FC2ブログ

映画鑑賞の記録

私の映画感想文と、映画に関する文章などです。


「男はつらいよ」 ゴクミ出演4作品 再見しました☆  (その後、第49作までの感想を追記しました)

  1. 2013/03/27(水) 22:30:00_
  2. 山田洋次
  3. _ comment:1
※この記事にある作品は「寅次郎の青春」以外はすべて、
2017年に新しく記事をアップしました。
でも、この記事そのものには愛着があるので、このままにします。





男はつらいよ 42 ぼくの伯父さん 1989年
男はつらいよ 43 寅次郎の休日 1990年
男はつらいよ 44 寅次郎の告白 1991年
男はつらいよ 45 寅次郎の青春 1992年



↓ 及川泉役 の 後藤久美子 と、車寅次郎役 の 渥美清

寅と泉




 
.


2013年3月 昔オンエアしたのを録画したDVDを見ました。

監督 山田洋次
主演 渥美清 (車寅次郎 役)

感想
これら4作品は、好きで何回か見ていたので、ほぼ内容も覚えていたし、
次のシーンがどうなるのか?分かるところも多かったです。


相変わらず笑って、ちょっとしんみりして、
日本の田舎の風景と、お正月の感じが良かったです☆



ちょっと前に「男はつらいよ」第一作を再見して、
(全然覚えていなかったので、初見同様でした)
寅がこんなやつだったのか?とビックリしたのですが、

これらの作品の頃は、もう後期というか終わりに近いのですが、
寅が主人公というより、満男と泉が主人公に近い作品群ですので、
嫌な感じも少なく、再見して楽しかったし、良かったです。

寅の言う事、あれこれ、ホント、聞き入ってしまいますね~。
常識人間の考えない事を、上手に教えてくれました☆


今回特に思った事は、これら4作品の作られた頃は、
「北の国から 89 帰郷」 と 「北の国から 92 巣立ち」 が
作られたのと同じ時期で、



「諏訪満男」と「黒板純」って、
簡単に言えば正反対の人間なので、

(表面上の事です・・・中身は似ているとこもありますね・・・)
吉岡という俳優は、嫌いだけど、頑張ったんだな~としみじみ思いました。


あと、この映画シリーズで、どうしてこの4作品が好きかを考えたら、
吉岡も嫌いだけど、ゴクミも特に好きではないので、へんだな~?と思い、


よくよく考えたら、
私はこの「及川 泉」というキャラが好きなんだな~と気付きました。



全く同じ境遇ではもちろんないのだけど、
色々な意味でシンパシーを感じる存在なのです。
それが分かっただけでも、この再見にはとても価値があったと思いました。

このシリーズは、あと2作品だけ録画してあるようなので、
いつか見ます。



***************************



2013年3~4月に再見しました。 (ミニ感想です)

男はつらいよ 47 拝啓 車寅次郎様 1994年

泉も出ていないのに何でこれを録画してあるのか分からない。
内容も良くなかった。山田雅人の役柄、リアル感ゼロ、ダメな脚本。



男はつらいよ 48 寅次郎 紅の花 1995年

なんか痛々しくって渥美さんが、もう見ていられない感じだった。
あとはやっぱり他人の結婚式をパーにするのはダメだと思う。
そういうのを寅さんで見たくなかったな、と残念。



***************************



2014年9月に初見しました。 (ミニ感想です)

男はつらいよ 46 寅次郎の縁談 1993年

泉は出ていないけど、まぁ満男編だと思います。
松阪慶子は2度目のヒロインで、いまいちだったな~。
内容は良くなかった。 
満男も寅と同じで女性をその場限りに思う男になってほしくないと強く思った。



男はつらいよ 49 寅次郎ハイビスカスの花 特別篇 1997年

う~ん、想像以上に空しい作品。
こんなの作らなければ良かったのに!
私は吉岡は嫌いだし、元々第25作もたいして良くなかったのでね・・・。
惨め。
寅さんは、天国で、元気で、頑張っているんだよって、そういう作品にすれば良かったのにね、
だからこの監督嫌いなんだよ(笑)。




<<2-2073  クール・ランニング | BLOG TOP | (3-42)  男はつらいよ 寅次郎の告白  (数回目) >>

comment

管理人のみ閲覧できます

  1. 2013/03/31(日) 10:52:24 |
  2. |
  3. [ 編集 ]
このコメントは管理人のみ閲覧できます
 
 管理者にだけ表示を許可する
 


このブログ内の検索フォームです

私のプロフィールです 

miri

Author:miri
古今東西、色々な映画が好きです♪
一番好きなのは、1930~50年代のフランス映画です。

カテゴリです❀

1975年からの記録(記事追加中です)

ネタばれについての、お知らせです。

感想文の中で映画の内容について深く触れている場合は、必ず大きな色文字でお知らせしています。 また、感想文の途中の一部分のみのネタばれの場合は、白抜きの隠し文字(反転で読めます)にしてあります。 ただ、申し訳ありませんがその白隠し文字は携帯(スマホ)では見えてしまいます(ペコリ)。 最後に、2008年以前の文章については、配慮はしてありません(ペコリ)。

« 2019 08  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31