FC2ブログ

映画鑑賞の記録

私の映画感想文と、映画に関する文章などです。


♪サークル・ゲーム♪ の 物語り

  1. 2012/07/09(月) 00:00:28_
  2. あいまい訳詞クラブ
  3. _ comment:2
※この歌詞は全部ではないので、削除しません。



サークル・ゲーム (The Cirlce Game)
作詞・作曲 Joni Mitchell



Yesterday a child came out to wonder
Caught a dragonfly inside a jar
Fearful when the sky was full of thunder
And tearful at the falling of a star


And the seasons, they go round and round
And the painted ponies go up and down
We're captive on the carousel of time
We can't return, we can only look
Behind from where we came
And go round and round and round 
In the circle game




お兄ちゃんと一緒に虫取りした夏、楽しかったなぁ~
急にお空が真っ暗になってカミナリさまが光ったあの日、

こわくて泣いちゃった…でも流れ星を見つけて、
すぐに泣き止んだの…大切な想い出なの



止まらない回転木馬に乗ったように時間は過ぎて
10歳…16歳…20歳…と私はだんだん大人になって

お兄ちゃんと一緒に過ごす時間もなくなったけど
虹色の未来を信じられるのはきっと

振り返ればあたたかい想い出がいっぱいあるからって思うの
止まらない回転木馬に乗って…



この歌は・・・




 
.


5月に鑑賞した「いちご白書」の主題歌なのですが、
私は中1の時に大好きだった、アグネス・チャンのライブアルバムで
(生まれて初めて自分のお金で買ったLPレコードです)


聞いて知っていたので、
映画の主題歌の歌い方が、全然違うので大ショックでした。
(ただのポップスとしての認識しかなかったのです)


アグネスの歌い方の方が可愛いと思いますよ☆
ちなみに、彼女の香港でのデビュー曲なんです。



ここにあったyoutubeの映像は貼らない事にしました。
後日、リンクにします。



***************************



今回の記事も「そのスピードで」犬塚ケンさんの
「あいまい訳詞クラブ」に賛同させて頂き、アップさせて頂きました☆

犬塚さんの最新記事
マシュー・スウィート『往かないで』 → こちらです♪ 




記事をアップした日:2012年7月9日(月)
追記:この訳詞は完全なフィクションです。




<<2-1721  時計じかけのオレンジ | BLOG TOP | 2-1720  アンダーワールド>>

comment

こんばんは。

  1. 2012/07/09(月) 22:37:03 |
  2. URL |
  3. 犬塚ケン
  4. [ 編集 ]
初めて買ったLPですか!
思い入れがないわけないですよね。
それにしてもmiriさんの人生は、映画音楽と縁が深いなあ。
この分野にボクは疎いのでいろいろ勉強になります。

miriさんの解釈がかなり入っている訳詞ですね。
かわいい感じで、断然アグネス・チャンの歌のイメージに近いです。
天真爛漫な歌いぶりが、オリジナルより良いような気がしました。

ケンさん、こんにちは☆

  1. 2012/07/10(火) 08:56:02 |
  2. URL |
  3. miri
  4. [ 編集 ]
コメントを有難うございます☆

> 初めて買ったLPですか!
> 思い入れがないわけないですよね。

皆さんそれぞれに、初めて自分のおこずかいで買ったレコードなりCDがありますよね~。
その歌手を、当時のように好きではなくても、
やっぱりずっと深い想いは残してくれますものね~。

> それにしてもmiriさんの人生は、映画音楽と縁が深いなあ。
> この分野にボクは疎いのでいろいろ勉強になります。

いえいえ、そんな、トンデモナイ!
こちらこそケンさんのお選びになる、北欧やいろいろな国の
色々な歌手の方々・・・全然知らない方が多く、
いつも楽しみにさせてもらっています☆

> miriさんの解釈がかなり入っている訳詞ですね。

一応、最後まで聞くと、子供が10歳、16歳、20歳、と成長してゆくので
それを入れたかったんですけど、
いつもどおりに創作に近く、

子供が一人って書いてあるのに、しかも男の子なのに、
何で兄妹の話になったのか?よく分かりません(笑)。

> かわいい感じで、断然アグネス・チャンの歌のイメージに近いです。
> 天真爛漫な歌いぶりが、オリジナルより良いような気がしました。

有難うございます!
オリジナルの方の歌い方がきつくて、ビックリ!
でもあの荒れた大学を描いた映画作品には、このくらいでちょうど良かったのでしょう。

多分、団塊の人がアグネスの歌い方を聞くと、
「甘い!」とかキレそうで怖いです(爆)。
 
 管理者にだけ表示を許可する
 


このブログ内の検索フォームです

私のプロフィールです 

miri

Author:miri
古今東西、色々な映画が好きです♪
一番好きなのは、1930~50年代のフランス映画です。

カテゴリです❀

1975年からの記録(記事追加中です)

ネタばれについての、お知らせです。

感想文の中で映画の内容について深く触れている場合は、必ず大きな色文字でお知らせしています。 また、感想文の途中の一部分のみのネタばれの場合は、白抜きの隠し文字(反転で読めます)にしてあります。 ただ、申し訳ありませんがその白隠し文字は携帯(スマホ)では見えてしまいます(ペコリ)。 最後に、2008年以前の文章については、配慮はしてありません(ペコリ)。

« 2019 09  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -