fc2ブログ
  • 2024_04
  • <<
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • >>
  • 2024_06

映画鑑賞の記録

私の映画感想文と、映画に関する文章などです。


2-2040  ビッグ

  1. 2013/02/21(木) 22:30:01_
  2. ペニー・マーシャル
  3. _ comment:2
真冬のファンタジー企画:第3作

BIG  (ビッグ)  1988年・アメリカ



ビッグ






 
.


2013年2月21日(木)  イマジカ

監督 ペニー・マーシャル
主演 トム・ハンクス (ジョッシュ 役)

感想
これも数ヶ月前の録画を見られずに録ってあったモノで、
allcinema で「ファンタジー」と書いてあったので、この企画でやっと見られました。

いやはや全く、先日見た「マゴリアムおじさん」とか何とかいう作品の
あの おもちゃ屋さんを思うと、こっちは断然イイですね~!
普通のおもちゃ屋さん☆ マトモです!!!

・・・この作品で一番思ったのは、
親は当たり前だけど、あの子がそれを忘れなかった事です。
それとは、もちろん、それです。



そして自分自身で失いかけていた「子供時代」を、
親友が、怒りながらも、これで最後だよってことで教えてくれたチャンスを、
一度は離しかけたけど、やっぱりと、自分の手に戻した事です。

大きくなっている間に起こった事のうち、
仕事関係は、素直な気持ちのまま、自分で道を開いた・・・
運も良かったのでしょうけど、それだけではないと思うんですよね~。

仕事以外の事は、こころとのアンバランスはあると思うけど
まぁ12~13歳の男の子なので、アリかな?と思いました。

この先、彼女は、自分の武器を「オンナ」とはせずに、
おもちゃを使う実際の人間を、その美しい心を思い出して、
仕事に精進してゆける・・・そう変わってゆけると思います。
(もちろん、いつかは他の誰かと結ばれると思いますよ~)

そしてジョッシュは、13歳からの人生をキチンと生きることで
この期間の事を良い方向の想い出に出来ると思います。
決して生き急がずに、家族と・友達と・・・。



甘いかもしれないけど、ジョッシュのお母さんではないので、こういう感じです。
万一自分の子供だったら・・・と考えることは難しいので、やめときます。

ただ変身して戻っただけではなく、
いろんな人のこころに、いろんな影響を与えてくれた、と、そう思います。
(部屋の整理等・現実的な後始末は、彼女がキチンとしたと思います)

トム・ハンクスは、若くてうまいですね!
こどもの心を持っている事が、自然と受け入れられました。
親友君は、ホント、イイヤツだと思いました。
あとは、社長さんが可愛かったです♪

彼女とか秘書さんは、当時の感じ(髪型・服装等)でしたね~。
それなりに良かったです。
お母さん役の人は、懸命に演じてたと思いました。
ちょっと(お母さんの心情を思うと)泣けました。



ハイ、これは変身モノですので、
ファンタジーで間違いありませんでした~♪






<<(1-462)  転校生  (2回目?) | BLOG TOP | (2-191)  この胸いっぱいの愛を  (何回目か分からない)>>

comment

  1. 2013/02/24(日) 10:59:22 |
  2. URL |
  3. 宵乃
  4. [ 編集 ]
ご覧になったんですね~、楽しまれたようで良かったです♪
前にも言った気がするけど、私は”仕事以外の事”が受け付けない以外は、それなりに楽しめた作品です。やっぱり、親友の男の子との友情が良かった!
おもちゃ屋の社長も、クリスマスの日にはサンタさんができそうな雰囲気の良いおじいちゃんだった気がします。
音の出る床で無邪気に遊ぶトム・ハンクスが印象に残ってますね~。
お母さん役の方はあまり思い出せないけど、移動遊園地に行ったまま(?)息子が行方不明になったら、世界が一変するような衝撃を受けるでしょうね…。
再見する事があったら、母親もしっかり見ようと思います。
第三弾もありがとうございました♪

宵乃さん、こんにちは☆

  1. 2013/02/24(日) 11:38:20 |
  2. URL |
  3. miri
  4. [ 編集 ]
コメントを有難うございます☆

> ご覧になったんですね~、楽しまれたようで良かったです♪

ハイ、以前に見られなかったから、今回良いチャンスでした♪

> 前にも言った気がするけど、私は”仕事以外の事”が受け付けない以外は、

やはりその点だったのですね・・・
まぁ最初からそうなったわけではないし、
興味シンシンの時期だと思ったので、
流れとしてあまり無理は感じませんでした。

> それなりに楽しめた作品です。やっぱり、親友の男の子との友情が良かった!
> おもちゃ屋の社長も、クリスマスの日にはサンタさんができそうな雰囲気の良いおじいちゃんだった気がします。
> 音の出る床で無邪気に遊ぶトム・ハンクスが印象に残ってますね~。

ハイ親友君がほとんど主人公のような感じでした。
音の出る床で、社長と一緒に遊んだのが、「マルゴリアムおじさん~」と
比べて、全く素敵だと思いました☆

> お母さん役の方はあまり思い出せないけど、移動遊園地に行ったまま(?)息子が行方不明になったら、世界が一変するような衝撃を受けるでしょうね…。
> 再見する事があったら、母親もしっかり見ようと思います。

一応、朝、姿は見せないけど、起きて歯を磨いて、妹を1階におろして、登校したので、
変身後の姿で現れた時に、こいつに連れて行かれた!と誤解したので、
遊園地のままではなかったです。お父さんはそうなりますが。

どちらにしても帰宅後の、あの異常な喜びの声には
姿は見えなかったけど、色々と想像して涙ぐみました。。。
再見なさったら、またご感想をお聞かせくださいネ~!是非☆

> 第三弾もありがとうございました♪

いつも申し訳ありません。。。私のは後回しにして下さいネ~。
あ、でも、明日は宵乃さん大好きムービーなので・・・宜しくね♪
 
 管理者にだけ表示を許可する
 


ご挨拶

2021年2月から新ブログ「スクリーンのこちら側から・・・」に記事をアップしています。 このブログは今後も月に一度のまとめ記事をアップし続けます。 

このブログの検索フォームです

カテゴリです❀

1975年からの記録

私のプロフィールです 

miri

Author:miri
古今東西、色々な映画が好きです♪
一番好きなのは、1930~50年代のフランス映画です。

ネタばれについての、お知らせです。

感想文の中で映画の内容について深く触れている場合は、必ず大きな色文字でお知らせしています。 また、感想文の途中の一部分のみのネタばれの場合は、白抜きの隠し文字(反転で読めます)にしてあります。 ただ、申し訳ありませんがその白隠し文字は携帯(スマホ)では見えてしまいます(ペコリ)。 最後に、2008年以前の文章については、配慮はしてありません(ペコリ)。

« 2024 05  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -