FC2ブログ

映画鑑賞の記録

私の映画感想文と、映画に関する文章などです。


2-1847  月夜の宝石

  1. 2012/10/05(金) 22:00:00_
  2. ロジェ・ヴァディム
  3. _ comment:2
LES BIJOUTIERS DU CLAIR DE LUNE  (月夜の宝石)  1958年・フランス/アメリカ



月夜の宝石




 
.


2012年10月5日(金)  イマジカ 

監督 ロジェ・ヴァディム
主演 BB (伯爵の姪・ウルシュラ 役)

感想
今まで見たBBの映画の中では一番好感を持ちました。
というか明るい映画では「気分を出してもう一度」が一番好きですが、
この映画はとても暗く・・・暗いと言うかシリアスなので
今まで見てきたのとはちょっと違う感じで、本当に良かったです♪

シリアスと言っても、この監督ですし、ゆるーい感じで、
男性が見たらイライラするかもしれません。
貧富の差・大人の想いと・若い真っ直ぐな初恋・犯罪・逃避行・・・
それらの描写も、犯罪モノとはとても言えません。

でも、それでも良い感じを受けたのは・・・
何と言ってもBBも良いのですが、
重要な助演のアリダ・ヴァリが良いのですよね~☆


何とも言えない色香が漂います。
BBのはじける若さとは違って、ちょっとくたびれた感じの
と言って熟年という年齢にも達していなくて、ちょうど良い頃あいです☆

あ、もちろんBBもあっちで脱ぎ、こっちでチラリ・ぽろり(爆)
大サービスで、監督の「僕の奥さん見て・見て」のヘンタイ感が
ものすご~く・伝わってきます(大爆)。


あ、相手役の俳優さん(スティーブン・ボイド)も良かったです。
DVDパッケージの写真のシーンや
伯爵夫人からの想いを受けあぐねているシーン、
真っ直ぐな思いをぶつけてくるウルシュラの想いを
受け止めてしまい、自分も彼女を真剣に愛してしまうシーン、
かなり2のセンでした。

彼の演じたランベルトのお母さんがお気の毒です。
娘には死なれ(伯爵に弄ばれて、自殺)
息子は・・・
」で。

ストーリーには無理がなく、西部劇なんかでもよく見る感じで、
最後はお決まりの逃避行、警察に追い詰められ、撃たれ・・・。

それだけなら、フツーのつまらないB級な感じがしますが、
この映画の見モノの1つが、
舞台である「スペインの辺境の美しさ」です。


町や村、伯爵のお屋敷、水車小屋や闘牛場も良いのですが、
ひとっ子一人いない村はずれの、峡谷やら深い淵、
なんだか行ってみたいような、怖いような・・・。

そんな感じで、良い作品を見られたと思います☆



********************************



アリダ・ヴァリという女優は、結構良いですよ!
いくつか出演作を見ていますので、今思うひとこと感想を書きたいと思います☆
(いつかBBの特集もしたいですが、今日はこの方で~す♪)


1-128 夏の嵐  (ヒロイン)
76年9月 テレビのオンエアをその場で鑑賞/10年11月 BS2を録画再見

これはインパクトのある作品で、貴族夫人役がよく似合っていました。


1-147 カサンドラ・クロス (助演)
77年2月 封切り公開を映画館で鑑賞/その数週間後、また映画館で鑑賞 

作品の内容は覚えていますが、
この女優さんの役柄は覚えていないので、いつか再見してよく見ます。


1-181 第三の男  (ヒロイン)
77年7月 映画館にて鑑賞/その後何回も、最近も、再見しています

この作品自体は映画史上トップに近い作品ですが、
この役柄はもう何とも言えませんが、ラストシーンはカッコ良いと思います。


1-299 ルナ (助演)
80年4月 封切り公開を映画館で鑑賞

覚えていないので、いつか再見してよく見ます。


1-427 パラダイン夫人の恋 (ヒロイン)
84年7月 テレビのオンエアをその場で鑑賞/10年12月 お借りしたDVDを録画再見

初見時は美しい女優と思い、再見時はその役柄が嫌いになってしまいました。
どちらにしても、とっても似合っていました。監督はヒッチさんです。


2-1577 かくも長き不在  (ズバリ、主演)
12年4月 頂いたDVDを鑑賞

これはすごい作品で、この女優さんの代表作だと思います☆

 
2-1800 1900年 (助演)
12年9月 レンタルDVDを鑑賞

ものすごい殺され方でした・・・。長い話の中でも忘れられない役柄です。


2-1847 月夜の宝石  (助演)
12年10月 イマジカを録画鑑賞

色香、とはこういう事を言うのだな~なんて思いました。



結構いろいろな作品でお目にかかっています。
今後も彼女出演の作品を、(再見も含めて)
ゆっくりと、楽しみにして、見てゆきたいと思います。




アリダ・ヴァリ



******************************



この記事は都合により再投稿しています。
以下、頂いたコメントです。



鍵コメに気付かなくて
すみませんでした。昨日は午後はずっとセキュリティ関係のチェックをしてたもので…。
家族共用のパソコンなので、誰かが使ってるハンドルネームですね。直して下さってありがとうございます!

この作品は録画しようかと思ったんですが、評判があまり良くないのでやめちゃいました。BBとスペイン辺境魅力満載でしたか~、観ればよかったかな。
アリダ・ヴァリという女優も良かったんですね。最初の三つの作品は観てるけど、あまり覚えてないなぁ。第三の男のラストシーンの凛とした雰囲気は覚えてます。
あと「牝猫と現金」 はスルーしてよかったみたいで安心しました(笑)

今日は「真昼の決闘」ですか。聞覚えがあるようなないような。西部の男の映画って感じの曲です。

**********************

>私が聞いた話では、志の輔さんが乗ったタクシーの運転士さんから聞いた話で(実話) それをその後、自分の創作落語にして広めた、という事でしたよ。

そんな話しがあったんですか。だから彼の出演シーンはタクシーだったのかな。

>まぁこれは元夫婦の呼び名で、原題も同じですので仕方ないと思いますよ~☆

あ~、そういえば”アメリカで最高のコンビ”と言われてたんでしたっけ? 忘れてました(笑)
宵乃 | URL | 2012/10/06/Sat 09:53 [編集]



Re: 鍵コメに気付かなくて
宵乃さん、こんにちは☆
コメントを有難うございます☆

> すみませんでした。昨日は午後はずっとセキュリティ関係のチェックをしてたもので…。

お疲れ様です。

> 家族共用のパソコンなので、誰かが使ってるハンドルネームですね。直して下さってありがとうございます!

勝手なことして良かったかな~?と思っていたので
安心しました☆

> この作品は録画しようかと思ったんですが、評判があまり良くないのでやめちゃいました。BBとスペイン辺境魅力満載でしたか~、観ればよかったかな。

まぁ「B級」と言われればそうかもしれませんが・・・私は気に入りました♪

> アリダ・ヴァリという女優も良かったんですね。最初の三つの作品は観てるけど、あまり覚えてないなぁ。第三の男のラストシーンの凛とした雰囲気は覚えてます。

大人な感じですね☆

> あと「牝猫と現金」 はスルーしてよかったみたいで安心しました(笑)

ミレイユ・ダルクに思い入れがないならスルーで良いと思いますよ~!
私は好きだったんで、懐かしくて、見て良かったです♪

> 今日は「真昼の決闘」ですか。聞覚えがあるようなないような。西部の男の映画って感じの曲です。

ハイ、グレース・ケリーが凛としていましたよね~☆

> **********************
>
> そんな話しがあったんですか。だから彼の出演シーンはタクシーだったのかな。

事実を知りたいですよね~!

> あ~、そういえば”アメリカで最高のコンビ”と言われてたんでしたっけ? 忘れてました(笑)

そうです、そうです、映画の最初の方でそういうことだったんです!!!
英語とはなんとなく訳し方の意味が違う感じですが、まぁ仕方ないと思える範囲ですよね~。
miri | URL | 2012/10/06/Sat 10:44 [編集]




<<(1-156)  ゼロの焦点  (1961年版)  (2回目)  | BLOG TOP | 2-1846  摩天楼を夢みて>>

comment

  1. 2013/04/13(土) 11:55:21 |
  2. URL |
  3. 宵乃
  4. [ 編集 ]
昨晩見ました。
なんというか…わたしには合わないタイプで、誰も好きになれないというか、どちらかというと不愉快な部類でした。スミマセン。

アリダさんは良かったですね。BBより綺麗だと思いました。
前から薄々感じていたけど、わたしはBBが好きなんじゃなくて、「気分を出してもう一度」みたいな明るい役が好きみたい。

あと、スペインの風景も良かったです!

宵乃さん、こちらにも有難うございます☆

  1. 2013/04/13(土) 18:48:36 |
  2. URL |
  3. miri
  4. [ 編集 ]
> 昨晩見ました。
> なんというか…わたしには合わないタイプで、誰も好きになれないというか、どちらかというと不愉快な部類でした。スミマセン。

そうでしたか・・・3作品かぶって、録画なさったのに残念でしたね。
たしかに暗いヘンな作品でしたから・・・こちらこそ すみません。。。

> アリダさんは良かったですね。BBより綺麗だと思いました。

結構な女優だと思います。
この作品では大人そのものって感じだったように覚えています☆

> 前から薄々感じていたけど、わたしはBBが好きなんじゃなくて、「気分を出してもう一度」みたいな明るい役が好きみたい。

ハイ明るくて良い作品です♪
私もBBをすごく好きというわけでもないけど
まぁまぁ好きな方で、いろんな役柄の中、明るい可愛らしい役柄が良いと思います♪

フランス人女優って、ものすごく昔の人しか知らなくて
BBはまぁ今も生きているし、私の中では最近の方で(爆)。。。
これからも彼女のいろんな作品を見たいと思っています♪

> あと、スペインの風景も良かったです!

これは良かったですよね~!
この作品でも良い点が1つでもあって、ホッとしました。
お時間頂いて、ホント有難うございました。
 
 管理者にだけ表示を許可する
 


このブログ内の検索フォームです

私のプロフィールです 

miri

Author:miri
古今東西、色々な映画が好きです♪
一番好きなのは、1930~50年代のフランス映画です。

カテゴリです❀

1975年からの記録(記事追加中です)

ネタばれについての、お知らせです。

感想文の中で映画の内容について深く触れている場合は、必ず大きな色文字でお知らせしています。 また、感想文の途中の一部分のみのネタばれの場合は、白抜きの隠し文字(反転で読めます)にしてあります。 ただ、申し訳ありませんがその白隠し文字は携帯(スマホ)では見えてしまいます(ペコリ)。 最後に、2008年以前の文章については、配慮はしてありません(ペコリ)。

« 2019 06  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -