FC2ブログ

映画鑑賞の記録

私の映画感想文と、映画に関する文章などです。


(1-275)  旅芸人の記録  (2回目)

  1. 2013/01/16(水) 23:30:00_
  2. テオ・アンゲロプロス
  3. _ comment:0
再見  O THIASSOS  (旅芸人の記録)  1975年・ギリシア



テオ監督DVD-BOX




 
.


2013年1月16日(水)  12月に買ったDVD

監督 テオ・アンゲロプロス

感想
この作品はやはり少し近代ギリシア史について勉強してから見ないと
せっかく4時間も使うのに「わかんない」では、つまんないですからね~。

私も偉そうなことは言えないけど、初見時は高校を卒業して
まだ日も浅くて、世界史が好きだったから、色々と覚えていたし、
そのノートを読んだり、買ったパンフレットを読んだけど、
もう一度見れば よく分かると思う、と思いつつ、もう、うん十年の月日が過ぎました。

今回はネットという便利なモノがあるから、一応少し調べて
あらすじはよくよく読みながら、鑑賞しました。
そしたら、すじそのものはよく分かりました。

初見時のフィルムが あんまり良くなかったように覚えていて、
今回は美しくて良かったけど、一部夜のシーンが暗くて見にくかったので、
いずれ出るBDを買う事になるのかな~???困った。

どちらにしても昨年監督が亡くなってしまい、それ以前とは
ギリシア映画そのものが変わってしまいますよね・・・残念。

そして初見時感想は実に素直で、
再見後に読んだら(自分の感想文が)とっても分かりやすかったです。

お話の中身の時間は、13年間・・・

19歳の自分から見たらほぼ(記憶にある)人生全ての時間だったから
すっごく長く感じたのでしょうけど、

今の私から見たら、13年間なんてあっという間で、
(平成12年、西暦2000年なんて ある意味では昨日の事のよう)

今回は初見時とは違う意味で、そんな短い(ような長いような)13年間に
これだけの忙しいというか、入れ替わり立ち替わりの、権力者に
従わなければならない、しかも根無し草の人々だもの、
すごい映画だな~と思いました☆

旅芸人の記録、としたのは、一ヶ所に住む普通の人の記録ではないからで、
そういう普通の人でも、この時代のギリシアを生き抜くのは
本当にたいへんなことだったと思うけど、
(今現在もけっこうタイヘンな国ですよね~)

根無し草だからこそ、の悲哀があるし、
彼らの私生活も(政治状況と絡み合って)非常に重要な意味合いを持つから、

まぁ2つだけ言わせてもらうと、

ひとつ目は母親ですね、あぁいうオンナって
いつの時代もいますよね・・・どうしようもないのでしょうね、本人自身も。

あと、人物は遠景が多く、見わけもつきにくいこの作品の中で、
2ヶ所だけ、ハッキリと顔が大写しで独白するシーンがありまして、
そこが言いたいことの中でも特に大きな事だったんだろうな~と思いました。

やっぱりラストシーンは秀逸でした。
ココから始まる・・・。


で、いつもの ほとんど曇天、良い季節がないこと
長回しと、人間や風景の映し方・・・
この監督の作風が嫌いな方には見にくい作品だと思います。



再見して良かった、まだまだ思ったことはいっぱいあるけど、
長くなるのでここまでにします、
読んで下さり有難うございました。

(買ったのでいつでも見られるので、またいつか見ます・・・)




<<2-2003  フラットライナーズ | BLOG TOP | 2-2002  プチ・ニコラ>>

comment

 
 管理者にだけ表示を許可する
 


このブログ内の検索フォームです

私のプロフィールです 

miri

Author:miri
古今東西、色々な映画が好きです♪
一番好きなのは、1930~50年代のフランス映画です。

カテゴリです❀

1975年からの記録(記事追加中です)

ネタばれについての、お知らせです。

感想文の中で映画の内容について深く触れている場合は、必ず大きな色文字でお知らせしています。 また、感想文の途中の一部分のみのネタばれの場合は、白抜きの隠し文字(反転で読めます)にしてあります。 ただ、申し訳ありませんがその白隠し文字は携帯(スマホ)では見えてしまいます(ペコリ)。 最後に、2008年以前の文章については、配慮はしてありません(ペコリ)。

« 2019 10  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -