FC2ブログ

映画鑑賞の記録

私の映画感想文と、映画に関する文章などです。


2-1800  1900年 (オリジナル完全版)

  1. 2012/09/04(火) 22:30:00_
  2. ベルナルド・ベルトリッチ
  3. _ comment:6
Novecento (1900年) 1976年・イタリア/フランス/西ドイツ/アメリカ
第Ⅰ部 運命の出逢い
第Ⅱ部 宿命の対決



1900年




 
.


2012年9月4日(火)  レンタルVHS

監督 ベルナルド・ベルトリッチ
主演 ロバート・デ・ニーロ (アルフレード 役)
    ジェラール・ドバルデュー (オルモ 役)

感想
よく見たよね~自分にうっとり・・・。

イタリア人のイタリア人によるイタリア語のイタリアばっかりの近代史。
いえいえそれを背景にした、ある一家(ある農園)の45年 プラス α の物語りです。

「フェリーニのアマルコルド」を見てから、
ちょっとイタリア語の入る作品はあったけど、
ココまで全部あの語尾を上げる強い言語を聞いたのは久しぶりで、

今年の春は、3ヶ月くらいイタリア語ばっかり聞いていたと言っても
言いすぎではないほど聞いていたので、(1作品は字幕なしで見たし)

もうイタリア語は私の第2言語です!・・・っていうのは真っ赤なウソですが、
フランス語よりも耳触りが良くなるのは、マジやばい☆

この話、主演って書いたところの二人が中心だけど、
ホントは 「ドナルド・サザーランド劇場」 なのではないかな~?
と思いました。


えーと、第2部のはじめあたりでの、子供殺し、
もうアレを見ちゃったからね~きっと、ホラーは大丈夫だよ~!!!(爆)
血しぶきは、描写されなかったけど、脳内でハッキリシッカリ再現、
あのような子供の殺し方は見たことないです!凄い!
方法を知りたい方はご一報ください(爆)。

あ、でも、モンスターはダメですからね・・・
「サイレントヒル」はまだ置いておきます。

まぁ冗談抜きで、第二次大戦でもヨーロッパは、特にイタリアは、
色々な意味でよく分からなかったんだけど、
この映画を見て、ちょっとは「あ、そうだったんだ!」とか思えて良かったです。

イタリア、っていう国全体がまとまったのも、最近の話でしょうしね~。
「セントヘレナの奇跡」でもちょっとまだ「?」だったんだけどね・・・。

農民(小作人・百姓) 対 地主(農園主・親方)
この図式の色々は、どこの国でもね~。

最初、バート・ランカスターが出てきたから、
「“山猫”の農園版か~」と思ったんだけど、あながち間違っていなかったかも?

デ・ニーロさんも最近はスーッと見られます。上手でした。
ドパルデューさんって「終電車」で見ていたことに最近気づいたんだけど、
あの方と同じお名前で、全然タイプが違うけど、まぁ許しちゃうわ♪
その二人の友情とか、人となりとか、もうどうでも良いです(大爆)。


とにかくよく見たわ、316分。
あ、そうそう、
ドミニク・サンダとの再会が一番の収穫だったかな?
もっと小悪魔的だと思っていたんだけど・・・
覚えていたより、おとなしかったです。



この監督って「遊んでいると見えて、実は、未経験の女性」が大好きみたいで(笑)。
まぁ私がいうところではないのでしょうけど・・・
この監督の、ココ最近見た3作品、続けて全部そうだったから、笑えます。

タイトルバックも、エンドロールも、ちゃんと全部見ました!
ハイ、おつかれ~☆





<<2-1801  恋はいつもアマンドピンク  | BLOG TOP | 2-1799  駅 STATION >>

comment

こんにちは。

  1. 2012/09/15(土) 11:07:37 |
  2. URL |
  3. ascapapa
  4. [ 編集 ]
いゃ~ほんとうに、まことにイタリアらしいイタリア映画でしたね。

>この話、主演って書いたところの二人が中心だけど、
>ホントは 「ドナルド・サザーランド劇場」 なのではないかな~?
>と思いました。

 特に第2部からは仰る通りだと思います。主役はあの3人と言っても差し支えないと思います。第3の主役、ドナルド・サザーランドの熱演は眼を見張らせるものがありました。

>えーと、第2部のはじめあたりでの、子供殺し、(以下省略)

 この描写には、私も衝撃を受けました。
 この辺りも、数々の性描写と同様に、ベルナルド・ベルトルッチ監督独特の手法のような気がします。

>まぁ冗談抜きで、第二次大戦でもヨーロッパは、特にイタリアは、(以下省略)

 当時の事は、新聞を読んで概ね知っていました。
 ファッショ政権が崩壊して、時の首相ムッソリーニの死体が晒された記事は強印象でした。
 録画したままで未見の「愛の勝利ムッソリーニを愛した女」も観たくなって来ました。

>農民(小作人・百姓) 対 地主(農園主・親方)
>この図式の色々は、どこの国でもね~。

 日本も同様で、戦後の農地改革法で地主は小作人に田地を無償供与しました。実は当家の本家は地主でした。

>最初、バート・ランカスターが出てきたから、
>「“山猫”の農園版か~」と思ったんだけど、あながち間違っていなかったかも?

 私も一瞬、「山猫」を彷彿しました。
 案外、的を得ているかもしれませんよ。

>ドミニク・サンダとの再会が一番の収穫だったかな?
>もっと小悪魔的だと思っていたんだけど・・・
>覚えていたより、おとなしかったです。

 確か、アルフレードが惹かれたアダを演じた女優ですね。私は初めて知ったのですが、印象に残りました。

>この監督って「遊んでいると見えて、実は、未経験の女性」が大好きみたいで(笑)。
>まぁ私がいうところではないのでしょうけど・・・
>この監督の、ココ最近見た3作品、続けて全部そうだったから、笑えます。

 そうなんですか。私は「ラスト・タンゴ・イン・パリ」しか観ていませんが、仰る事はだいたい分かっているつもりです。
 ただ、私の独断と偏見ながら、「1900年」だけは、そういう比重は少ないと思います。
 僭越ですが、私が秀作と挙げた理由の一つも此処にあります。

>タイトルバックも、エンドロールも、ちゃんと全部見ました!
>ハイ、おつかれ~☆

 私もちゃんと見ました。
 ほんとうに、お互いさまで、おつかれさま~でした。

アスカパパさん、こんにちは☆

  1. 2012/09/15(土) 16:14:51 |
  2. URL |
  3. miri
  4. [ 編集 ]
コメントを有難うございます☆

> いゃ~ほんとうに、まことにイタリアらしいイタリア映画でしたね。

ハイ、各国合作ですが、これはもうイタリア映画だと思います!

>  特に第2部からは仰る通りだと思います。主役はあの3人と言っても差し支えないと思います。第3の主役、ドナルド・サザーランドの熱演は眼を見張らせるものがありました。

怖かったですね~!!!

>  この描写には、私も衝撃を受けました。
>  この辺りも、数々の性描写と同様に、ベルナルド・ベルトルッチ監督独特の手法のような気がします。

もうあそこまで行くと、普通に子供を殺すとか思えず、
あぁこれはもうリアルに考えてはイケナイと分かりました(笑)。

>  当時の事は、新聞を読んで概ね知っていました。
>  ファッショ政権が崩壊して、時の首相ムッソリーニの死体が晒された記事は強印象でした。
>  録画したままで未見の「愛の勝利ムッソリーニを愛した女」も観たくなって来ました。

おぉ~怖そうな映画です・・・
ヒトラーに比べると、映画とかの作品が少ないように思いますが
私もいつか見たいです!

>  日本も同様で、戦後の農地改革法で地主は小作人に田地を無償供与しました。実は当家の本家は地主でした。

当家の本家って、どちら様でしょうか???
パパさんのお家のことですか???
ちょっと分からないので、教えて頂けると助かります。

>  私も一瞬、「山猫」を彷彿しました。
>  案外、的を得ているかもしれませんよ。

あのヒトは、イタリア人になると、ものすごく、すっごいですよね~。

>  確か、アルフレードが惹かれたアダを演じた女優ですね。私は初めて知ったのですが、印象に残りました。

ハイそうです。
70年代の小悪魔代表です(爆)。

>  そうなんですか。私は「ラスト・タンゴ・イン・パリ」しか観ていませんが、仰る事はだいたい分かっているつもりです。
>  ただ、私の独断と偏見ながら、「1900年」だけは、そういう比重は少ないと思います。
>  僭越ですが、私が秀作と挙げた理由の一つも此処にあります。

ハイ、記事を読ませて頂き、勉強になりました。
ちなみに私がここ数ヶ月で見たのは「魅せられて」と「ドリーマーズ」です。

>  私もちゃんと見ました。
>  ほんとうに、お互いさまで、おつかれさま~でした。

パパさんも私も、お疲れ様でした!!!
これはこの映画を見た者同士、心の底からの共感ですね~♪

>コメントの中で、「1900年」をご覧になったという言葉に刺激を受けて、急に観る気になったからです。

こちらこそ、過分なお言葉、有難うございます☆

>9/12~13の二日間にかけて観ました。
>お陰様で、“数日遅れDEロードショー”が実現しました。(笑)

私は9月3~4日の二日間で見ました☆
なので正確には
“9日違い DE ロードショー”でしたね~♪

本当にいつも有難うございます!

追伸です。

  1. 2012/09/15(土) 17:05:58 |
  2. URL |
  3. ascapapa
  4. [ 編集 ]
>当家の本家って、どちら様でしょうか???
>パパさんのお家のことですか???
>ちょっと分からないので、教えて頂けると助かります。

 私の家のことです。
 私の祖父は次男でしたので、分家して新しく家を作りました。
 戦時中は、本家から分家にも送られてきた米の俵が山積みされていました。
 子供の頃は、俵の山に登って遊んだものです。(笑)

管理人のみ閲覧できます

  1. 2012/09/15(土) 19:53:57 |
  2. |
  3. [ 編集 ]
このコメントは管理人のみ閲覧できます

Re: 追伸です。

  1. 2012/09/15(土) 20:24:17 |
  2. URL |
  3. miri
  4. [ 編集 ]
パパさん、お返事ありがとうございました☆

> >当家の本家って、どちら様でしょうか???
> >パパさんのお家のことですか???
> >ちょっと分からないので、教えて頂けると助かります。
>
>  私の家のことです。
>  私の祖父は次男でしたので、分家して新しく家を作りました。
>  戦時中は、本家から分家にも送られてきた米の俵が山積みされていました。
>  子供の頃は、俵の山に登って遊んだものです。(笑)

やはりそうでしたのね・・・。

世が世なら、パパさんは「いいとこのおぼっちゃま」だったわけで、
こうしてお話出来ることもなかったかも~?と思い、
今現在の交流に、こころから感謝申し上げます☆

では、またいつか「ロードショー」しましょうね~!!!

管理人のみ閲覧できます

  1. 2012/09/17(月) 14:40:28 |
  2. |
  3. [ 編集 ]
このコメントは管理人のみ閲覧できます
 
 管理者にだけ表示を許可する
 


このブログ内の検索フォームです

私のプロフィールです 

miri

Author:miri
古今東西、色々な映画が好きです♪
一番好きなのは、1930~50年代のフランス映画です。

カテゴリです❀

1975年からの記録(記事追加中です)

ネタばれについての、お知らせです。

感想文の中で映画の内容について深く触れている場合は、必ず大きな色文字でお知らせしています。 また、感想文の途中の一部分のみのネタばれの場合は、白抜きの隠し文字(反転で読めます)にしてあります。 ただ、申し訳ありませんがその白隠し文字は携帯(スマホ)では見えてしまいます(ペコリ)。 最後に、2008年以前の文章については、配慮はしてありません(ペコリ)。

« 2019 08  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31