FC2ブログ

映画鑑賞の記録

私の映画感想文と、映画に関する文章などです。


2-1842  一枚のハガキ 

  1. 2012/10/02(火) 23:00:00_
  2. 新藤兼人
  3. _ comment:2
一枚のハガキ  2010年・日本



一枚のハガキ




 
.


2012年10月2日(火)  日本映画専門チャンネル

監督 新藤兼人 (ご遺作)
主演 大竹しのぶ / 豊川悦司

感想
この監督さんは、あんまり好きではありませんが、評判の良い遺作を
録画してから何ヶ月も経ちますが、やっと見ました。
(なかなか見られなかったのは、戦争映画を見たくなかったからです)

終盤、あと20分くらいになるまでは、
これは私の今年の邦画一位決定と、しみじみ見ていたのですが、

ある場面以降、
全体的にぐるりと作品が回転したようになってしまい、
一位とはとても思えません(爆)。


それまでとは全然変わってしまって・・・
でもまぁ悪くはなかったし、反戦メッセージは強く深く胸を刺しました
誰もが「戦争さえなければ・・・」と、過ごしたに違いないあの時代、

大竹しのぶ演ずる女、友子の役柄は、
その一つでも持つことの難しい試練で、それが・いくつも・いくつも・・・

トヨエツ演ずる男、啓太の役柄も、
「ブラジルへ行く」という決意をするのが もっともだと誰にでも思え・・・

後半の二人芝居の中での、友子の顔が歪んでねじれる瞬間が
すごい女優だな~と、再確認。。。
トヨエツもいつの間にか、マシな俳優になっていました。

二人以外の俳優陣も全員良かったです。
案外すーっと過ぎるかもしれないけど、倍賞美津子は鬼のような演技でしたね。
後は六平さんも、柄本も、大杉も、それぞれ凄かったよ☆

でもね~演出として、あの最終盤の変わり様は一体何なんだろうか???
明るくて良い終わり方と思える人もいるかもしれないけど、
本当に最後の最後まで監督本人が演出したんだろうか???

戦争はダメです。
兵隊として死ぬ人、死に損なう人、待っていて報われない人、
我が子全員戦争に盗られる人、生きていても仕方ないと思う人、
待っていられなくて近くの人に倒れる人、
強く生きるけど何かの拍子でプッツンする人、

どのヒトも、多分、全員、戦争さえなければ、
違う人生だったのですから・・・。

小麦の黄金いろの時期を迎えて、遠景で終わるこの映画。
新藤映画の集大成とまでは思えないけど、
良い作品だと思いますし、
終盤も気に入る人にとっては名作になると思います。

どんな時代でも、どんな境遇でも、人はご飯を食べて生きる・・・
悲しみの後でも、すぐに台所に立つ友子に、
私は親近感を感じました。





<<2-1843  アメリカン・スウィートハート | BLOG TOP | 2-1841  キッズ・リターン>>

comment

  1. 2015/01/16(金) 11:34:54 |
  2. URL |
  3. 宵乃
  4. [ 編集 ]
こんにちは、この前のオンエアで観ました。
反戦を訴える気持ちの強さはすごくわかったんですけど、ちっとも響いてこなくて珍しく「時間返せ」と思ってしまいました(汗)
たぶん舞台劇っぽい作風が感性に合わなかったんですね~。
miriさんの感想を見つけて、ひとによってこんなに感じ方が違うものなのかと驚きました。

>演出として、あの最終盤の変わり様は一体何なんだろうか???
本当に最後の最後まで監督本人が演出したんだろうか???

ここは私も違和感ありましたね。結局そっちかよと思って。どうせならブラジルの広大な風景でも見たかったです。

宵乃さん、こんにちは☆

  1. 2015/01/16(金) 16:00:47 |
  2. URL |
  3. miri
  4. [ 編集 ]
コメントを有難うございます☆

>こんにちは、この前のオンエアで観ました。
>反戦を訴える気持ちの強さはすごくわかったんですけど、ちっとも響いてこなくて珍しく「時間返せ」と思ってしまいました(汗)
>たぶん舞台劇っぽい作風が感性に合わなかったんですね~。

そうでしたか~! それはそれは。。。

>miriさんの感想を見つけて、ひとによってこんなに感じ方が違うものなのかと驚きました。

う~ん、実はこの記事は感想文の半分にあたるんです・・・

あと、この監督の、この作品のひとつ前の
「石内尋常高等小学校 花は散れども」という作品を、この後に見てしまって、
今は2作品セットで覚えているような感じです・・・
というか、同じ俳優で同じような話で・・・。

>ここは私も違和感ありましたね。結局そっちかよと思って。どうせならブラジルの広大な風景でも見たかったです。

そうですか・・・宵乃さんらしいご意見だと思います☆

私は・・・う~ん、何と言うか、
本当にこの監督が最後まで演出したのか?という疑惑と、
「石内尋常高等小学校 花は散れども」との関連で、
今は見た直後の感想は持っていません。

見た直後も、記事に書いてある通りに、
あと20分というところまでは良かったんですが、その後がね~~~(笑)。

今は、結局人間は、ご飯を食べるために台所に立つ、という点のみに、
「人間の普遍性」を感じています。


.
 
 管理者にだけ表示を許可する
 


このブログ内の検索フォームです

私のプロフィールです 

miri

Author:miri
古今東西、色々な映画が好きです♪
一番好きなのは、1930~50年代のフランス映画です。

カテゴリです❀

1975年からの記録(記事追加中です)

ネタばれについての、お知らせです。

感想文の中で映画の内容について深く触れている場合は、必ず大きな色文字でお知らせしています。 また、感想文の途中の一部分のみのネタばれの場合は、白抜きの隠し文字(反転で読めます)にしてあります。 ただ、申し訳ありませんがその白隠し文字は携帯(スマホ)では見えてしまいます(ペコリ)。 最後に、2008年以前の文章については、配慮はしてありません(ペコリ)。

« 2019 11  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30