FC2ブログ

映画鑑賞の記録

私の映画感想文と、映画に関する文章などです。


2-1902  どん底

  1. 2012/11/07(水) 22:30:00_
  2. ジャン・ルノワール
  3. _ comment:4
LES BAS-FONDS  (どん底)  1936年・フランス



どん底 洋画




 
.


2012年11月7日(水)  セルDVD

監督 ジャン・ルノワール
主演 ジャン・ギャバン (ペペル 役)
    ルイ・ジュ―ヴェ (男爵 役)

感想
ルノワール監督の特性は特に感じられなかったな・・・
でも良い映画でした。
原作とはずいぶん違うらしく、どん底の感じがユル過ぎるらしいけど
この際、イイじゃんと思います。
ギャバンはいつもより好感、ちょっと可愛い感じだったかも?

この映画は、まぁ、ルイ・ジュ―ヴェの作品ですね☆
とても好きな俳優さんだけど、今回調べたら舞台人で
映画は“嫌いだけど、お金の為に出演していた”らしく、ビックリ。

「北ホテル」が一番好きだな~。
「旅路の果て」は、すごかった。
「舞踏会の手帖」他は、パッとは思い浮かばない。
そしてこの映画では、インパクトあり過ぎ!!!

彼の演ずる男爵と、ギャバンのペペル(!)が、
草むらで(!)のんびりとしているところや、

二人の出会い・・・泥ちゃんもお金のない家ではね~で、
語り明かすなんてお洒落だし、

いろんなシーンで、ベタベタせずに、
サッパリとした友情を見せてくれて良かったです☆


原作とか、別の作品とか、見たくないです。
このおおらかな「どん底」大好きです♪

・・・ラストシーンって、「モダン・タイムス」と、ほぼ一緒ですよね~
同年製作作品だけど・・・
どっちがパクったか?って、答えは出ているけど、まぁ今回は言わぬが花でしょう(爆)
チャーリーのファンの皆さま、ごめんなさいね!
でもね「自由を我等に」の件もあるしね~(笑)。




<<2-1903  無宿 | BLOG TOP | 2-1901  BAR(バール)に灯ともる頃>>

comment

未見ですけど

  1. 2012/11/11(日) 09:27:14 |
  2. URL |
  3. 鉦鼓亭
  4. [ 編集 ]
 miriさん、おはようございます

「どん底」は、いつか記事にしようと思ってた作品、先を越された・・・。
と言っても、僕の方はご推察の通り「黒澤版」ですけど。(笑)
こっちは未見です。(汗)

原作とか、別の作品とか、見たくないです。
このおおらかな「どん底」大好きです♪
>なので、ここはお互い「好み」優先でいきましょう。
僕はシニカルでヤケクソ・エネルギーに溢れた「どん底」が好きです。(笑)
黒澤版は驚くほど台詞も原作通りらしいのですが、不思議な事に僕には
黒澤版「人情紙風船」(山中貞夫)に見えるんですよ。

miriさんの記事を読んで思ったこと。
どうも「どん底」は主役が割を食う作品らしい。(笑)
仏版では男爵のルイ・ジューヴェが目立ってましたか。
黒澤版では巡礼(遍路・左卜全)、もしくはサーティン(遊び人・三井弘次)かな。
その次が三船敏郎で、男爵(殿様・千秋実)は、その次くらいの目立ち方でした。

Re: 未見ですけど

  1. 2012/11/11(日) 18:48:43 |
  2. URL |
  3. miri
  4. [ 編集 ]
鉦鼓亭さん、こんばんは☆
コメントを有難うございます☆

> 「どん底」は、いつか記事にしようと思ってた作品、先を越された・・・。
> と言っても、僕の方はご推察の通り「黒澤版」ですけど。(笑)
> こっちは未見です。(汗)

えへへへへ・・・バレたか(笑)。
鉦鼓亭さんのブログに、まだアップされていないことを確認してから、記事にしました。
私はとっても根性が悪いので、お許し下さいね~(爆)。

> 原作とか、別の作品とか、見たくないです。
> このおおらかな「どん底」大好きです♪
> >なので、ここはお互い「好み」優先でいきましょう。

ハイ、ごめんなさい、ここも完全に意識して書いていました(爆)。
あ~バレバレ~!

> 僕はシニカルでヤケクソ・エネルギーに溢れた「どん底」が好きです。(笑)
> 黒澤版は驚くほど台詞も原作通りらしいのですが、不思議な事に僕には
> 黒澤版「人情紙風船」(山中貞夫)に見えるんですよ。

そうですか~黒澤監督はあんまりたくさん見ていなくて・・・
しかし「人情紙風船」に見えると聞いては黙っておれない!
見なくては! 「どん底」いつか必ず!!!(もしかして、罠?)

> miriさんの記事を読んで思ったこと。
> どうも「どん底」は主役が割を食う作品らしい。(笑)
> 仏版では男爵のルイ・ジューヴェが目立ってましたか。
> 黒澤版では巡礼(遍路・左卜全)、もしくはサーティン(遊び人・三井弘次)かな。
> その次が三船敏郎で、男爵(殿様・千秋実)は、その次くらいの目立ち方でした。

そうですか~!
こっちの映画ではファーストシーンが男爵の立ち姿だったので
(すっごく似合って素敵☆)印象深く・凄いと思いました。

そうか~三船さんね~う~ん、いつか、必ずですね!
鉦鼓亭さんは、それまでに記事をアップしましょうネ~(笑)。

  1. 2013/12/16(月) 21:26:16 |
  2. URL |
  3. マミイ
  4. [ 編集 ]
miriさん、こんばんは。
「オペラ座の怪人」は録画したもののまだ観れそうにないです(>_<)

>原作とはずいぶん違うらしく、どん底の感じがユル過ぎるらしいけど、
>この際、イイじゃんと思います。
私も同感です!
ほぼ同じことを自分の記事にも書いています。

>この映画は、まぁ、ルイ・ジュ―ヴェの作品ですね☆
まさしくその通りですね。
私は今回この二人をイラストに描いたのですが
ジャン・ギャバンはテキト~に描いてしまいました(^^;

上の写真が普段のお姿なんですね。
生真面目そうにも見えますが、どんな感じの人なんでしょうね?
>「北ホテル」が一番好きだな~。
>「旅路の果て」は、すごかった。
この二作品は未見なので、いつか必ず観てみたいと思います。

マミイさん、こんにちは☆

  1. 2013/12/17(火) 15:01:53 |
  2. URL |
  3. miri
  4. [ 編集 ]
コメントを有難うございます☆

> 「オペラ座の怪人」は録画したもののまだ観れそうにないです(>_<)

ごゆっくりお楽しみくださいませ~♪

> 私も同感です!
> ほぼ同じことを自分の記事にも書いています。

同じで嬉しいです☆
後ほどお邪魔させて頂きますね~。

> まさしくその通りですね。
> 私は今回この二人をイラストに描いたのですが
> ジャン・ギャバンはテキト~に描いてしまいました(^^;

ほほほ・・・俳優二人、仕方ないですよ、そうなるのは!

> 上の写真が普段のお姿なんですね。
> 生真面目そうにも見えますが、どんな感じの人なんでしょうね?
> >「北ホテル」が一番好きだな~。
> >「旅路の果て」は、すごかった。
> この二作品は未見なので、いつか必ず観てみたいと思います。

う~ん、私生活は知りませんが、
映画の中では、マジ「イイ男」です。

うまく例えられないけど、一番良い時期の健さんとか???
いやまぁ、それはマミイさんご自身のお目々でお確かめ下さいませ~☆


.
 
 管理者にだけ表示を許可する
 


このブログ内の検索フォームです

私のプロフィールです 

miri

Author:miri
古今東西、色々な映画が好きです♪
一番好きなのは、1930~50年代のフランス映画です。

カテゴリです❀

1975年からの記録(記事追加中です)

ネタばれについての、お知らせです。

感想文の中で映画の内容について深く触れている場合は、必ず大きな色文字でお知らせしています。 また、感想文の途中の一部分のみのネタばれの場合は、白抜きの隠し文字(反転で読めます)にしてあります。 ただ、申し訳ありませんがその白隠し文字は携帯(スマホ)では見えてしまいます(ペコリ)。 最後に、2008年以前の文章については、配慮はしてありません(ペコリ)。

« 2019 08  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31