FC2ブログ

映画鑑賞の記録

私の映画感想文と、映画に関する文章などです。


再見した オムニバス 2作品の ミニ感想 ☆

  1. 2013/08/16(金) 22:30:00_
  2. 外国人監督作品が複数ある記事
  3. _ comment:4
お盆期間に、ちょこちょこ見られるので
好きな監督や俳優の「オムニバス」作品の再見をしました。

ちょっと書かせて頂きます☆



七つの大罪の新しいDVDフランス式十戒




 
.


2-848  Les Sept Péchés capitaux  (七つの大罪) 1952年・仏/伊
監督・主演は、下記にあります。
初見時感想 → こちら(第5・7話と全体の感想)です


今回も第5話(美食)・第7話(教会が教えないの罪)の 感想は、
初見時とほとんど変わらなかったので、他の話のミニ感想を書きます。


第1話 貪欲と憤怒
主に3人が主人公なのですが、どのヒトも結局は
自分が大事で欲が深い・・・それがかないそうにないとなるとキレる・・・
いつの時代も変わりませんね!
それでもまぁ、神を信じた人がちょっとはイイ目をするという事でしょうか?
あの夫婦は「おしまい」でしょうね~苦い☆


第2話 怠惰
専務の神様に華を持たせて、美人の怠け者の女神さまを落としていてちょっと・・・。
働き過ぎも、怠け過ぎも、どちらもダメということでしょう、多分☆


第3話 淫欲
この監督作品は見やすいのとそうではないのとの開きが大きくて
この作品は分かりやすさはとっても良かったけど
最後の最後に、少女が母親と男が何をどうしたって
具体的には待った理解していないのだけど、
「私は全部分かったの」と、背中で言っているのが、結構良かった♪
 

第4話 嫉妬
ロッセリーニ監督でして、残酷な作風がそのままで、
猫ちゃんお好きな方には いまいちかも?
誰もが孤独だと思うのですが、せっかく夫婦で居るなら、
お互いをまず、第一に考えて(見て)はいかがでしょうか???


第6話 高慢
この監督作品もいくつか見ているけど、いまひとつなのが多くて
この作品では主演・準主演の二人の女優の存在感に助けられていましたね~。
お金がない辛さ・そこから生じる人間関係の破綻・・・
お金がある人のこころの狭さ・ごめんなさいで済まない事が多いこと、
どちらの人達も、今後の生活が思いやられるな~って思いました。


今回の全体の感想
ちょっとフィルムの良くないところ・飛んでいるところがあって
残念でした。最近にはリマスターしているのかも???
リマスター版があるなら、BS3(特別な有料チャンネルを除けば一番美しいから)で
オンエアしてほしいですね♪



2-566  LE DIABLE  (フランス式十戒) 1962年・フランス
監督・主演は、下記にあります。
初見時感想 → こちらです

感想は初見時とほとんど変りなかったです。
3・4話は、分かっているのに胸が熱くなって・泣けたし、
2・5話も、それなりに良い話だと思ったし、
1・7話も、納得でした。

初見時に凡作と書いた第6話ですが、
これは今回は案外良い話だと思いました☆

全体の流れからしてもその場所にあって良かったように思うし、
脚本がシッカリしていたと思いました。

あと、以前書かなかった「音楽」ですけど、全体的にマジ良かったです♪
特に泣かせる第3話とコミカルスイッチの入る第6話
シリアスモード全開の第2話、そしてあの第5話、
それぞれにピッタリで胸を打ちました。

全体的に60年代初めの巴里の風景が、今と違って広い感じ(人口密度的に)がして
この頃のこの街が「一番見やすかった」のかもしれないな~?とか思いました。



***************************



以下、監督と主な出演者名です。



Les Sept Péchés capitaux (七つの大罪) 1952年・フランス/イタリア

監督 第1話 エドゥアルド・デ・フィリッポ
    第2話 ジャン・ドレヴィル    
    第3話 イヴ・アレグレ
    第4話 ロベルト・ロッセリーニ
    第5話 カルロ=リム
    第6話 クロード・オータン=ララ
    第7話 ジョルジュ・ラコンブ

主演 第1話 パオロ・ストッパ
    第2話 ノエル=ノエル    
    第3話 フランク・ヴィラール
    第4話 オルフェ・タンブリ
    第5話 アンリ・ヴィダル
    第6話 ミシェル・モルガン / フランソワーズ・ロゼー
    第7話 ジェラール・フィリップ(狂言回しなど)



LE DIABLE(フランス式十戒)1962年・フランス

監督 全作品 ジュリアン・デュヴィヴィエ

主演  第1話 ミシェル・シモン
     第2話 フランソワーズ・アルヌール / メル・ファーラー    
     第3話 シャルル・アズナブール
     第4話 フェルナンデル
     第5話 アラン・ドロン
     第6話 ジャン=クロード・ブリアリ
     第7話 ミシェル・シモン




<<(1-339)  キャリー  (2回目) | BLOG TOP | 2-2289  怒りの用心棒  (別タイトル:復讐のダラス)>>

comment

  1. 2013/08/20(火) 10:18:32 |
  2. URL |
  3. 宵乃
  4. [ 編集 ]
こんにちは!
「七つの大罪」を再見されたんですね。
けっこう忘れかけていて、美食と怠惰、嫉妬、高慢だけ覚えてます。高慢のラストのなんともいえない空気が一番印象に残ってるかな~?
嫉妬はにゃんこがね~、ぎゃーん!って感じでした(笑)

ポワロといえば、もはやあのテーマ曲が刷り込まれて切り離せませんね(笑)
「ミステリーナイル」も押されぎみですか?
あれはTVだけでしたっけ。
印象が強すぎるのも問題かも。

宵乃さん、こんにちは☆

  1. 2013/08/20(火) 13:35:32 |
  2. URL |
  3. miri
  4. [ 編集 ]
コメントを有難うございます☆

> 「七つの大罪」を再見されたんですね。

ハイ、忙しい日には15分とか20分の作品の積み重ねを
チラチラ見られるので、オムニバスが最高です☆

> けっこう忘れかけていて、美食と怠惰、嫉妬、高慢だけ覚えてます。高慢のラストのなんともいえない空気が一番印象に残ってるかな~?

そうですね、あの作品は女優二人がとても良かったし、
ラストは本当にいろんな余韻を残しますよね・・・。

> 嫉妬はにゃんこがね~、ぎゃーん!って感じでした(笑)

ですよね~お怒りだと思います(笑)。
でも助かったので、結果オーライで???

> ポワロといえば、もはやあのテーマ曲が刷り込まれて切り離せませんね(笑)

そうなんですよ~それぞれにちゃんとしたテーマ音楽があるのに、
あのNHKのテーマ曲だけが、耳にはしっかりと残っているのですよね~。

> 「ミステリーナイル」も押されぎみですか?
> あれはTVだけでしたっけ。
> 印象が強すぎるのも問題かも。

ハイ、あの ♪ミステリーナイル♪ は、映画の
宣伝用のしかも日本だけの音楽だったそうで、
4年前に知りましたが、
そう言えば映画館でも、オンエアでも聞かなかったな~と思ったけど、
今となってはNHKのが一番強いです!

**************

「カンヌで大迷惑!?」は、録画したのですが・・・
まぁいつか見るかもしれませんので、その時にお話しいたしましょう~!


.

承認待ちコメント

  1. 2013/09/02(月) 15:21:44 |
  2. |
  3. [ 編集 ]
このコメントは管理者の承認待ちです

上記コメントの方へ

  1. 2013/09/02(月) 18:20:07 |
  2. URL |
  3. miri
  4. [ 編集 ]
この映画の記事とは関係ないコメントなので、承認いたしません。
悪しからずお願いします。
 
 管理者にだけ表示を許可する
 


このブログ内の検索フォームです

私のプロフィールです 

miri

Author:miri
古今東西、色々な映画が好きです♪
一番好きなのは、1930~50年代のフランス映画です。

カテゴリです❀

1975年からの記録(記事追加中です)

ネタばれについての、お知らせです。

感想文の中で映画の内容について深く触れている場合は、必ず大きな色文字でお知らせしています。 また、感想文の途中の一部分のみのネタばれの場合は、白抜きの隠し文字(反転で読めます)にしてあります。 ただ、申し訳ありませんがその白隠し文字は携帯(スマホ)では見えてしまいます(ペコリ)。 最後に、2008年以前の文章については、配慮はしてありません(ペコリ)。

« 2019 06  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -