FC2ブログ

映画鑑賞の記録

私の映画感想文と、映画に関する文章などです。


169・街の灯

  1. 1977/05/09(月) 23:00:00_
  2. チャールズ・チャップリン (出演のみ作品含む)
  3. _ comment:4
街の灯



映画鑑賞の記録 1
(誤字・脱字・間違った情報等も・そのまま、ノートを転記しただけの記録です)
(その後 ネットで調べたりして 分かった事は、追記してゆきます)

ココから下が転記の内容です。



【ラブドラマ】 1931年・アメリカ

1977年5月9日(月) PM9:00~10:45 (高2)
監督 チャールズ・チャップリン
主演 チャールズ・チャップリン

いい題名、サイレントにあこがれて・・・




 
.


感想 
あー、ホントによかった
今までC・Cの映画 何本か(TVでだけど)みてきたけれど 
いちばん すなおに あーいー といった感じでした
ラストがすごく よかったの トーキーでなくて パントマイムで
2人ともの 表情が チャーリーが 女の子に みとれたとこ and
女の子が チャーリーの 手をとって 彼だって わかって YOU?という
字まくのときの あの表情! そして いちばん さいごの チャーリーの
うれしそうな かお、えがお、 すなおに感動したんです
よかったなって すごいなって 泣けてもくるでしょう
他に 酒の よっぱらいの 大金持ちや ボクシングジムの人々、
いろいろ ちょーしの いー人は いっぱい いるな!
無実のつみで なんで 何ヶ月も けいにふくしたの?
かなしいね、でも女の子 目が みえるように なって
ホントに よかった、 チャーリーの かいせつのとこで 弁士の人が
「こんなに ゆーふくな 人が いっぱい いるのに なんで あの娘だけ
こまらなきゃあ いけないんだろう」 胸に つきささった
Great というよりは あったかくて 
サイレントで よかったと 思ったんです



****************************



2009年4月:追記

この月のチャップリン特集の第二段!City Lights
チャップリンの映画の中では、この映画が一番好きです。
ラストシーンが、特に一番好きです。

多くは書かなくても、きっと誰もが今、あの二人を
心に思い浮かべたと思います。



****************************



http://www.allcinema.net/prog/show_c.php?num_c=22155

原題:CITY LIGHTS



再見時感想はこちら

街の灯(31・米)(2回目以上) ・・・ 1-169 
街の灯(31・米)(殿堂入り) ・・・ 1-169  




<<170・ミクロの決死圏 | BLOG TOP | 168・危険がいっぱい >>

comment

  1. 2009/10/12(月) 14:35:21 |
  2. URL |
  3. 宵乃からす
  4. [ 編集 ]
こんにちは。
チャップリンの作品は数本しか観ていないんですが、この作品はわたしも大好きです。
サイレントはたぶん初めてで、説明なんてほとんどなくても、こんなに楽くてあたたかい気持ちになれるものなんだと驚かされました。
ラストの再会はほんっとに素敵ですよね。
なんだか、もう一度観たくなってきた・・・!

こんばんは☆

  1. 2009/10/12(月) 22:01:25 |
  2. URL |
  3. サイ
  4. [ 編集 ]
コメントをありがとう~!

> チャップリンの作品は数本しか観ていないんですが、この作品はわたしも大好きです。
> サイレントはたぶん初めてで、説明なんてほとんどなくても、こんなに楽くてあたたかい気持ちになれるものなんだと驚かされました。
> ラストの再会はほんっとに素敵ですよね。

ホントにこの作品は、素晴らしいですよね!
サイレントだからこそ、だとも思えます。
いつまでもあのラストシーンは忘れられない♪ですね!

> なんだか、もう一度観たくなってきた・・・!

時間が短い作品なので、機会があったら是非見直したい作品ですね!
もしご覧になったら、是非アップしてください!待ってま~す♪

こんばんは。

  1. 2012/07/21(土) 20:31:03 |
  2. URL |
  3. [ 編集 ]
ご無沙汰しております。

チャップリンの映画は叔父がとても好きで
良く観せられた(笑)ことを思い出します。

『独裁者』も『ライムライト』も『モダンタイムス』も好きなのですが。

でも、この作品のラストは
当時小学生の自分でも、すとんと胸に入ってきたのを覚えています。

年を取れば取るほど、色々なものの見方が出来るようになり
色んなものに気づく反面、昔の宝物が色褪せたりこともあります。

ただ、この作品のラスト、あの二人の表情は
いつまでも変わらず。
美しく、少しさびしく、そしてあたたかくしてくれる
素敵なラストだと再見して、その思いを強くしました。
それでは!!また

こんばんは、名無しさん☆

  1. 2012/07/21(土) 22:00:07 |
  2. URL |
  3. miri
  4. [ 編集 ]
きみやすさん、ですよね?
・・・もし万一違っていたら申し訳ございません。
どなた様か教えてくださいね~☆

> チャップリンの映画は叔父がとても好きで
> 良く観せられた(笑)ことを思い出します。

大好きなお婆ちゃんの息子さんですよね?

> 『独裁者』も『ライムライト』も『モダンタイムス』も好きなのですが。

ハイ、私も大好きな作品が多いです。
「ライムライト」だけ再見後、ちょっと変な感情を持っていますが(笑)。
今となっては、一番好きなのは「殺人狂時代」です。

> でも、この作品のラストは
> 当時小学生の自分でも、すとんと胸に入ってきたのを覚えています。

小学生でこの作品に出会われて、本当にお幸せですね♪
連れて行って下さった方に、感謝ですね☆

> 年を取れば取るほど、色々なものの見方が出来るようになり
> 色んなものに気づく反面、昔の宝物が色褪せたりこともあります。
> ただ、この作品のラスト、あの二人の表情は
> いつまでも変わらず。
> 美しく、少しさびしく、そしてあたたかくしてくれる
> 素敵なラストだと再見して、その思いを強くしました。
> それでは!!また

ハイ、私もこの作品のラストは、老若男女誰にでも、すーっと胸に
温かく受け入れられ、そしていつまでも残ると思っています☆

そして同じ人が時間を経て見ても、変わらない想いを持てる・・・
映画史上、稀有な名ラストシーンだと心から思います。

最近再見した記事があるので、この記事内にリンクしていないので、
早速今からさせて頂きますネ☆

今夜は有難うございました。
では、また~。
 
 管理者にだけ表示を許可する
 


このブログ内の検索フォームです

私のプロフィールです 

miri

Author:miri
古今東西、色々な映画が好きです♪
一番好きなのは、1930~50年代のフランス映画です。

カテゴリです❀

1975年からの記録(記事追加中です)

ネタばれについての、お知らせです。

感想文の中で映画の内容について深く触れている場合は、必ず大きな色文字でお知らせしています。 また、感想文の途中の一部分のみのネタばれの場合は、白抜きの隠し文字(反転で読めます)にしてあります。 ただ、申し訳ありませんがその白隠し文字は携帯(スマホ)では見えてしまいます(ペコリ)。 最後に、2008年以前の文章については、配慮はしてありません(ペコリ)。

« 2019 06  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -