FC2ブログ

映画鑑賞の記録

私の映画感想文と、映画に関する文章などです。


10月に見たイタリア映画(合作含む)たち・・・。

  1. 2012/11/01(木) 07:00:40_
  2. 外国人監督作品が複数ある記事
  3. _ comment:5
イタリア語をよく聞いた10月でした。
ひと言感想を書きます☆



↓ これは「ダヴィアーニ監督作品」のDVDです。

ダヴィアーニ監督作品




 
.


☆ 殺し ☆ 新記事はこちら ・・・ 2-1871
 

ベルナルド・ベルトリッチ監督のデビュー作。
ところどころ分かりにくい表現もあったけど、
21歳でコレを作ったと思えば、あんたマジ?と聞きたい。
見て良かったです。



☆ 情事 ☆ 新記事はこちら ・・・ 2-1862
 

ミケランジェロ・アントニオーニ監督のまぁまぁ早期の作品。
このヒトはね~~~。
でもまぁ主演の女優さんは良かった。
話の流れ的に、ラストシークエンスは、どうにかならなかったのか?と思います。
そしてやはり心配するのは親だけだと言う事がハッキリしました。



☆ 女の都 ☆ 新記事はこちら ・・・ 2-1859
 

フェデリコ・フェリーニ監督のかなり後期の作品。
まぁ簡単に言えば「8 1/2」のできそこない(爆)。
そしてどうしても「自分」を入れたいのだな~と、
可哀想になってきました(大爆)。
ラストも思った通り(残念という意味の)ため息しか出ない。



☆ 靴みがき ☆ 新記事はこちら ・・・ 2-1849


ヴィットリオ・デ・シーカ監督の初期の作品。
コレは良かった。「自転車泥棒」よりずっと良かった。
最後の顛末は悲しいけれども、この作品はそういうことではなく、
戦争直後のセミ・ドキュメンタリー的な感じで、
イタリア人の熱い・暑い・あっつーい、気持ちを感じます。



☆ 父/パードレ・パドローネ ☆ 
新記事はこちら ・・・ 父/パードレ・パドローネ(77.伊) ・・・ 2-1872
☆ ある貴婦人の恋 ☆ 新記事はこちら ・・・ ある貴婦人の恋(1996・伊/仏) ・・・ 2-1882  
☆ 笑う男 ☆ 新記事はこちら ・・・ 笑う男(98・伊) ・・・ 2-1893
 

ダウィアーニ兄弟監督の作品。
「グッドモーニング・バビロン!」が好きで期待して見たのですが、

「父/パードレ・パドローネ」はいまひとつでした。
見方にもよるかもしれませんが、これが事実を元にしているので
あまりにも現代の感覚と違い、恐ろしい。。。

「ある貴婦人の恋」は良かったです。
好き嫌いもあると思うけど、19世紀初めとはもう200年も前の事だし、
ゲーテというヒトをよく知りませんが、いかにもこういうのを書きそうですよね~。

「笑う男」は意味不明な作品でした。
ネットで、あるヒトの感想を読み、ようやく納得しました。
凄いヒトが居るもんだと、感心しましたが、

私にとってはやっぱりこの兄弟監督は今のところ
「グッドモーニング・バビロン!」だけの人達だと思います、残念☆




<<2-1897  ブロンテ姉妹 ☆ | BLOG TOP | 2012年10月の映画鑑賞についてのまとめ>>

comment

どれも観たことないっぽいです

  1. 2012/11/01(木) 11:13:06 |
  2. URL |
  3. 宵乃
  4. [ 編集 ]
「靴みがき」が良さそうですね。機会があったら観てみたいけど、悲しいお話のようなので覚悟しておきます。

>そしてどうしても「自分」を入れたいのだな~と、可哀想になってきました(大爆)。

あはは、そういうひとなんだ~。作品数はそう多くもないのに、それでもそう感じるという事は、本当に自己主張の激しい人だったということかな。

あと「GANTZ」面白かったですか~。いちおうアニメは観たことがあるけど、エログロで気分悪かったです。映画は原作を大幅に改編したそうなので、いつか挑戦してみます。

****************

>それと淀川さんは、たいてい普段からずっと 暴走しているヒトだったように、今となれば思います(爆)。

あれ、そうだったんですか!
映画への愛がほとばしりすぎてたんでしょうか。それが共感を呼んだのかもしれません。

>いろんな人が色々と絡みあっての仕事、監督名だけでは分からないあれこれ、

そうそう、そういうところを見せてくれる映画として興味深く観られました。なんで吹き替えだったんだろ?

あと、鍵コメありがとうございました。とんでもない勘違いで(笑)
忘れ去ってたお父さんに申し訳ないです…。

  1. 2012/11/01(木) 13:48:44 |
  2. URL |
  3. マミイ
  4. [ 編集 ]
miriさん、こんにちは。

>21歳でコレを作ったと思えば、あんたマジ?と聞きたい。
>見て良かったです
実は「殺し」気になってたんですけど、録画できなかったんです。
今月も来月も放送はなさそうです。
次の機会には必ず観てみようと思います!

どうでもいいですが、録画しようとは思っていて
映画の鑑賞スケジュールを管理してるメモ帳に「○日 殺し」って書いてあって、
ちょっとだけ殺し屋気分を味わいました。笑

Re: どれも観たことないっぽいです

  1. 2012/11/01(木) 18:35:42 |
  2. URL |
  3. miri
  4. [ 編集 ]
宵乃さん、こんばんは☆
いつもコメントを有難うございます☆

> 「靴みがき」が良さそうですね。機会があったら観てみたいけど、悲しいお話のようなので覚悟しておきます。

昔「自転車泥棒」なども、今でいうBS3でオンエアしたので、期待できますね!
悲しい・・・ラストはそうなのですが、全体的には「みなぎる力」敗戦国でも日本とはちょっと違うな~って感じを受けました。

> あはは、そういうひとなんだ~。作品数はそう多くもないのに、それでもそう感じるという事は、本当に自己主張の激しい人だったということかな。

まぁ良い作品になればそれも良いのでしょうけど、
色々と「くどい、あんた、くどすぎる」って思ってしまうので・・・
まぁ見る側の(私の)問題かもしれません・・・ごめんチャイ。

> あと「GANTZ」面白かったですか~。いちおうアニメは観たことがあるけど、エログロで気分悪かったです。映画は原作を大幅に改編したそうなので、いつか挑戦してみます。

この件ですが、ネットで感想を読んだら、
原作を知る人・好きな人・ほど、違いにムカついているようですね・・・。

それで思い出したのですが、宵乃さんが「蟲師」の事で仰っていた事、
私が金田一テレビシリーズや映画で、原作との違いで思う事・・・
それらを考えますと、

やはり「映画は映画として、原作を知っていない人は心から楽しんで、知っている人は片目をつぶって楽しむ」くらいの感じが良いのではないでしょうか???

私が喜ぶ程度のおぞましさなので、エログロのうち、エロは全くなかったし、
グロも多分ゼロに近い作品だと思います。
続編も今月中には見られると思いますが、原作もアニメも知らない人間として、こころから楽しみます☆

> ****************

> あれ、そうだったんですか!
> 映画への愛がほとばしりすぎてたんでしょうか。それが共感を呼んだのかもしれません。

う~ん、今思うと、ですので、つまりは、あの時代は今よりもずっと、プロの淀川さんも、一般人の私たちも、全体的に「がさつ」だったのではないでしょうか?
その場ではそれが良くて、皆納得して生きてきたので、今どうこう言うのがイケナイのですが、思い返すほどに笑えてくるほど、熱いお人でした、ハイ♪

> そうそう、そういうところを見せてくれる映画として興味深く観られました。なんで吹き替えだったんだろ?

字幕で是非再見いたしましょう~☆
吹き替えは局の都合で・・・声優さんのお仕事の都合で???(大爆)

> あと、鍵コメありがとうございました。とんでもない勘違いで(笑)
> 忘れ去ってたお父さんに申し訳ないです…。
>夫は健在でしたね!
>むしろ彼を守るためにシェーンが闘ったと。
>何故か、奥さんと惹かれあっていたと思い込んでました…。

う~ん、シェーンは、お父さんとは友情で結ばれ、お母さんとは惹かれあっていました。
お母さんはシェーンに魅力を感じていたけど、夫のことも以前と変わらず好きだし、子供が一番可愛いのです。

シェーンは、この家族を(その他の皆様も)自分の手で守ってあげたい、その一心でした。
なので、奥さんへの思慕は、胸の奥底に秘めて・・・そして「自分が去らないと、いずれ夫婦間にひびが入る」と、そんな風にも思っていたのだと、私はそう思います☆

「イエロー・ハンカチーフ」は、録画しませんでした。
まぁどっちでも良さそうな?でしょうか???

マミイさん、こんばんは☆

  1. 2012/11/01(木) 18:36:44 |
  2. URL |
  3. miri
  4. [ 編集 ]
本日もコメントを有難うございます☆

> 実は「殺し」気になってたんですけど、録画できなかったんです。
> 今月も来月も放送はなさそうです。
> 次の機会には必ず観てみようと思います!

あんまり良い作品でもないのですが、今とはツールの違う時代に
21歳で!作ったらしいので、そう言う目で見れば
おぉ、あんた凄いね、マジ?って聞きたいのです(爆)。

マミイさんのご感想をお聞きしたいです☆

> どうでもいいですが、録画しようとは思っていて
> 映画の鑑賞スケジュールを管理してるメモ帳に「○日 殺し」って書いてあって、
> ちょっとだけ殺し屋気分を味わいました。笑

ふっふっふ・・・
表の顔は3児の母、しかしその実態は!!!
ですかね???(笑)

私も記事を書いていて、ここまでズバリのタイトルは初めてなので、
(邦画の「ひとごろし」は、平仮名で迫力に欠けました・爆)
ドキドキしました。

管理人のみ閲覧できます

  1. 2012/11/02(金) 15:13:14 |
  2. |
  3. [ 編集 ]
このコメントは管理人のみ閲覧できます
 
 管理者にだけ表示を許可する
 


このブログ内の検索フォームです

私のプロフィールです 

miri

Author:miri
古今東西、色々な映画が好きです♪
一番好きなのは、1930~50年代のフランス映画です。

カテゴリです❀

1975年からの記録(記事追加中です)

ネタばれについての、お知らせです。

感想文の中で映画の内容について深く触れている場合は、必ず大きな色文字でお知らせしています。 また、感想文の途中の一部分のみのネタばれの場合は、白抜きの隠し文字(反転で読めます)にしてあります。 ただ、申し訳ありませんがその白隠し文字は携帯(スマホ)では見えてしまいます(ペコリ)。 最後に、2008年以前の文章については、配慮はしてありません(ペコリ)。

« 2019 08  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31