FC2ブログ

映画鑑賞の記録

私の映画感想文と、映画に関する文章などです。


5-73  男たちの大和 / YAMATO ☆

  1. 2013/10/22(火) 23:00:00_
  2. 佐藤純弥
  3. _ comment:1
男たちの大和/YAMATO  2005年・日本



男たちの大和




 
.


2013年10月22日(火)  チャンネルネコ 

監督 佐藤純彌
主演 私的には、松ケン (若き日の神尾克己 役)

感想
この映画は、佐藤監督が、撮りたくて撮ったように思いました。
「撮っておかねば」的な?


本人に聞いたわけではないからアレですけど、そんな気がしました。


大ざっぱですけど、一応、上の方のヒトも、下の方のヒトも、
銃後の皆さまも、広く浅く、撮り残しのないように・・・
その割りには、トゲトゲと文句を言う部分のない、かなりの秀作だと思いました。
(特に「食事係」が、詳しく描かれていて、大好感☆)

過去(1942~45年)と、現在(2005年)を、
かなり上手に交代させて、退屈にならず、重すぎてつぶれそうにもならず・・・
そういう「作り」も、とっても良かったです☆

俳優陣は皆それぞれ大スター級から、渋い助演専門まで
よくまぁ取り揃えましたね~
(「226」もその点だけは同じでしたが・・・)


やっぱり休暇で帰った時の、
蒼井優のあの笑顔が可愛くて好きです☆


大写しになった彼女が原爆で・・・の部分の描写はちょっと良くなかったけど
まぁあれで精一杯だったんでしょうね~。

・・・中村獅童の役柄の、戦後の生き方は、キレイごとで現実味はないですけど
本人が出ずに、育てられた孤児という、それも、40年も経っての
鈴木京香、というところが、すっごくうまいよね~やり方!!!

ラストの元松ケン(現代の役柄は、仲代達矢大先生)の身体が辛くなって
若い子が船を操縦して帰港する・・・という設定は、非常に良いですね☆

それは、元松ケンの役柄にも、鈴木京香の役柄にも、
そして鑑賞者にも、
希望を見せて、希望を信じて終われるから。。。




ただ。。。今まで一度も思ったことないのですが、
やはり昭和天皇にも戦争の責任があったのではないでしょうか???
「我が国に、戦艦は、もう ないのか?」
そのひと言で(この言葉も、何十回も聞いているけど)
若くて健康で有能な人間が、沢山死んだのだから・・・。

そんなわけで、私的には、佐藤監督がわりと好きなので
これで終わりでも良いと撮ったに違いないこの作品を見られて良かったです。
(その後撮られた「桜田門外ノ変」は、映画館で見ました☆)




<<(1-478)  探偵物語  (2回目) | BLOG TOP | (1-229)  マイ・ソング  (2回目)>>

comment

承認待ちコメント

  1. 2013/11/01(金) 07:50:31 |
  2. |
  3. [ 編集 ]
このコメントは管理者の承認待ちです
 
 管理者にだけ表示を許可する
 


このブログ内の検索フォームです

私のプロフィールです 

miri

Author:miri
古今東西、色々な映画が好きです♪
一番好きなのは、1930~50年代のフランス映画です。

カテゴリです❀

1975年からの記録(記事追加中です)

ネタばれについての、お知らせです。

感想文の中で映画の内容について深く触れている場合は、必ず大きな色文字でお知らせしています。 また、感想文の途中の一部分のみのネタばれの場合は、白抜きの隠し文字(反転で読めます)にしてあります。 ただ、申し訳ありませんがその白隠し文字は携帯(スマホ)では見えてしまいます(ペコリ)。 最後に、2008年以前の文章については、配慮はしてありません(ペコリ)。

« 2019 06  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -