FC2ブログ

映画鑑賞の記録

私の映画感想文と、映画に関する文章などです。


(1-175)  パピヨン  (殿堂入り)

  1. 2013/03/16(土) 22:30:00_
  2. フランクリン・J・シャフナー
  3. _ comment:6
PAPILLON  (パピヨン)  1973年・フランス



パピヨン BD




 
.


2013年3月16日(土)  2010年にオンエアしたBSハイビジョン(!)

監督 フランクリン・J・シャフナー
主演 スティーヴ・マックィーン

感想
やっと気持ちが向いたので見ることにしました。
高2の夏と冬に映画館で見たきり(チラ見はあります)でした。

・・・全体的な感想は、この作品は映画館の印象が強すぎて、
家のテレビでは迫力がなくて、残念な感じを受けました。

「昔、映画館で見て感激して、この4年間にテレビでの再見で良かった作品」は
他にとても多くあるので、この作品だけが特別なのかもしれません。

その迫力のなさを除くと、やはり名作かと思います。
監督の名前もソラで言えるし、
「何でも出されたモノは食べる」とか、空と海の色と音楽・・・
私自身(の生活・生き方)にもう根がついている事が多過ぎる作品なのです。

ただ完全に忘れていたのが、修道院の院長の汚さで、もうガックリを通り越して
怒り沸騰してしまいました(笑)。

ラストシーンにダイバーが映っていると聞いたので
よく見たら分かりましたが、
多分、今回も聞いていなければ 私には分からなかったように思います。
全然と言って良いくらい気になりませんでした。

そしてエンドロールですが、私は好きですよ♪
もちろんドキュメンタリーではないのだけど、ココで実際に
そういう人たちが捕らわれていたのだと・・・強く感じるからです。

悪魔島の件で「ゾラの生涯」を早めに再見したいな~と思いました。

俳優陣は皆良かったです。
真珠を取っていた種族は、損得勘定ナシで助けたのだから
すごいことだな~と思いました。

ハンセン氏病の種族の人の件は、もっと長いシークエンスと思いこんでいて、
あっという間に終わってしまい、ビックリ仰天!!!
自分の中でこの作品の1つのキモだったから
印象深く残っていたのだろうな~と思いました。

人生を無駄にした罪、の件ですが、
私には誰の人生も無駄にしようとしてそうなっているのではないように思うので、
今回の鑑賞で言えば、修道院長以外の人には当てはまらないような気がしました。
(脱獄者を助ける方が良いという意味ではありません、やり方が汚いと思いました)

そんなわけで、やっと再見出来たけど、
予感していたように、いえそれ以上に、映画館での印象が強過ぎたので、
もし万一いつかもう一度この作品を見る事があるなら、
できれば映画館で見たいと思いました。



初見時等の感想はこちら

パピヨン(73・仏) ・・・ 1-175
パピヨン(73・仏)(2回目) ・・・ 1-175





<<2-2061  チャイコフスキー  | BLOG TOP | 2-2060  華麗なる対決>>

comment

  1. 2013/03/18(月) 07:23:58 |
  2. URL |
  3. 宵乃
  4. [ 編集 ]
おはようございます!
miriさんにとっては、大迫力の映像と、生き方と、悪魔島やハンセン氏病についての作品ということでしょうか?
劇場で観たら本当に素晴らしい感動を味わえるんだろうな~。あの青い空と海…格別です。

院長はマジで極悪なごうつくババアでしたね。パピヨンに肩入れしてなくても、たとえ脱獄囚が本当の悪人でも、あんなやり方をする院長が一番の悪だと思いそう。「マルタの鷹」のヒロイン並み(笑)

エンドロールは入り方は唐突だと思いましたが、実際にああいう場所にたくさんのひとが…と思えてしみじみしました。
「ゾラの生涯」を再見なさったら、またお話しましょう(わたしも忘れかけてるけど)

あと「舞妓Haaaan!!!」再見なさったんですね~。楽しまれたようでよかった。

>これを映画館で見たのよね~それが一番の驚きかも~???(爆)

あはは、そういう驚きですか。確かにmiriさんがこの作品のチケットを買う様子は思い浮かばないかも?

「チャイコフスキー」はわかる人しかわからなくていいみたいな作りでしたよね。彼より夫人の生涯のほうが気になりました。
音楽家の伝記映画は外れが多いのかな。

宵乃さん、こんにちは☆

  1. 2013/03/18(月) 09:18:07 |
  2. URL |
  3. miri
  4. [ 編集 ]
コメントを有難うございます☆

> miriさんにとっては、大迫力の映像と、生き方と、悪魔島やハンセン氏病についての作品ということでしょうか?

それが昨日からずっと考えているのですが、よく分からないのですよね~(笑)。
宵乃さんの見方がハッキリとしていらして、なんというか羨ましいのですが、
私にとってはこの映画は「パピヨン」という時別な種類の映画、という感じだけで、
うまく言えなくてすみません・・・。

> 劇場で観たら本当に素晴らしい感動を味わえるんだろうな~。あの青い空と海…格別です。

まぁ年齢的なこともあると思います。
中3の頃は本当に子供だったけど、高校生になって、多少は成長したので
その3年間に見た好きな作品って、特別なのですよね・・・多分☆

> 院長はマジで極悪なごうつくババアでしたね。パピヨンに肩入れしてなくても、たとえ脱獄囚が本当の悪人でも、あんなやり方をする院長が一番の悪だと思いそう。「マルタの鷹」のヒロイン並み(笑)

多分、高校生の頃はキリスト教について何も(教科書しか)知らなかったので
この婆さんのことも、スーッと通り過ぎたのだと思いますが(だから記憶になかった)

今の感じで見ると、彼女はイエスさまから一番遠い存在、と可哀想なくらいです。
「マルタの鷹」のヒロインよりずっと悪いと思いますよ~。
私はキリスト教の聖職者が悪いことするのが(多分、医者や坊主と一緒で)
一番許せないので・・・(爆)。

> エンドロールは入り方は唐突だと思いましたが、実際にああいう場所にたくさんのひとが…と思えてしみじみしました。

ハイ、あの入り方がお気にいらない方も多いようですが、
あの何とも言えない迫力は、それまでのドラマを吹っ飛ばすほどの
真実味を持って、迫ってきますよね~!!!

>miriさんはぜんぜん気付いてなかったのに、わざわざ教えてしまってスミマセン。


いえいえ、間謀さんからも聞いていたし、気付かないなんて、ものすごくドンだと
告白したようなモノですが(爆)。
まぁ実際、特に意味は感じなかったので・・・
宵乃さんの仰るとおりに危険な場所だったのでしょうね~。

気になってしまったら(どこまでもいつまでも)気になると思います。
もし再見なさるなら、半分目をつぶって・・・いかがでしょうか?(笑)

> 「ゾラの生涯」を再見なさったら、またお話しましょう(わたしも忘れかけてるけど)

ハイ、やはりあの大尉の話が出てきたので・・・気になっています。

> あと「舞妓Haaaan!!!」再見なさったんですね~。楽しまれたようでよかった。

ハハハハハ・・・何ともはや、情けない。。。

> >これを映画館で見たのよね~それが一番の驚きかも~???(爆)
> あはは、そういう驚きですか。確かにmiriさんがこの作品のチケットを買う様子は思い浮かばないかも?

その作品は近所にシネコンが新しく出来た時に、珍しく母と行ったのです。
母は洋画は見ないので、面白いかな?と思いまして・・・
チケットはネットではなく、その場で買いました、想像してね(爆)。

> 「チャイコフスキー」はわかる人しかわからなくていいみたいな作りでしたよね。彼より夫人の生涯のほうが気になりました。

ハイ、もう感想と言われても「よく見たよな、自分」くらいで!
夫人さんって、そうですね、彼女の伝記映画を作ってくれれば良いのにね~!!!
そうすればもうちょっと分かったかもしれませんね~。

> 音楽家の伝記映画は外れが多いのかな。

「敬愛なるベートーヴェン」以外、良い作品、浮かびませんね~残念☆

D・ホフマンの演技が良かった

  1. 2013/03/18(月) 10:03:38 |
  2. URL |
  3. 鉦鼓亭
  4. [ 編集 ]
mlriさん、おはようございます

この作品、秀作だと思います。
でも、もう一度観たい作品じゃないですね。
それは多分、マックイーンに余り共感できず、ホフマンの方に共感してしまうからだと思います。
エピローグ前、去って行くマックイーンを見送っているホフマンの顔が忘れられません。
そして、空の青、海の青、熱帯特有の緑と茶色い土が目に焼き付いています。
音楽も良かったですね。

出来がいいだけに、合わないとキツイです。(笑)

Re: D・ホフマンの演技が良かった

  1. 2013/03/18(月) 11:51:28 |
  2. URL |
  3. miri
  4. [ 編集 ]
鉦鼓亭さん、こんにちは☆
コメントを有難うございます☆

> この作品、秀作だと思います。
> でも、もう一度観たい作品じゃないですね。

仰るとおりですね~。
一大決心して、再見しました。

> それは多分、マックイーンに余り共感できず、ホフマンの方に共感してしまうからだと思います。
> エピローグ前、去って行くマックイーンを見送っているホフマンの顔が忘れられません。

そうでしたか・・・
私もパピヨンに共感しているわけではないのですが・・・
ドガにも共感していないのですけど・・・
うまく書けません・・・。

> そして、空の青、海の青、熱帯特有の緑と茶色い土が目に焼き付いています。
> 音楽も良かったですね。

ハイ、それらは秀逸だと思います♪

> 出来がいいだけに、合わないとキツイです。(笑)

まぁいろんな作品があるので、そういう作品も誰にでもあると思います(笑)。
好きで出来の良い作品が一番嬉しいですけどね、もちろん☆

  1. 2013/03/21(木) 17:45:38 |
  2. URL |
  3. しずく
  4. [ 編集 ]
懐かしい映画を観たらだいぶ違っていた・・・
というのが正直な感想かもしれません。

書き出したらきりがなくなりそう。
体力、気力が充実している時にコメントしても良いのですが
そうなる日があったら書き込みますね。


しずくさん、こちらにもコメントを有難うございます☆

  1. 2013/03/21(木) 18:23:55 |
  2. URL |
  3. miri
  4. [ 編集 ]
> 懐かしい映画を観たらだいぶ違っていた・・・
> というのが正直な感想かもしれません。

そうでしたか・・・。

> 書き出したらきりがなくなりそう。
> 体力、気力が充実している時にコメントしても良いのですが
> そうなる日があったら書き込みますね。

ハイ、分かりました。

しずくさんから、宵乃さんの記事へのコメント、読ませて頂いていますので、
おおよその仰りたい事はわかるつもりです。
ご無理ないようにお願いしま~す☆

私にとっては良い作品のように思います♪
 
 管理者にだけ表示を許可する
 


このブログ内の検索フォームです

私のプロフィールです 

miri

Author:miri
古今東西、色々な映画が好きです♪
一番好きなのは、1930~50年代のフランス映画です。

カテゴリです❀

1975年からの記録(記事追加中です)

ネタばれについての、お知らせです。

感想文の中で映画の内容について深く触れている場合は、必ず大きな色文字でお知らせしています。 また、感想文の途中の一部分のみのネタばれの場合は、白抜きの隠し文字(反転で読めます)にしてあります。 ただ、申し訳ありませんがその白隠し文字は携帯(スマホ)では見えてしまいます(ペコリ)。 最後に、2008年以前の文章については、配慮はしてありません(ペコリ)。

« 2019 10  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -