FC2ブログ

映画鑑賞の記録

私の映画感想文と、映画に関する文章などです。


2-2050  クレイジー・ハート

  1. 2013/03/06(水) 22:30:00_
  2. その他の外国人監督作品
  3. _ comment:2
CRAZY HEART  (クレイジー・ハート)  2009年・アメリカ



クレイジー・ハート




 
.


2013年3月6日(水)  BS3

監督 スコット・クーパー
主演 ジェフ・ブリッジス (バッド・ブレイク 役)

感想
まぁ全体的に甘いし、省略しているし、葛藤もカット(!)されているけど、
つまりは小さくまとまって、B級に近い映画かもしれないのですが、

私はアル中の人の事を知らないので、
そのあたり、全然「こんなはずでは」とか思わないし、
働くシングルマザーの気持ちも分からないので、
完全な絵空事として見ただけですので、楽しく・温かく見られました。


それにこの映画を見たかった一番の理由が、
ジェフ・ブリッジスという俳優が、まぁ好きでも嫌いでもないのですが、

結構今まで見た役柄が嫌いな男が多くて、
俳優そのものも いまひとつだな~とか思っていたのに、

数年前、偶然つけたチャンネルでのオスカー(受賞式も含む)関連番組
彼がどんなに良い家庭人かをはじめて知り、
それ以降、役柄とは違うという目で見られて、この作品のオンエアを待っていたのです。

あと、見始めてから知ったのですが、
彼女役は「遠い空の向こうに」主演の男の子のお姉さんだったのですね~
よく似ていました。

内容的にはどうということもないけど、
「プロ」の誇りだけは芸名とともに捨てなかった彼には
今までの色々もあったけれども、やり直すのに遅い事はないし、

「やり直してはいけない」なんて、誰にもいう権利はないのだから、
簡単にやり直せるような映画を作るな、とも誰にも言えないのだから、
こういう運びで良かったのだと思います。

彼女の4歳の息子・・・楽しく過ごせるけど
本当に彼女を愛しているのなら、それだけはしていけなかった・・・
でも、それが切っ掛けになった、私はそれで良かったと思います。

自分の息子が4歳だった・・・何もしてやれなかったけど、
その時の自分の選んだ道を、今更息子も含めて他人を巻き込んでは
いけなかったのだから、それも1つの切っ掛けだったと信じられます。


57歳でもやり直せるんだよ、人生は長さではないけど、
明るい方向を向く人を、くさしてはいけないのよ。



だから私も、誰でも、良い方向に生きてゆきたいと
そう願ったときに
このB級映画は、忘れられない秀作に変わります☆
 




追記:
コリン・ファレル良かったです。
どんな道でも先生・先輩・同僚を、尊敬するのがやっぱり正しいと思います。
おごらない大スターの姿を、よく演じました。

ジェフ・ブリッジスとともに歌がうまくて聞きやすかったです。
前回アップした「シカゴ」とまるで違う作風なのかもしれないけど
音楽を愛する気持ちは、同じところにつながると信じられますね~!




<<2-2051  マルタの鷹 | BLOG TOP | 2-2049  赤ちょうちん >>

comment

こん

  1. 2013/03/21(木) 17:30:27 |
  2. URL |
  3. しずく
  4. [ 編集 ]
数年前、偶然つけたチャンネルでのオスカー(受賞式も含む)関連番組
>彼がどんなに良い家庭人かをはじめて知り、
それ以降、役柄とは違うという目で見られて、この作品のオンエアを待っていたのです。

そうなんですか!?さすがにそうはとても見せないところが役者なんですね。

>コリン・ファレル良かったです。
どんな道でも先生・先輩・同僚を、尊敬するのがやっぱり正しいと思います。
おごらない大スターの姿を、よく演じました

一見、生意気そうな顔立ちで(ブラピを崩した風)、彼の口から尊敬しているセリフが語られた時にはびっくりしました。

>57歳でもやり直せるんだよ、人生は長さではないけど、
明るい方向を向く人を、くさしてはいけないのよ。
だから私も、誰でも、良い方向に生きてゆきたいと

ラスト、2人の門出を後押しする抜けるような青空をバックのシーンがgood!

しずくさん、こんばんは☆

  1. 2013/03/21(木) 18:21:38 |
  2. URL |
  3. miri
  4. [ 編集 ]
コメントを有難うございます☆

> そうなんですか!?さすがにそうはとても見せないところが役者なんですね。

ハイ、本当に驚きましたが、ものすごく良い家庭人とのことです♪

> 一見、生意気そうな顔立ちで(ブラピを崩した風)、彼の口から尊敬しているセリフが語られた時にはびっくりしました。

崩した・・・ちょっと可哀想(笑)。
ハイ、尊敬している事が、こころから納得できる演技でしたね~☆

> ラスト、2人の門出を後押しする抜けるような青空をバックのシーンがgood!

ハイ、そう思います!!!
良い作品でした。
しずくさんと、お話出来て嬉しかったです☆
 
 管理者にだけ表示を許可する
 


このブログ内の検索フォームです

私のプロフィールです 

miri

Author:miri
古今東西、色々な映画が好きです♪
一番好きなのは、1930~50年代のフランス映画です。

カテゴリです❀

1975年からの記録(記事追加中です)

ネタばれについての、お知らせです。

感想文の中で映画の内容について深く触れている場合は、必ず大きな色文字でお知らせしています。 また、感想文の途中の一部分のみのネタばれの場合は、白抜きの隠し文字(反転で読めます)にしてあります。 ただ、申し訳ありませんがその白隠し文字は携帯(スマホ)では見えてしまいます(ペコリ)。 最後に、2008年以前の文章については、配慮はしてありません(ペコリ)。

« 2019 10  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -