FC2ブログ

映画鑑賞の記録

私の映画感想文と、映画に関する文章などです。


2-1864  勝利への脱出

  1. 2012/10/15(月) 23:00:00_
  2. ジョン・ヒューストン
  3. _ comment:4
ESCAPE TO VICTORY  (勝利への脱出)  1980年・アメリカ



勝利への脱出




 
.


2012年10月15日(月)  BS3

監督 ジョン・ヒューストン
主演 マイケル・ケイン (イギリス軍大尉コルビー 役)

感想
この作品は、8月に録画していたけど、苦手なスタローンさんが(準主演で)出ると知り
ずっと見ないままでした。

でも監督名で削除せずに置いておきました。
今回なんとなく、仕方なしに見たのですが・・・

もっと早く見れば良かった~!!!
ものすごく面白かった~!!!


ドイツの関係するサッカーの映画って、これで3作目!
私の中で3部作としよう☆
「ベルンの奇蹟」「コッホ先生と僕らの革命」「勝利への脱出」


前2作は、事実にあった事を、フィクションを交えて上手に描いていますが、
この作品は、完全なフィクションです。

そしてもしかしたら、あの戦争や、捕虜収容所を知っている人には
苦々しい嘘だらけの映画かもしれません・・・

でも、そういう事を考えなくて良い人間から見たら、
こんなに楽しくてスカッとする、しかも、好きなサッカーと
名作「大脱走」なみ(?)の脱出劇も見られて、ホントにお得な作品です。

俳優も、苦手なスタローンさんも良くて、
(最近初見した昔の映画での、若いチョイ役も良かった)

職人芸と言えるマイケル・ケインさん、
そしてドイツ人のこころ真っ直ぐな将校は、“魔術師”と呼びたい
マックス・フォン=シドーさん、

あと他の若い俳優陣や、キレイでもないフランス人女性等、
出てくる人、皆それぞれに良かった☆

それにですね~この映画の一番の見モノは、
「ペレ」が出ているんですよ~!!!
マジ、本物のペレ!!!
サッカーの王様!


捕虜役で、もちろんあの球さばき、試合でも魅せてくれます。
演技もまぁまぁで、下手ではないし♪

ペレ以外でも、現役選手が数名出ているそうです。
スター選手もいれば、2軍選手もいるようですが、詳しくないので、知りません・・・
ただサッカーは上手な人が、たしかに多かったです☆

全体的に監督が、この監督らしく、ニヤッと笑いながら撮った
男の映画だと思いました。


でも、女性の皆さまでも心から楽しめる、そんな作品に仕上がっています。
誰にでも薦められる作品です♪



※ 全部書いたあとで知りました
この作品も事実にあった事をモデルにして作られているようです。
ただし、結果は全然違い、ものすごく むごい結末となったようです。
本当に残念です・・・。

ウイキペディアより:1942年8月、第二次世界大戦下のウクライナで行われた
ドイツ空軍 対 ディナモ・キエフ(ウクライナのサッカークラブ)の
親善試合をモデルとしている。




<<2-1865  光なき星 | BLOG TOP | 2-1863  緋文字>>

comment

★はつけてるけど

  1. 2012/10/24(水) 10:39:12 |
  2. URL |
  3. 宵乃
  4. [ 編集 ]
もう内容は覚えてません。実際にあった事を基にしていたんですか~。スタローンも出ていたとは…すっかり忘れてます!(いつ観たんだろう?)
”ドイツが関係するサッカー映画”と、共通点のあるほかの作品をパッと思い出して、関連付けられるところがすごいです。三部作として覚えれば、サッカーに関する歴史なども整理できますしね~。

「地下鉄のザジ」は今のところ良さがわからない作品ですが、確かにザジの「ニカッ」と笑う顔は印象的でした。ラストは覚えてないなぁ。↑とあわせて、いつか再見したいです。

*****************

>・・・そう言えば宵乃さんのブログの携帯の画面では、色々とこまかい点が見られない

え、そうなんですか?
わたし携帯持ってないんで、確認することも直す事もできないんですが…。もしかしたら、サイドバーの内容は記事のずっと下の方にあるかもしれません。

>水は奪い合わないで、お互いに譲り合って、 皆で地球を大事にしてほしいと、心から思います☆

そうですね。自然の恵みとして受け取るだけでなく、植林など美しい水を生み出す努力もしつつ、それをみんなで仲良く使っていきたいです!

Re: ★はつけてるけど

  1. 2012/10/24(水) 18:39:34 |
  2. URL |
  3. miri
  4. [ 編集 ]
宵乃さん、こんばんは☆
コメントを有難うございます☆

> もう内容は覚えてません。実際にあった事を基にしていたんですか~。スタローンも出ていたとは…すっかり忘れてます!(いつ観たんだろう?)

事実を基に、ではなく、モデルなので、アイデアをお借りした、程度だと思います。
一般にはスタローンさんを主演としているかもしれませんが、私は準主演だと思いました。

> ”ドイツが関係するサッカー映画”と、共通点のあるほかの作品をパッと思い出して、関連付けられるところがすごいです。三部作として覚えれば、サッカーに関する歴史なども整理できますしね~。

サッカーを、ちょっと好きなので・・・もっとお詳しい人には比べ物になりませんが(笑)。
来月再放送があるようです。。。

> 「地下鉄のザジ」は今のところ良さがわからない作品ですが、確かにザジの「ニカッ」と笑う顔は印象的でした。ラストは覚えてないなぁ。↑とあわせて、いつか再見したいです。

そうそう、その「ニカッ」です!
美少女ではないところがなんとも(笑)良くって!
ラストシークエンスは良かったように思います。
両作ともに、いつか再見なさったら、お話ししましょうね~♪

> *****************

> え、そうなんですか?
> わたし携帯持ってないんで、確認することも直す事もできないんですが…。もしかしたら、サイドバーの内容は記事のずっと下の方にあるかもしれません。

サイドバーの内容は、別メニューになっているのです。。。
いつか機会があって、誰かの携帯でご自身のサイトを見られたら、
その時に設定をお願いしますね~☆

再見しました

  1. 2012/12/18(火) 12:09:20 |
  2. URL |
  3. 宵乃
  4. [ 編集 ]
スタローンが控えめで調和が取れてる感じでした。これだから覚えてなかったんだなぁ(笑)
ホント、スポーツの部分も脱出の部分も見ごたえあって面白かったです。スポーツで敵の将校と心が通い合うっていうのもいいですよね。
ペレはたぶん初めて見たんですが、オーバーヘッドキックがかっこよかったです。ラストは燃えました!
実際の事件は本当に哀しいですが、映画は映画として楽しんで、事実も心にとどめておきたいですね。
再見のきっかけを下さってありがとうございました!

Re: 再見しました

  1. 2012/12/18(火) 18:52:11 |
  2. URL |
  3. miri
  4. [ 編集 ]
宵乃さん、こんばんは☆
コメントを有難うございます☆

再見なさって記事もアップされたのですね~!
後でお邪魔いたしますね~。

> スタローンが控えめで調和が取れてる感じでした。これだから覚えてなかったんだなぁ(笑)

あ、やはりあのヒトは目立ってないといけませんか?(笑)

> ホント、スポーツの部分も脱出の部分も見ごたえあって面白かったです。スポーツで敵の将校と心が通い合うっていうのもいいですよね。

ハイ、仰る通りだと思います☆

> ペレはたぶん初めて見たんですが、オーバーヘッドキックがかっこよかったです。ラストは燃えました!

ハイ、あれもこれも、見どころ満載の映画でしたね~!
監督が さすがの監督ですからね~(笑)。

> 実際の事件は本当に哀しいですが、映画は映画として楽しんで、事実も心にとどめておきたいですね。

宵乃さんのお言葉で、あぁそうだな~と思えました。
フィクションと思い込んでいたので、あまりにもガックリきたのですが、
事実を忘れずに、映画は映画として楽しむ事が、私たちに出来る事だな~と再確認しました、ありがとう~!

> 再見のきっかけを下さってありがとうございました!

こちらこそ、有難うございました~!

*************************

ジェンマさまはイタリア人です~(笑)。

あの人・この人・と考え始めると、もう駄目ですね~時間がいくらあっても足りません(爆)。
いつか整理して、欄外にでもコソッとアップしますね~(笑)。

*************************

「八甲田山」は、全部ちゃんと見た事はないのですが、
好きな監督でチラ見が何回かあって、
秋吉久美子の可愛い案内人との お別れのところはよくよく覚えています。

何というかバタバタ死んでゆくところも見ているのですが、
怖くてちゃんと全部見ようという気になれなくて・・・。

あ、封切り当時は、異常な人気でしたよ~(覚えているって、私何歳???爆)
 
 管理者にだけ表示を許可する
 


このブログ内の検索フォームです

私のプロフィールです 

miri

Author:miri
古今東西、色々な映画が好きです♪
一番好きなのは、1930~50年代のフランス映画です。

カテゴリです❀

1975年からの記録(記事追加中です)

ネタばれについての、お知らせです。

感想文の中で映画の内容について深く触れている場合は、必ず大きな色文字でお知らせしています。 また、感想文の途中の一部分のみのネタばれの場合は、白抜きの隠し文字(反転で読めます)にしてあります。 ただ、申し訳ありませんがその白隠し文字は携帯(スマホ)では見えてしまいます(ペコリ)。 最後に、2008年以前の文章については、配慮はしてありません(ペコリ)。

« 2019 09  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -