FC2ブログ

映画鑑賞の記録

私の映画感想文と、映画に関する文章などです。


2-2062  フェア・ゲーム

  1. 2013/03/17(日) 23:00:00_
  2. その他の外国人監督作品
  3. _ comment:2
FAIR GAME  (フェア・ゲーム)  2010年・アメリカ



フェア・ゲーム




 
.


2013年3月17日(日)  ムービープラス

監督 ダグ・リーマン
主演 ナオミ・ワッツ (ヴァレリー 役)

感想
とても良かったです。
とても堅くて真面目な作品。
見ていて苦しくなる、事実の映画化。


ナオミ・ワッツさんて今まであんまり良いと思ったことなかったのですが
この作品では、本当に素敵な職業人・家庭人を真摯に演じていらっしゃいました。

ショーン・ペンさんは、アレコレで良かったけど、
この作品でも、ホントにうまくて良かったです☆

で、ナオミさんは美人なのですが、現実の彼女はどうせ不細工だろう?とか
思っていたら、あのエンドロールでビックリ仰天!!!

結構な美人ではありませんか~!!!
まぁ美人でないと、あぁいう仕事はやりにくいのかもね?

でもよく頑張ったよね~この夫婦☆
普通なら離婚するよね?
どっちが悪いとかでなくても、生きにくいから・・・
それがそうならなかったのは、マジ尊敬に値すると思いました♪

政権の中枢部から発表されること、鵜呑みしちゃいけないのよね・・・
ブッシュが特別にバカだったから、とも思えるけど
どれだけの影響があったかわかってんのかしら???
普通の神経していないよね~。



*************************



先月「JFK」を再見しました。
2年くらい前ですが「ハーヴェイ・ミルク」という映画を見ました。
3年くらい前に「真実の瞬間」や「ミシシッピー・バーニング」・・・
他にも思い出せないけど、色々とあると思いますが、それらは
大まかに言って事実を元にした作品です。

この「フェア・ゲーム」もそれらと同じ、
・・・隠したい事実・・・を、映画化した作品・・・。


そういう作品は、大作とか名作にはならなくても、頭が下がる事が多く、
特にアメリカという国で作られる事が多いような気がしました。
これからも、こういう系統の映画は、色々と見ていて辛くもなりますが、

作った人の気持ちを思って、見る機会があれば、
素直な気持ちで見たいな~と思います☆





<<(2-196)  地下鉄(メトロ)に乗って  (2回目) | BLOG TOP | (2-212)  舞妓Haaaan!!!  (2回目)>>

comment

  1. 2014/05/19(月) 15:41:26 |
  2. URL |
  3. 宵乃
  4. [ 編集 ]
>でもよく頑張ったよね~この夫婦☆
普通なら離婚するよね?

やっぱり彼女の両親の支えとか、かわいい双子ちゃんのおかげですね。
二人とも頑固で強いから、大切なものを守るために頑張れたんだと思います。

本物のヴァレリーさんは本当にキレイでしたね。一瞬、実際の映像だと気づきませんでした(笑)

ただ、やっぱり彼女を信じて待ち続けたお兄さん一家の事が目に浮かんで、彼らの無念を思うと気持ちが重くなりました。
妹さんとか、他の犠牲になった人々の家族は今どうしてるだろう…。

宵乃さん、こんばんは☆

  1. 2014/05/19(月) 18:58:14 |
  2. URL |
  3. miri
  4. [ 編集 ]
コメントを有難うございます☆

> 本物のヴァレリーさんは本当にキレイでしたね。一瞬、実際の映像だと気づきませんでした(笑)

本当に美人でビックリしました!
実話モノで落差のある場合が結構多かったように思っていて
この映画以降、反省しました☆

・・・申し訳ありませんが、この映画については
アウトライン以外全然覚えていなくて、まだ1年しかたっていないのに
結構感激したのに(◎でしたし・・・)もうこの「小さな脳」が悲しいです(涙)。

特に宵乃さんの仰る、ご家族のことは、もうすっからかんです。
(仕事というか事件のことは、多少思いだしましたが・・・)
ネタばれの記事をアチコチで読んだけど、ダメでした(笑)。

もしできれば(録画保存してあるので)早いうちに再見したいと思うのですが
どうなるかな・・・
もしかして宵乃さん目線で見れば「ファミリー企画」でイケるかもしれない!!!
というわけで、ホントにすみません・・・。



> >でもよく頑張ったよね~この夫婦☆
> 普通なら離婚するよね?
>
> やっぱり彼女の両親の支えとか、かわいい双子ちゃんのおかげですね。
> 二人とも頑固で強いから、大切なものを守るために頑張れたんだと思います。
>

> ただ、やっぱり彼女を信じて待ち続けたお兄さん一家の事が目に浮かんで、彼らの無念を思うと気持ちが重くなりました。
> 妹さんとか、他の犠牲になった人々の家族は今どうしてるだろう…。


.
 
 管理者にだけ表示を許可する
 


このブログ内の検索フォームです

私のプロフィールです 

miri

Author:miri
古今東西、色々な映画が好きです♪
一番好きなのは、1930~50年代のフランス映画です。

カテゴリです❀

1975年からの記録(記事追加中です)

ネタばれについての、お知らせです。

感想文の中で映画の内容について深く触れている場合は、必ず大きな色文字でお知らせしています。 また、感想文の途中の一部分のみのネタばれの場合は、白抜きの隠し文字(反転で読めます)にしてあります。 ただ、申し訳ありませんがその白隠し文字は携帯(スマホ)では見えてしまいます(ペコリ)。 最後に、2008年以前の文章については、配慮はしてありません(ペコリ)。

« 2019 09  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -