FC2ブログ

映画鑑賞の記録

私の映画感想文と、映画に関する文章などです。


(2-229)  再見 ストレイト・ストーリー  (2回目)

  1. 2013/03/04(月) 22:30:00_
  2. デヴィッド・リンチ
  3. _ comment:2
再見  THE STRAIGHT STORY  (ストレイト・スト―リー)  1999年・アメリカ 



ストレイト・ストーリー





 
.


2013年3月4日(月)  買ったDVD 

監督 デヴィッド・リンチ
主演 リチャード・ファーンズワース (アルヴィン・ストレイト 役)

感想の前に

この映画は、映画を再び見るようになった2009年3月の「プレイス・イン・ザ・ハート」の
1本前に見た作品です。
2008年11月初めでした。
2008年に別ブログのお友達に教えてもらった見た洋画2本のうちの1本です。
(もう1本は「耳に残るは君の歌声」です)

それまでずっと、映画を見られない事はないけど・・・という時期でも
ほとんど邦画しか見ませんでした。
洋画を見るとしても、映画を見るのではなく、薦められて見たという程度でした。

・・・そして多分時期がそうなってきたのでしょう、
その2本が直接のきっかけにはならなかったけど、
年が明けてこのブログを開設し、とうとう映画を映画として見ることを再開しました。

いろいろな意味で、感謝の作品です。



感想

初見時感想(記事はありません)と、ほぼ同じです。
他には、2回目なので分かっていて見た良さが多かったです。

家出娘とのエピソード
鹿のエピソード
自転車野郎たちとのエピソード
修理につながる丘を落ちるエピソード
優しくしてくれた人たちとのエピソード
戦争の話をするエピソード
双子の修理工のエピソード
牧師さんのエピソード
最後に教えてくれた大きな乗り物(トラック?バン?)のエピソード

そしてまっすぐに続く道と、アメリカの田舎の風景・空と、お天気の変化
忘れられない娘ローズのエピソード
もちろん二人が再会し、言葉少なくても、最後には幼い頃のように一緒に見上げた星空・・・

・・・この4年間でWWⅡの映画を沢山見て
勝ったはずの欧米人も、こころが引きちぎれた事を、沢山知ったのですが、
この作品の中でも同年輩とのそのお話をする
シークエンスが、一番胸を打ちました。



実話と知らないのか? ネットではヘンな感想が多かったです。
お若いヒトには向かない作品だけど、若いときに見て、
そして40歳・50歳・60歳を過ぎてから、再見してほしい、そういう作品です。

ところで監督ですが、私的にはこの作品と「エレファント・マン」しか
知らなかったのですが、この4年間に「マルホランド・ドライブ」を見てガックリ。。。

と思っていたら、そっちが本領で、この作品が変わっているらしいですね(笑)。
こういうとこも、つまりは映画の神様のお陰なのかも???





<<2-2048  シカゴ | BLOG TOP | 2-2047  ノックは無用>>

comment

おはようございます

  1. 2013/03/08(金) 08:03:26 |
  2. URL |
  3. 宵乃
  4. [ 編集 ]
この作品わたしも印象に残ってます。
miriさんにとってはきっかけとはならずとも、流れが変わった事を感じさせる思い出の作品なんですね。

渋いおじいさんが兄に会うため、車で砂煙をたてながら旅にでるとか、それだけで私好みです。でも、深いところまではわかってないだろうなぁ。若い頃に観たので、もう細部は忘れてしまったけど、あと10年くらいしてから再見しようかな(笑)

「エレファント・マン」と「マルホランド・ドライブ」の監督さんでしたか~。「マルホランド~」はわたしも良くわからなくて…。でも、いつもの作風ではない作品がたくさんのひとの心を掴んだんだから、ホント映画の神様が舞い降りたんだなぁと思えますよね。

*******************

>私は「非常時だからいったん元さやにおさまったけど、
多分長くない、いずれこわれる」と想像しています!

ですよね!(笑)
サスペンスから日常に戻る部分が強引で、撮影終了~!と打ち上げをする様子の方が思い浮かんでしまいました。せっかくマリリンが熱演したのにもったいない!

宵乃さん、おはようございます☆

  1. 2013/03/08(金) 09:50:43 |
  2. URL |
  3. miri
  4. [ 編集 ]
いつもコメントを有難うございます☆

> この作品わたしも印象に残ってます。

良い作品でしたよね~。

> miriさんにとってはきっかけとはならずとも、流れが変わった事を感じさせる思い出の作品なんですね。

ハイ「耳に残るは君の歌声」とこの作品の2本で、
映画への道が付いたと思えます。

目を閉じればそこには、新しい道が出来ていて、
歩むその一歩が怖くて出せなかった自分が居るという感じです。

> 渋いおじいさんが兄に会うため、車で砂煙をたてながら旅にでるとか、それだけで私好みです。でも、深いところまではわかってないだろうなぁ。若い頃に観たので、もう細部は忘れてしまったけど、あと10年くらいしてから再見しようかな(笑)

きっとお若いなりに深くとらえられたと思いますが、
年齢が行くと、きっともっと面白く感じるかもしれませんね~!
もし再見なさったら、ご感想を是非お聞かせくださいネ~☆

> 「エレファント・マン」と「マルホランド・ドライブ」の監督さんでしたか~。「マルホランド~」はわたしも良くわからなくて…。でも、いつもの作風ではない作品がたくさんのひとの心を掴んだんだから、ホント映画の神様が舞い降りたんだなぁと思えますよね。

ホントにそうですね~!

「ツイン・ピークス」って名前しか知らないのですが、
いつかそれも含めて、この監督らしい作品も見たいと思います☆

> *******************
>
> ですよね!(笑)
> サスペンスから日常に戻る部分が強引で、撮影終了~!と打ち上げをする様子の方が思い浮かんでしまいました。せっかくマリリンが熱演したのにもったいない!

打ち上げの様子???
あぁ宵乃さんたら、例の考え過ぎですよ~♪
もうそんなしてたら、身が持ちませんよ~(笑)。

モンローのこと、熱演と言って下さり、本当に嬉しいです!
有名になり始めた、初期の作品なので、まだまだですけど、それでも嬉しい☆
ありがとう~!!!
 
 管理者にだけ表示を許可する
 


このブログ内の検索フォームです

私のプロフィールです 

miri

Author:miri
古今東西、色々な映画が好きです♪
一番好きなのは、1930~50年代のフランス映画です。

カテゴリです❀

1975年からの記録(記事追加中です)

ネタばれについての、お知らせです。

感想文の中で映画の内容について深く触れている場合は、必ず大きな色文字でお知らせしています。 また、感想文の途中の一部分のみのネタばれの場合は、白抜きの隠し文字(反転で読めます)にしてあります。 ただ、申し訳ありませんがその白隠し文字は携帯(スマホ)では見えてしまいます(ペコリ)。 最後に、2008年以前の文章については、配慮はしてありません(ペコリ)。

« 2019 08  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31