FC2ブログ
  • 2020_11
  • <<
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • >>
  • 2021_01

映画鑑賞の記録

私の映画感想文と、映画に関する文章などです。


2-2273  獣人

  1. 2013/08/02(金) 22:30:00_
  2. ジャン・ルノワール
  3. _ comment:0
LE BETE HUMAINE  (獣人)  1938年・フランス



獣人




 
.


2013年8月2日(金)  セルVHS

監督 ジャン・ルノワール
原作 エミール・ゾラ
主演 ジャン・ギャバン (ジャック・ルッチエ 役)


感想
最初の説明字幕の後に、ゾラ氏が映って♪ 
あの役者さん(「ゾラの生涯」の主演)に よく似ていて・・・
この頃の写真ってキレイなのね☆


*****************************


良い映画でした。  


ラストシーンに結構深く想う事が出来て、その前の衝撃のショットで止めたりせずに
ちゃんとその後始末とか、遺された人(たったひとりと言って良い、友人)の
彼に対する思いの深さが分かったりしたところ、ホントに良かったです☆


・・・こういうギャバンも良いのでは?
自信なさげで、苦しい想いをもっていて、下を見て・・・

私的にギャバンって「殺意の瞬間」と「シシリアン」が印象的で
あんまりこの作品のような役柄では残りそうもないけど
実はこの作品の彼が一番良くなったりして?


監督とは名作の「大いなる幻影」でも良かったけど
あちらは「反戦」というご立派な中身のある作品で、
こちらのような・・・ゾラだし(笑)・・・こういう作品ではね~!

内容的には、普通にやってきたはずの紳士が変わってしまうこと
でもあの奥さんは それまでずっと騙してきたのだから、
今更って感じもしないではないですよね~
キレイだし、男性ならコロッといきそうなあの雰囲気・・・
組み合わせが悪かったのかな?

ギャバンのその病気については、親戚の人が知っているなら
病院に入れてしまっても良かったんだけど、ほとんど出ないからね~
あの従姉妹?の女性、健気で可哀想でした・・・。

クライマックスになるあのシーンだけど、急変する時の目の変化が・・・
やっぱあぁいう目を見るとやっぱこの人、すごい俳優とか思ったりします。

流れ的におかしいところもなかったし、
いつもながら絵になるシーンも多かったし、
象徴的な「モノ」を映すところとかも良かったし、

あ、そうそう、監督本人がカッコ悪い役柄でちょっと出ていて
好感度アップ~♪



・・・全体的に良い作品でした。
フィルムも最初の方の一部分以外はグーでした☆




<<2-2274  さすらいの青春 | BLOG TOP | 2-2272  セラフィーヌの庭>>

comment

 
 管理者にだけ表示を許可する
 


このブログ内の検索フォームです

私のプロフィールです 

miri

Author:miri
古今東西、色々な映画が好きです♪
一番好きなのは、1930~50年代のフランス映画です。

カテゴリです❀

1975年からの記録(記事追加中です)

ネタばれについての、お知らせです。

感想文の中で映画の内容について深く触れている場合は、必ず大きな色文字でお知らせしています。 また、感想文の途中の一部分のみのネタばれの場合は、白抜きの隠し文字(反転で読めます)にしてあります。 ただ、申し訳ありませんがその白隠し文字は携帯(スマホ)では見えてしまいます(ペコリ)。 最後に、2008年以前の文章については、配慮はしてありません(ペコリ)。

« 2020 12  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -