FC2ブログ

映画鑑賞の記録

私の映画感想文と、映画に関する文章などです。


171・殺人狂時代

  1. 1977/05/16(月) 23:30:00_
  2. チャールズ・チャップリン (出演のみ作品含む)
  3. _ comment:0
殺人狂時代



映画鑑賞の記録 1
(誤字・脱字・間違った情報等も・そのまま、ノートを転記しただけの記録です)
(その後 ネットで調べたりして 分かった事は、追記してゆきます)

ココから下が転記の内容です。



【    】 1947年・アメリカ

1977年5月16日(月) PM9:00~11:20 (高2)
監督 チャールズ・チャップリン
主演 チャールズ・チャップリン

C・Cの中で いちばん 長へんのような 感じですね




 
.


感想 
はじめは ちこっと おどろきました 場面が
ヨーロッパなんですもの ・・・それもフランス・・・
ベルドー氏の行動は 根からわるいとは いえないと思う
死刑に ひってきするよーな ものかもしれないけど
その証コに ラストには 大金持ちになったけど 
はじめて出た時は けーむ所 かえりだった 女の子、を殺さずに
ブランデーを とりかえたじゃない、女の子のはなしをきいて
愛とかLIFEとかFAMILYとか きっと共感するものが
すごく あったんでしょうね 他に殺したり 殺しかけたり
だまそーとして 発かくしたり、かわいそうなこと!
法ていでの 演説とか そのあとの ラム酒のんだりして
ギロチンのとこ いくのが よく わからんかったのです
でもC・Cの心は 雨の日の あの女の子との はなしの中に
出てると信じたいんです、 反戦映画とも いえるかも
しれませんが 彼の愛は とかく理解されにくいんでしょうね・・・
深い心の感動がありました



*************************



2009年4月:追記

この映画は、2度目は見ていないと思いますが、
とても気になる作品ですね・・・
きっと、この時の自分の立場(高校生・子供)と違って
今の立場で見ると、全然感想が変わるような気がします。

現代は、何もかも、全てを
明らかにする(しなくてはならない)ような時代なので、
この映画は、ものすごい問題作、という感じでしょうか?

「数人殺して死刑、何十万人も殺して英雄」
そのシーンは忘れていません。



*************************



http://www.allcinema.net/prog/show_c.php?num_c=14691

原題:MONSIEUR VERDOUX
正しい邦題:チャップリンの殺人狂時代



2010年秋に再見しました → 感想はこちらです




<<172・浮かれ三度笠 | BLOG TOP | 170・ミクロの決死圏>>

comment

 
 管理者にだけ表示を許可する
 


このブログ内の検索フォームです

私のプロフィールです 

miri

Author:miri
古今東西、色々な映画が好きです♪
一番好きなのは、1930~50年代のフランス映画です。

カテゴリです❀

1975年からの記録(記事追加中です)

ネタばれについての、お知らせです。

感想文の中で映画の内容について深く触れている場合は、必ず大きな色文字でお知らせしています。 また、感想文の途中の一部分のみのネタばれの場合は、白抜きの隠し文字(反転で読めます)にしてあります。 ただ、申し訳ありませんがその白隠し文字は携帯(スマホ)では見えてしまいます(ペコリ)。 最後に、2008年以前の文章については、配慮はしてありません(ペコリ)。

« 2019 09  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -