FC2ブログ

映画鑑賞の記録

私の映画感想文と、映画に関する文章などです。


5-1704  ユリシーズ  (1954年版)

  1. 2019/06/26(水) 22:00:00_
  2. その他の外国人監督作品 ま行
  3. _ comment:2

※PC返還前なので、メモ程度です



ULISSE  (ユリシーズ)  1954年・イタリア



ユリシーズ 1954年版




 

.


2019年6月26日(水)  シネフィルWOWOW  

監督  マリオ・カメリーニ
主演  カーク・ダグラス

感想メモ
事実も神話も混ざった世界観は、見応えあり。

美しいイタリア語にうっとり、
カーク・ダグラスの口があってない?(笑)ご愛嬌と許せる。

アンソニー・クインの存在感ハンパねぇ。

息子役可愛い、ペネロペ役の女優素晴らしい!
キルケとの役割分担非常に良い。

死後の世界はイマイチ(笑)。

それにしても、あの可愛いお姫さま可哀想でした。

兄は偉かった!





この映画の結末

求婚者全員を殺すユリシーズ、
息子は無事で、ペネロペは女神に感謝と夫の恐ろしさを訴えている。

二人の再会、抱擁、そして字幕で詩によりユリシーズは今も生きると。





<<5-1705  ビバ!マリア | BLOG TOP | 5-1703  婚約者の友人>>

comment

おはようございます

  1. 2020/02/12(水) 08:11:10 |
  2. URL |
  3. 宵乃
  4. [ 編集 ]
コメントありがとうございました。
アンソニー・クインはホント、存在感ありました。最後にやってきて言い寄ってた男ですよね?
一人二役を見事に演じ分けたペネロペ役の女優さんも素晴らしかったから、バランス取れてましたね。

>それにしても、あの可愛いお姫さま可哀想でした。

まったくです。どちらにも罪はないんだから、最後にいい人が現れても…。そうだユリシーズの息子とか!
あと5年もすれば父親に鍛えられて頼れるいい男になりそうですよね~。

宵乃さん、こんにちは☆

  1. 2020/02/12(水) 16:07:15 |
  2. URL |
  3. miri
  4. [ 編集 ]
コメントを有難うございます☆

> アンソニー・クインはホント、存在感ありました。最後にやってきて言い寄ってた男ですよね?

そうです、そうです、良さげに見えたけど
やっぱりグイグイ言っていましたよね(笑)。

> 一人二役を見事に演じ分けたペネロペ役の女優さんも素晴らしかったから、バランス取れてましたね。

はい、あの女優さんは綺麗だったけど
50年代の「キレイ」だけでなく、ちゃんと演じ分けていらして
素晴らしかったです、バランス良かったです☆

> まったくです。どちらにも罪はないんだから、最後にいい人が現れても…。そうだユリシーズの息子とか!
> あと5年もすれば父親に鍛えられて頼れるいい男になりそうですよね~。

おお。それは、考えたこともなかったけど、目から鱗!
宵乃さん、ナイスです(笑)。

この映画の主演の方が、数日前に訃報のあったカーク・ダグラスさんです。
100歳以上生きられて、特に50~60年代は大活躍で、お疲れさまでしたね~!

ところで、宵乃さんが書かれた古典的なら許せるけど
美しいCGだと許せない性格の描写という意味、
何となくわかるような気がします・・・。

人間自身は変わらなくても、やはり映画の技術の罪とでも言いますか・・・。
オスカーの季節、ちょっと考えさせられました、有難う!


.
 
 管理者にだけ表示を許可する
 


このブログ内の検索フォームです

私のプロフィールです 

miri

Author:miri
古今東西、色々な映画が好きです♪
一番好きなのは、1930~50年代のフランス映画です。

カテゴリです❀

1975年からの記録(記事追加中です)

ネタばれについての、お知らせです。

感想文の中で映画の内容について深く触れている場合は、必ず大きな色文字でお知らせしています。 また、感想文の途中の一部分のみのネタばれの場合は、白抜きの隠し文字(反転で読めます)にしてあります。 ただ、申し訳ありませんがその白隠し文字は携帯(スマホ)では見えてしまいます(ペコリ)。 最後に、2008年以前の文章については、配慮はしてありません(ペコリ)。

« 2020 03  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -