FC2ブログ

映画鑑賞の記録

私の映画感想文と、映画に関する文章などです。


5-106  ツリー・オブ・ライフ

  1. 2013/11/12(火) 22:30:00_
  2. テレンス・マリック
  3. _ comment:0
THE TREE OF LIFE  (ツリー・オブ・ライフ)  2011年・アメリカ



ツリー・オブ・ライフ




 
.


2013年11月12日(火)  レンタルDVD

監督 テレンス・マリック
主演 ハンター・マクラケン (少年時代のジャック 役)

感想の前に・・・ (映画の説明になってしまった部分です)

これは好き嫌いの分かれる映画で、とても長いのですが、
最初の11分間が乗り越えられるかどうかが、第一関門ですよね~。
私は5・6分で、もうダメ、コレは見られないと、一度は見るのをやめました。

・・・でも、もったいないし、気を取り直して、最初から見直しました。
全部見た後、調べたら「11分間」それが結構大変な時間だったと思います。

でも、その11分間を乗り越えられても、
何かを考えたり、意味を求めたりしては、その後の30分くらい?は、もたないです。
何も考えず、見えるモノに心を乗せて、漂うように・・・

その後、90分くらい?まぁ普通に近い(サイレント映画にも近い・笑)
映像が続いて、その部分は、一応、普通に近く見られますが、
何もかも正しい順序で、同じ視点からのお話では、ないと思います。

・・・そしてラストの10分弱でしょうか?
そのあたりも、考えずに、感じるままに・・・となります。


******************************


感想です

嫌いだと仰る方のお気持ちも、分からないではないし、
ものすごく高評価なさる方のお気持ちも、分からないではないです。

私も、とても良いとは思うけど、
やはり万人に分かりやすい映画ではないので、それはあんまり良くはないと思います・・・
にしても、素晴らしい映画でした☆

分かりやすくない、と書いたけど、どういう意味で
「分かる」「分からない」というのかな~?と思ったときに、

あ、これは、自分が分かるように分かれば良いのだと思い、
少年ジャックの気持ち・目線で映画を感じるままに感じました。


色々と文句が出るところもあるかもしれないけど、
計算されつくしているように思います。

あの時期、それがジャックを作ったのでしょうし・・・
ジャック目線になる前は、宇宙の始まり、地球の歴史、
(恐竜は必要だったと思います)何故なら、人間がいなかった時期を現わしていたから。

そして自然、大自然の描写、
ところどころに出てくるモチーフ「火」ですかね?
神さまを具現化していたのかも???

お母さんのお洋服が 若いときもずっと暗い色合いで
一番明るくて、落ち着いた みずいろで、
すごく意味があるな~と思いました。

少女の頃のお母さんの目線、神を信じ、神にゆだねて・・・
結婚して、ジャックを授かり、子育て、
弟が生まれ、そのころからジャック目線も入り・・・

お父さんは世俗に生きたとか思うところでしょうけど
私的には、実際の生活の技術を、すごく丁寧に教えていたと思っています。
ただ言葉を知らず、息子ばかりだったから、すぐに手が出てしまい、
そういうところ、本人もイヤだったと思います。

とにかく親子のそういうことって、無いヒトの方が少ないと思うから、
誰にも少しはこころ当たりがあるように思います。

三男君は可愛いね、いつもママにべったり♪

・・・次男の19歳の時の出来ごと
・・・今のジャックはお父さんが望んだような生活をしていて、

でも、あの時、天国の門をくぐったのかな~?と思ったけど、
あの海辺は、天国でもあり、天国でもなく、
睡眠中に逢いたい人に逢っていると言われている場所だと、
私にはそう思えました。

事実関係として、
お母さんが亡くなり(ジャックが50歳くらいの感じだから、70歳以上くらい?)
次男に逢えたお母さんが、ジャックも一緒に逢いましょうと、
そんなことだったように思います。

ジャックは幸せに生きていくのでしょうし、
三男君も、きっと。
お父さんは先に死んでいたのかな?
よく分からないけど、どっちでも良いと思います☆

宇宙そして、大自然と、人間と、いのちと、生きる道しるべと、
大切なことを、鑑賞者次第で、どうとでもとれば良い、そんな作品だと思います☆
あ、それと「音楽」すごく良かったです☆ クラシック・LOVE。


******************************


この監督作品は、結構、高評価されていますが
「天国の日々」は、ヒロインの不美人さ加減が気に入らなくて、そこばっかり気になり、
「ニュー・ワールド」は、良かったけど、すごくではなかったです。

この「ツリー・オブ・ライフ」は、私にはピッタリな映画でした。
一般的にはブラッド・ピットが主演となっているように思いますが、
それは違うと思います。スターさんですので。。。

すべてが現在のジャックの「思い」だから
ショーン・ペンが主演という見方もあると思います。

でも私は・・・少年ジャックが主演だと思うし、その目線が
私なりにこの映画を感じられた一番の理由のように思います♪

この映画はBDを買うかオンエアを録画して、何回か見直してみたいです☆




<<5-107  ダラスの熱い日 | BLOG TOP | 5-105  BU・SU>>

comment

 
 管理者にだけ表示を許可する
 


このブログ内の検索フォームです

私のプロフィールです 

miri

Author:miri
古今東西、色々な映画が好きです♪
一番好きなのは、1930~50年代のフランス映画です。

カテゴリです❀

1975年からの記録(記事追加中です)

ネタばれについての、お知らせです。

感想文の中で映画の内容について深く触れている場合は、必ず大きな色文字でお知らせしています。 また、感想文の途中の一部分のみのネタばれの場合は、白抜きの隠し文字(反転で読めます)にしてあります。 ただ、申し訳ありませんがその白隠し文字は携帯(スマホ)では見えてしまいます(ペコリ)。 最後に、2008年以前の文章については、配慮はしてありません(ペコリ)。

« 2019 10  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -