったということで良かったです!

ハイ、良くなったというか、元々良かったのが
スッキリと自分のモノになってくれたから、メッチャ可愛い奴じゃんって感じです(笑)。

>と言いながら、miriさんの記事を読みながら人の名前とストーリーを
>思い出せず「???」状態となりました。自分の記事も見返しましたが、
>記憶が断片的で・・・(^▽^;)

ほほほ・・・
あの時、take51さんは、何も読んだりせずに見られて凄いな~って思っていました。
時間が経ったのでね・・・
どうでしょう?12月の企画の時に「ついでに」再見されたら???

>音楽が気に入って買ったサントラCDに、目当ての曲が
>入ってなかったことは鮮明に覚えてます(笑)
>ラストの曲が入ってないんですよね~
>信じられんです(笑)

多分、権利関係でしょうね~調べずに買われたのですか?
まぁ普通は入っていると思いますよね~涙。。。

>僕も再見したいと思います!
>2回目ともなれば、僕もこの映画の理解度が
>高まると思います。自分の記事を見返すと再見を熱望
>してたようですし!

わーい、楽しみだな~あ☆

>>アンさんてば、マジ、ムカつく~女!
>>ブダペストで赤ちゃん抱いて巻き添えで殺されたあの女性と
>>変わってほしかったよ、全く、笑。
>ここは覚えてます、同感です!(笑)

共感して頂き、有難うございます。
しかし何度見ても、あの女性を殺すことは、不必要な描写だったように思いますが
それだけ恐ろしい時代だった、という意味だと思うけど
何も赤ちゃんを抱いている人を使わなくても良かったんじゃないの~?と、
監督に会えたら、聞いてみたいです(笑)。

***************

「スト―ン」未見で・・・なかなかコメントに行けなくてごめんチャイね。
PCが何とか使えているようで、良かったですね!
では、またね~!!!


.

管理人のみ閲覧できます

  1. 2013/12/01(日) 16:59:33 |
  2. |
  3. [ 編集 ]
このコメントは管理人のみ閲覧できます
 
 管理者にだけ表示を許可する
 


このブログ内の検索フォームです

私のプロフィールです 

miri

Author:miri
古今東西、色々な映画が好きです♪
一番好きなのは、1930~50年代のフランス映画です。

ブログを続けることで目指しているのは
take it easy です☆

ネタばれについての、お知らせです。

感想文の中で映画の内容について深く触れている場合は、必ず大きな色文字でお知らせしています。 また、感想文の途中の一部分のみのネタばれの場合は、白抜きの隠し文字(反転で読めます)にしてあります。 ただ、申し訳ありませんがその白隠し文字は携帯(スマホ)では見えてしまいます(ペコリ)。 最後に、2008年以前の文章については、配慮はしてありません(ペコリ)。

カテゴリです❀

1975年からの記録(記事追加中です)

« 2017 10  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -