FC2ブログ

映画鑑賞の記録

私の映画感想文と、映画に関する文章などです。


2-1822  恋多き女

  1. 2012/09/19(水) 22:30:00_
  2. ジャン・ルノワール
  3. _ comment:4
ELENA ET LES HOMMES  (恋多き女)  1956年・フランス



恋多き女




 
.


2012年9月19日(水)  セルDVD

監督 ジャン・ルノワール
主演 イングリッド・バーグマン (ポーランドの公女(未亡人) 役)

感想
コレは面白かった☆
今まで見たイングリッド・バーグマンで一番!!!


このヒトは「美人女優」とかではなく、
コメディもちゃんと出来る「本物の役者」なんだな~って思いました♪

ちょっと表情硬いですけどね(笑)
流石のルノワール監督、マジックですね~☆

恋模様のドタバタも「ゲームの規則」を思い出して
あの映画よりは少しは(人数が)マシだったので、分かりやすかったです。

ヒナギクのおまじない・・・それは本当にあり得るような気になってしまいます。
ポーランドの公女とは言え、お金も地位もなく・・・
それでも男たちに愛され、上手にかわして・・・

(プラトニック+α なので)全然いやらしくなくって、
登場人物の横恋慕や、意地悪な気持ちも、
「・・・」と思いつつも、大事に発展せずに、うまくおさまる・・・
それがこの監督の特徴な感じです☆

恋愛模様を中心に描いていると見せかけて
ホントは政治情勢をしっかり描写・・・
まぁこの場合、内戦的なモノで、そんなにも不穏当ではなかったけど。

(イタリア人がチャラいように)
フランス人は恋愛しか頭にないように見せていて、
でも、見ているうちに、それがどうでも良くなる・・・

というか、すっかり自分の頭の中身も
フランス風に塗り替えられます(爆)。


特に最後前、皆が将軍の真似してキス始めたりしたところ、(大爆)
ジプシーの切ない音楽・・・

将軍が元々の相手と、人生を始めると決めたところ、
そして、ところどころに、日本の品物や何やらがあって、
それらも良かったです。

メル・ファーラーが(珍しく)最初から最後まで良かったです。
ジャン・マレーさんもまぁまぁでした。

本当のラストには公女もホンモノの恋を見つけて、
ハッキリと「フランス国民は恋愛第一だ」という言葉と、
ヒナギク捨てて、お洒落な「Fin」でした~☆☆

おっと、Finの後に、もう一芝居(新聞記事)。
その後の顛末を分かりやすく!
ハイ、流石の監督作品でした~パチパチパチ♪



********************************



イングリッド・バーグマンという女優は、凄いですよね~!
いくつか出演作を見ていますので、今思うひとこと感想を書きたいと思います☆



1-107 カサブランカ
76年7月 テレビのオンエアをその場で鑑賞/10年11月 BSNHKを録画再見

ヘンな話でヘンな女でしたが「時の過ぎゆくままに」は最高です♪


1-351 オリエント急行殺人事件
80年11月 テレビのオンエアをその場で鑑賞/その後数回、鑑賞 

この役柄は質素なのに、よく演じて、似合っていました☆


1-397 秋のソナタ
82年4月 映画館にて鑑賞/10年7月 BS2を録画再見

これは年月が過ぎたらまた見たいです。 バーグマンはすごく うまかった。


1-405 凱旋門
83年1月 テレビのオンエアをその場で鑑賞

再見したいと思いつつ、機会がなく・・・。 いつか再見したいです。


1-432 追想
84年8月 テレビのオンエアをその場で鑑賞/10年4月 BSNHKを録画再見

アナスターシア、本物だと思いたいです♪ 相手役もグー☆


1-540 誰が為に鐘は鳴る
87年1月 テレビのオンエアを録画鑑賞/12年6月 BS3を録画再見

再見して良かった。こういう役柄も、迫力があって素敵♪


2-19 白い恐怖
97年5月 テレビのオンエアを録画鑑賞/10年11月 ムービープラスで録画再見

ヒッチさんのわりには良い作品で、バーグマンは良い役柄でした。


2-415 イタリア旅行
09年11月 BS民放を録画鑑賞

バーグマンってガタイがデカイのね・・・と思いました。
この監督との作品はこれしか見ていません。


2-430 ジャンヌ・ダーク
09年11月 セルDVDを鑑賞

「汚い言葉を使ってはいけない」私はいつも忘れないように努めています。


2-818 ガス燈
10年11月 昔BS2を録画したDVDを鑑賞

ボワイエさんが怖かったわ~! バーグマンは若い役柄も よく演じていました。


2-840 サボテンの花
10年11月 BS民放を録画鑑賞

コレは面白かった☆ 相手役との息もぴったり♪ 助演の彼女もグー!


2-1695 さよならをもう一度
12年6月 BS3を録画鑑賞

ヘンな映画で、ヘンな終わり方でしたね~。 好かん。


2-1822 恋多き女
12年9月 セルDVDを鑑賞

面白かった、すっごく☆ やっぱ監督サイコー♪



バーグマンは、思ったよりもずっと早くに他界していたんですね・・・
いろんな種類の作品に出演しているので
今後も彼女出演の作品を、見てゆきたいと思います。



*****************************



この記事は都合により再投稿しています。
以下、頂いたコメントです。



こんなにたくさん出ていたんですね!
知っている作品が多くてビックリしました。とくに「ジャンヌ・ダーク」はバーグマンだと気付かないまま観てたと思います。
…と思ったら、私が見たのは57年版か。そういえば小柄だった気がする(笑)
まあともかく、いろんな作品の彼女を観ていきたいと思わせる女優さんですよね~。

今日は「ゴッドファーザー」ですか。この曲のおかげで、作品の魅力が二倍にも三倍にもなってます。浸っちゃいます。

>「ココ・アヴァン・シャネル」 見ました☆

あれ、わたしこれ録画したっけ…?
もしかしたら気付かなくてスルーしちゃったかも。明日の「花咲ける騎士道」はばっちり予約しときます!

**************

「幸福(しあわせ)」はタイトルで選んだんですか~。miriさんのフランスセンサーが反応したんですね♪
いつか再見する事があったら、フランス映画らしさを堪能したいと思います。

VHSレンタルは観られるうちにやっとかないと、ですね。「アダムスファミリー」もVHSではレンタルしていた気がします。
dvd化してない名作の発掘を頑張って下さい♪
宵乃 | URL | 2012/09/27/Thu 12:15 [編集]
Re: こんなにたくさん出ていたんですね!



宵乃さん、こんにちは☆
いつもコメントを有難うございます☆

> 知っている作品が多くてビックリしました。とくに「ジャンヌ・ダーク」はバーグマンだと気付かないまま観てたと思います。
> …と思ったら、私が見たのは57年版か。そういえば小柄だった気がする(笑)
> まあともかく、いろんな作品の彼女を観ていきたいと思わせる女優さんですよね~。

ハイ、ガタイのデカイ美女です・・・
いろんな作品で今後も見たいですね~♪

> 今日は「ゴッドファーザー」ですか。この曲のおかげで、作品の魅力が二倍にも三倍にもなってます。浸っちゃいます。

ハイ、この曲でなければ全然違ったでしょうね~。

> >「ココ・アヴァン・シャネル」 見ました☆
> あれ、わたしこれ録画したっけ…?
> もしかしたら気付かなくてスルーしちゃったかも。明日の「花咲ける騎士道」はばっちり予約しときます!

ははは・・・お互い色々と録画ミスしますよね~。
まぁ、また再放送を期待して・・・。
ジェラールさまの映画は、またご鑑賞後にお話ししましょうね~♪

> **************
>
> 「幸福(しあわせ)」はタイトルで選んだんですか~。miriさんのフランスセンサーが反応したんですね♪

フランスセンサー・・・おほほほほ嬉しいです☆
ありがと!

> いつか再見する事があったら、フランス映画らしさを堪能したいと思います。

ハイ是非~。
そのためのテクニックとして、話の内容を気にしない・・・
彼らを宇宙人またはエイリアンまたは古代人だと思って、
その「外側」にあるモノを見ましょうね~♪

> VHSレンタルは観られるうちにやっとかないと、ですね。「アダムスファミリー」もVHSではレンタルしていた気がします。

私が利用しているところでは、その作品は今のところないのですが、
どんどん追加入荷してくるので、そのうち見られるかも?です!!!

> dvd化してない名作の発掘を頑張って下さい♪

ハイ、頑張ります!!!
では、明日から楽しみですね~♪
miri | URL | 2012/09/27/Thu 14:46 [編集]



実力付きの大スター
バーグマン>花に例えると鮮やかな紅のバラでしょうか。
最初、ひまわりを連想しましたが、ひまわりの陽性さはS・ローレンかな。

カサブランカ>世紀の美女認定!(自分基準~笑)
誰が為に鐘は鳴る>健気で可愛かった!(このバーグマンも大好き)
凱旋門>このメロドラマは自分向きじゃなかた。ベレー帽のバーグマンはこの作品でしたっけ?
白い恐怖>面白かった記憶は有るんだけど、バーグマンの記憶が・・・。(笑)
さよならをもう一度>サガンの世界は描けてたと思います、バーグマンも良かった、トニパキ適役、でも、ああいうマザコン男は大嫌い、ついでに働かない男も大嫌い!。(笑)
でも、観た当初(2年前)より今は印象が良くなっています。
サボテンの花>「カサブランカ」、「誰が為に鐘は鳴る」の次に好きな作品。
散々、ホーンに相撲を取らせておいて、それでいて最後は自分の映画にしてしまうのが流石。
(脚本がそうなっていても、観客にそれを納得させられるかどうかは当人の実力次第ですから)
オリエント急行殺人事件>大女優のオーラを消して演技したと言われるけど、ちょっと微妙、これは再見してみなければ判断しかねます。

奔放で「恋多き女優さん」でしたけど、偉大で大好きな女優さんです。
鉦鼓亭 | URL | 2012/09/27/Thu 23:15 [編集]



こんにちは。

今パパがいないので・・わかりませんが
ひょっとして見てないかもしれません?!!

確かめて・・見たいですねぇ~!^^

yamaneko | URL | 2012/09/28/Fri 06:10 [編集]



Re: 実力付きの大スター
鉦鼓亭さん、こんにちは☆
コメントを有難うございます☆

> バーグマン>花に例えると鮮やかな紅のバラでしょうか。
> 最初、ひまわりを連想しましたが、ひまわりの陽性さはS・ローレンかな。

あぁ、そうかもしれませんね~。
大輪の薔薇と、大輪の向日葵・・・

多くの男性を愛した女性と、ただ一人を貫いた女性、
良い対比ですが、演技はどちらもそれぞれ凄いですよね~♪

> カサブランカ>世紀の美女認定!(自分基準~笑)

キレイでした~♪
アスカパパさんも一番お好きな女優さんのようですよ~。

> 誰の為に鐘はなる>健気で可愛かった!(このバーグマンも大好き)

若かったですね!

> 凱旋門>このメロドラマは自分向きじゃなかた。ベレー帽のバーグマンはこの作品でしたっけ?

そうです、ハイ、再見したいです☆

> 白い恐怖>面白かった記憶は有るんだけど、バーグマンの記憶が・・・。(笑)

これは面白かったですし、彼女も良かったので、是非機会があれば再見なさってね♪

> さよならをもう一度>サガンの世界は描けてたと思います、バーグマンも良かった、トニパキ適役、でも、ああいうマザコン男は大嫌い、ついでに働かない男も大嫌い!。(笑)
> でも、観た当初(2年前)より今は印象が良くなっています。

男性に厳しくていらっしゃるので、はい・・・
まぁ全体的にヘンな話で、サガンなら納得です。

> サボテンの花>「カサブランカ」、「誰の為に鐘は鳴る」の次に好きな作品。
> 散々、ホーンに相撲を取らせておいて、それでいて最後は自分の映画にしてしまうのが流石。
> (脚本がそうなっていても、観客にそれを納得させられるかどうかは当人の実力次第ですから)

仰るとおりですね~全体的にとても良い作品でした☆

> オリエント急行殺人事件>大女優のオーラを消して演技したと言われるけど、ちょっと微妙、これは再見してみなければ判断しかねます。

そうですね、地味で質素で、あの中でも特に目立たない、、、
とても「女優魂」的なものを感じる、静かな燃える演技で、
今回「恋多き女」を見るまでは、彼女の出演作では(彼女を)一番好きな作品でした♪

> 奔放で「恋多き女優さん」でしたけど、偉大で大好きな女優さんです。

本当にそうですね~。
代わりになるヒトは、いませんです、はい☆
miri | URL | 2012/09/28/Fri 08:26 [編集]



春名山猫ママさん、こんにちは☆
コメントを有難うございます☆

> 今パパがいないので・・わかりませんが
> ひょっとして見てないかもしれません?!!
>
> 確かめて・・見たいですねぇ~!^^



最初、へんなコメントかと誤解しましたよ~(大爆)!
あ、ママさんだとわかって安心☆☆☆

ハイこの作品はとても良かったので、是非ご鑑賞くださいね~♪
miri | URL | 2012/09/28/Fri 08:28 [編集]




<<(2-1625)  かもめの城  (2回目)   | BLOG TOP | 2-1821  セカンドバージン >>

comment

おはようございます

  1. 2013/05/25(土) 09:39:01 |
  2. URL |
  3. 宵乃
  4. [ 編集 ]
「白い恐怖」観ました!
”ヒッチさんのわりに”というところで噴きました(笑)
なかなか面白い作品でしたよね。バーグマンの演技も良くて、仕事→恋一筋への変化が見事でした。
ただ、この状況であそこまで信じぬけるヒロインはちょっと現実離れしていて感情移入できません。ヒッチさんの作品のヒロインはそういうのが結構多くて、一歩引いた感じで観てしまいます。

あと、鍵コメありがとうございます。まさかあれに気付いてしまうとは…さすがmiriさん。映画センサーが鋭いですね!
自分でも驚きの感想になってしまったので、早く記事を仕上げたかったんです。miriさんも驚かれるかも。

「落下の王国」の事も教えて下さってありがとう。心構えが出来ていれば割と大丈夫なので、どんな感想になるかはわからないけど観たいと思います!

チャップリンの短編は画質が本当に残念でしたね。
一作目は追いかけっこがしたいだけという内容で、どうして数ある中からこれを選んだのだろう?と思いました。
「ノックアウト」はわざわざ弁士の方まで「作品は酷かったけどチャップリンは良かったと言われていた」と説明していて、主役の方が観たら泣きそうです(笑)
もっとたくさんやってほしいなぁ。

宵乃さん、こんにちは☆

  1. 2013/05/25(土) 13:44:25 |
  2. URL |
  3. miri
  4. [ 編集 ]
コメントを有難うございます☆

> 「白い恐怖」観ました!
> ”ヒッチさんのわりに”というところで噴きました(笑)

あ、そうでしたか~!
整合性が取れている作品だったのでね~(笑)。

> なかなか面白い作品でしたよね。バーグマンの演技も良くて、仕事→恋一筋への変化が見事でした。

いつも通りに「キチンと」とらえていらっしゃいますね~。
そういう作品だったと思います☆

> ただ、この状況であそこまで信じぬけるヒロインはちょっと現実離れしていて感情移入できません。ヒッチさんの作品のヒロインはそういうのが結構多くて、一歩引いた感じで観てしまいます。

そうでしたか・・・
まぁ製作年代が随分昔ですので、
ヒッチさん以外でもそういう女性観は多かったのかもしれませんね~。

私は、ヒッチさんの事を思うといつも、プライベイトは平穏無事なまとも人間過ぎるので
創作の中で、異常な人格を楽しんで発散していたように思います(爆)。

> あと、鍵コメありがとうございます。まさかあれに気付いてしまうとは…さすがmiriさん。映画センサーが鋭いですね!

ほほほほほ・・・一瞬目を疑いました。

> 自分でも驚きの感想になってしまったので、早く記事を仕上げたかったんです。miriさんも驚かれるかも。

短編集を見ながらのイラスト描きには、深い深い意味があったのですね~!!!
宵乃さんも「映画バイアス」が、かなり!!!

> 「落下の王国」の事も教えて下さってありがとう。心構えが出来ていれば割と大丈夫なので、どんな感想になるかはわからないけど観たいと思います!

そろそろオンエアがある頃かも~?と思い、書かせて頂きました。
失礼いたしました☆

> チャップリンの短編は画質が本当に残念でしたね。
> 一作目は追いかけっこがしたいだけという内容で、どうして数ある中からこれを選んだのだろう?と思いました。
> 「ノックアウト」はわざわざ弁士の方まで「作品は酷かったけどチャップリンは良かったと言われていた」と説明していて、主役の方が観たら泣きそうです(笑)

ハイ、全部同感です!

> もっとたくさんやってほしいなぁ。

ハイ、もっとやってほしいです!
教えて頂いたので、見られました、大感謝です♪
今後もお互いオンエア情報、発信いたしましょう~!!!


************************


「ニューヨークの王様」ですけど、彼の長編の中では、ほぼサイテーの作品です。

「夜の騎士道」ですけど、監督にも主演にも、ほぼ一番良くない方の作品ですので・・・

なんで上記のようなのばっかりがオンエアになるんだろう?と、苦々しい思いです。
まぁ、そういう小ネタを知って頂いて見て頂ければ・・・と思います。

  1. 2014/05/02(金) 14:07:31 |
  2. URL |
  3. 宵乃
  4. [ 編集 ]
こんにちは!
残念ながら、この作品とこのバーグマンはあんまり好みじゃなかったです。
軽い恋愛ものを見たい気分だったので、政治関係が絡んできてめんどくさくなっちゃったんですよね。
彼女も何を考えているのかいまいちわからなかったです。
音楽もあまり楽しめなくて、もしかしたらジャン・ルノワール監督とは相性が悪いのかも。
…っていうかこれコメディだったんですね~。

>おっと、Finの後に、もう一芝居(新聞記事)。
その後の顛末を分かりやすく!

ここはわかりやすくてホントよかったです。
一番ホッとできるシーンでした。

宵乃さん、こんばんは☆

  1. 2014/05/02(金) 19:54:38 |
  2. URL |
  3. miri
  4. [ 編集 ]
コメントを有難うございます☆

> 残念ながら、この作品とこのバーグマンはあんまり好みじゃなかったです。
> 軽い恋愛ものを見たい気分だったので、政治関係が絡んできてめんどくさくなっちゃったんですよね。
> 彼女も何を考えているのかいまいちわからなかったです。

ひと言感想を書かれていましたよね~。
残念ですが、仕方ないです~☆

> 音楽もあまり楽しめなくて、もしかしたらジャン・ルノワール監督とは相性が悪いのかも。
> …っていうかこれコメディだったんですね~。

まぁ誰にでも合わない作品とかありますものね~!

> >おっと、Finの後に、もう一芝居(新聞記事)。
> その後の顛末を分かりやすく!
> ここはわかりやすくてホントよかったです。
> 一番ホッとできるシーンでした。

まぁ1か所でも良い点があって良かったです☆
では、今からお邪魔いたします☆


.
 
 管理者にだけ表示を許可する
 


このブログ内の検索フォームです

私のプロフィールです 

miri

Author:miri
古今東西、色々な映画が好きです♪
一番好きなのは、1930~50年代のフランス映画です。

カテゴリです❀

1975年からの記録(記事追加中です)

ネタばれについての、お知らせです。

感想文の中で映画の内容について深く触れている場合は、必ず大きな色文字でお知らせしています。 また、感想文の途中の一部分のみのネタばれの場合は、白抜きの隠し文字(反転で読めます)にしてあります。 ただ、申し訳ありませんがその白隠し文字は携帯(スマホ)では見えてしまいます(ペコリ)。 最後に、2008年以前の文章については、配慮はしてありません(ペコリ)。

« 2019 12  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -