FC2ブログ

映画鑑賞の記録

私の映画感想文と、映画に関する文章などです。


178・地獄に堕ちた勇者ども

  1. 1977/06/19(日) 23:00:00_
  2. ルキノ・ヴィスコンテイ
  3. _ comment:4
地獄



映画鑑賞の記録 1
(誤字・脱字・間違った情報等も・そのまま、ノートを転記しただけの記録です)
(その後 ネットで調べたりして 分かった事は、追記してゆきます)

ココから下が転記の内容です。



【   】

1977年6月19日(日) PM9:00~10:50 (高2)
監督 ルキノ・ヴィスコンティ
主演 イングリット・チューリン

カラーでみたい、ベニスに死すを思い出す




 
.


感想 なんとも いえんねぇ ナチスが関係しとるのか どーか
    ホントに ナチスのために 人々の心が こんなに 狂ったのか
    どうか わからないけれど 狂ってる
    ひどい世界、2次大戦 貴族
    なんて人々! 人をおとしいれ だまし はては ゲシュタポ
    収容所 死・・・ いやな いやな 世界
    10才にも みたない 女の子に なんて思いをさせるの?
    わかんない・・・気分がスカッと しすぎなくって・・・
    あったまきちゃう!



**************************



2009年4月:追記

ヴィスコンティの作品は、ここまで3作品テレビで
(ベニスに死す、夏の嵐、地獄に堕ちた勇者ども)
この後、3作品、映画館で見ていますが
(家族の肖像、ルードヴィッヒ ~神々の黄昏~、山猫)

テレビで見た分は、いまひとつ良く分からなくて
特にこの作品はキライでした。
映画館で見た分は、全部良かった。(?すごかった)

・・・きっと年齢も関係していると思います。
あんまり若すぎても、この人の作品は「わかんない」と思います。

特に「美しい」という感覚は、
ある程度の年齢(20歳ころ以上?)にならないと
本当のところは分からないような・・・
まぁ人によるでしょうけど、私は鈍感な方だったので・・・。

難しいですね、ヴィスコンティ・・・
でもイタリア映画監督では、多分一番好きです☆



**************************



http://www.allcinema.net/prog/show_c.php?num_c=9703

原題:LA CADUTA DEGLI DEI
製作年・国:1969年・イタリア/西ドイツ/スイス



再見時等の感想はこちら

地獄に堕ちた勇者ども(69・伊/西独)(2回目) ・・・ 1-178 
地獄に堕ちた勇者ども(69・伊/西独)(殿堂入り) ・・・ 1-178 




<<179・騎兵隊 | BLOG TOP | 177・怒りの荒野>>

comment

こんばんわ

  1. 2009/04/21(火) 20:50:41 |
  2. URL |
  3. Mardigras
  4. [ 編集 ]
こんばんわ。はじめてコメントさせていただきます。
サイさんは、若い頃から本当に、ジャンルの区別なくいろいろご覧になられていますね。

私はこの映画、ほんの1年くらい前に観ました。ヘルムート・バーガー、グロテスクでしたね。ヴィスコンティの中でも、毒々しさの際立っている映画で、彼の映画に退廃的っていうレッテルが貼られているのは、この映画あたりのイメージなんだな、、、ということがよ~くわかりました。強く印象に残っているのは、湖畔の山荘でナチの兵士たちが折り重なって酔いつぶれてるシーン。「ルートヴィヒ」でも似たようなシーンがありましたが、腐った匂いが漂ってくるような気のする強烈な映像でした。

それでは失礼します。

こんにちは☆

  1. 2009/04/22(水) 10:13:30 |
  2. URL |
  3. サイ
  4. [ 編集 ]
Mardigrasさん、ようこそ~!先日は有難うございました。

> サイさんは、若い頃から本当に、ジャンルの区別なくいろいろご覧になられていますね。
特に信条的なものもなく、怖い作品(ホラー系)以外は何でも見ました。
中3の女子でマカロニ・ウエスタンに狂っていたのも、珍しいことと思います。
すいません、自分の話ばっかりで。

>ヴィスコンティの中でも、毒々しさの際立っている映画で、彼の映画に退廃的っていうレッテルが貼られているのは、この映画あたりのイメージなんだな、、、
本当にそうですね・・・今「この作品を見ろ」と言われたら、どうするかな?
でも、もう高校生ではないので、挑戦しても良いかも?

つい先日「夏の嵐」がBSアナログで放送され、録画しました。
近日中に見たいと思います。
「白夜」もオンエアされ、ヴィスコンティとは知らずに見ました。
あんまり・・・良くなかったかな?マリア・シェルは可愛いから好きですが・・・。

これからも是非、お立ち寄りください。
Mardigrasさんのブログは、いつもイラストにため息をついて
読ませてもらっています。
作品数を限らずに、ず~っと、いつまでも、アップをお願いします☆

観たはずなんだけど

  1. 2012/07/20(金) 10:36:45 |
  2. URL |
  3. 宵乃
  4. [ 編集 ]
まったく記憶にないんですよ~。miriさんもお嫌いなようだし、内容的にも疲れそうだし、再見する気も起きません。
好きなイタリア映画監督でパッと名前が思い浮かぶのは、セルジオ・レオーネと、ホラーのアルジェント監督かなぁ。ルキノ・ヴィスコンティ監督は疲れる作品というイメージが強いです(笑)

今日は「小さな恋のメロディ」ですね。大人になってから一回観たきりの作品なんで、思い入れとかはないですけど、甘酸っぱい思いが蘇ってくるようなメロディでした。

>映画監督とは、自分の為だけに映画を作れる お幸せな職業なんですね~(爆)。 

作品は未見ですが、これには笑ってしまいました。大御所監督ならなおさら自由にやってそうですよね~。

>ところで昆布は塩分が取れるからですか?
だし昆布は、ただ食べるだけでも美味しいですしね!

熱中症対策には、こまめな水分補給と、塩分やミネラルの摂取が必要なんだそうです。昆布茶でもいいんですけど、いつも水を水筒で持ち歩いているので、だし昆布にしてみました。美味しいし、食物繊維たっぷりなのも嬉しいです。

Re: 観たはずなんだけど

  1. 2012/07/20(金) 13:25:01 |
  2. URL |
  3. miri
  4. [ 編集 ]
宵乃さん、こんにちは☆
いつもコメントを有難うございます☆

> まったく記憶にないんですよ~。miriさんもお嫌いなようだし、内容的にも疲れそうだし、再見する気も起きません。

おぉ~ごめんなさ~い!
昨年2月に再見し、今ではヴィスコンティ監督の中で
一番の出来と思う作品です☆

再見時の記事のリンクさせて頂いたので、
お時間頂けたらお願いします。

きっと宵乃さんもいつか再見なさったら
初見時とは違う感想を持たれるような気がします。
良い機会がありますように・・・と、思います☆

> 好きなイタリア映画監督でパッと名前が思い浮かぶのは、セルジオ・レオーネと、ホラーのアルジェント監督かなぁ。ルキノ・ヴィスコンティ監督は疲れる作品というイメージが強いです(笑)

セルジオ・レオーネ!なんとまぁ懐かしい(うるうる)
中3の最初の頃一番たくさん見ていた監督だと思います!

ホラーの監督はちょっと分からないです。
最近はエットーレ・スコラという監督さんが好きになってきました。
「マルチェロ・マストロヤンニ 甘い追憶」にも出ていらっしゃいました。

> 今日は「小さな恋のメロディ」ですね。大人になってから一回観たきりの作品なんで、思い入れとかはないですけど、甘酸っぱい思いが蘇ってくるようなメロディでした。

私はこの「若葉のころ」も、他の歌手(って、アグネス・チャンですけど(爆))
で知っていました。歌い方も違います(爆)。

映画の方は・・・私はあんまり想い入れないですけど(笑)。
私の夫の想い出の映画の一つのようです。

この映画では、主題歌の方が有名で、一般には好かれていますが、
私はこの歌の方が好きで、なんとなく分かる英語の意味を聞いても
泣けてくるような、そんな歌です。
甘酸っぱい・・・そんな感じもありますね♪

> >映画監督とは、自分の為だけに映画を作れる お幸せな職業なんですね~(爆)。 
> 作品は未見ですが、これには笑ってしまいました。大御所監督ならなおさら自由にやってそうですよね~。

「アマルコルド」には、ちょっとビックリしました。
というか、見ていると、あぁそういう事なんだろうな~と思い、
元々あんまり好きでもない監督なので、ぷっつん来ました(爆)。

> 熱中症対策には、こまめな水分補給と、塩分やミネラルの摂取が必要なんだそうです。昆布茶でもいいんですけど、いつも水を水筒で持ち歩いているので、だし昆布にしてみました。美味しいし、食物繊維たっぷりなのも嬉しいです。

私は、だし昆布はちょいちょい食べますが(季節関係なし)
宵乃さんにはいつも頭が下がります・・・。

***********************************

「LAコンフィデンシャル」見ました☆
今夜中に記事をアップしますね~。
予定場所は、こちらです → http://saisenseisuki.blog97.fc2.com/blog-entry-2040.html

では、明日、お話させて頂く事を楽しみにしています♪
 
 管理者にだけ表示を許可する
 


このブログ内の検索フォームです

私のプロフィールです 

miri

Author:miri
古今東西、色々な映画が好きです♪
一番好きなのは、1930~50年代のフランス映画です。

カテゴリです❀

1975年からの記録(記事追加中です)

ネタばれについての、お知らせです。

感想文の中で映画の内容について深く触れている場合は、必ず大きな色文字でお知らせしています。 また、感想文の途中の一部分のみのネタばれの場合は、白抜きの隠し文字(反転で読めます)にしてあります。 ただ、申し訳ありませんがその白隠し文字は携帯(スマホ)では見えてしまいます(ペコリ)。 最後に、2008年以前の文章については、配慮はしてありません(ペコリ)。

« 2019 09  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -