FC2ブログ

映画鑑賞の記録

私の映画感想文と、映画に関する文章などです。


2-1954  双頭の鷲

  1. 2012/12/07(金) 22:30:00_
  2. ジャン・コクトー
  3. _ comment:2
L'Aigle a Deux Tetes  (双頭の鷲)  1947年・フランス



双頭の鷲




 
.


2012年12月7日(金)  セルDVD

監督 ジャン・コクトー
主演 エドウィジュ・フィエール (女王陛下)
    ジャン・マレー (国王によく似た男)

感想
監督も主演二人も凄く良かったです。
というか、美しい・・・キレイとは違う美しさだと思いました。


・・・設定には無理もありそうですが
誰が見てもエリザベートとかハプスブルグ家とかを思い出しますよね。
ヨーロッパの美しい国の、ありそうで、なさそうな、そんなお話。

色々と難しい言葉を台詞で言ったり、
内心思ったりしているように思うけど、

簡単に言えば、
死にたくて切っ掛けを10年待っていた女と
その女を(そういうはずではなかったのに)好きになってしまった男の
「恋」のお話で「悲恋」で、ラストは当然みたいな感じで。

周りの人たちの陰謀や汚い心、
本当に忠誠をつくす人、
その人達も皆それぞれに俳優も似合うし、
そういうのがどこの宮殿にもいそうな、そんな感じがありました。

お城の外観、中の調度品、女王だけの部屋の雰囲気、
悪い仕掛けのある書斎・・・全部良かったです。

この映画は原作者が脚本・監督をしているので
自分の撮りたいように撮っていたのだと思います。

コクトーさんって、すごい人だったのね、
あんまり知らなくて恥ずかしい。


バカらしい話、と斬り捨てることも出来るかもしれないけど、
なかなか夢中になって見て、
あっという間に終わってしまいました。




激安フランス映画10枚組も(見るのは6枚だけなので)
あと2枚になりました。

この映画も含めて、今までは
(「ブローニュの森の貴婦人たち」「どん底」「恐るべき子供たち」)
全部フィルム状態が良かったから、あと2枚も期待しま~す。




<<2-1955  スパイダーマン | BLOG TOP | 2-1693  世にも怪奇な物語  第1話「黒馬の哭く館」だけ初見>>

comment

主演の方はお綺麗でしたね

  1. 2013/11/23(土) 09:00:59 |
  2. URL |
  3. マミイ
  4. [ 編集 ]
昨夜観ました。
女王様が本当におきれいで、ウットリしながら観ました。
(自分のブログ記事は今晩中に書けたらいいのですが・・・。)

好きな人にはたまらない世界なのかもしれないですが
私にはあわなかったです(^^;
「恐るべき子供たち」もそうだったので
コクトーは私にはあわないのかも・・・・

>簡単に言えば、
>死にたくて切っ掛けを10年待っていた女と
>その女を(そういうはずではなかったのに)好きになってしまった男の
>「恋」のお話で「悲恋」で、ラストは当然みたいな感じで。
そうそう!ホントにこれだけの話なんですよね。(爆)
でも、これだけの話を最後まで飽きることなく
ひっぱっていけるっていうのはすごいなと思いました。

Re: 主演の方はお綺麗でしたね

  1. 2013/11/23(土) 16:01:53 |
  2. URL |
  3. miri
  4. [ 編集 ]
マミイさん、こんにちは☆
コメントを有難うございます☆

> 昨夜観ました。
> 女王様が本当におきれいで、ウットリしながら観ました。
> (自分のブログ記事は今晩中に書けたらいいのですが・・・。)

本当にお綺麗でした☆

> 好きな人にはたまらない世界なのかもしれないですが
> 私にはあわなかったです(^^;
> 「恐るべき子供たち」もそうだったので
> コクトーは私にはあわないのかも・・・・

そうですね~万人は合わないと思うし
私もそれほど好きではありませんが
そんなにも嫌いでもないです(どっちや、ちゅーねん?(笑))

> そうそう!ホントにこれだけの話なんですよね。(爆)

ほほほ・・・共感して頂けて、嬉しいです☆

> でも、これだけの話を最後まで飽きることなく
> ひっぱっていけるっていうのはすごいなと思いました。

そう言われてみれば、そうですね~
まぁフランス映画らしくもあったし、私的には見て良かったと思いますが、
マミイさんにはお時間使って頂いて、申し訳なかったです。。。

記事がアップされたら、読ませていただきますね~♪


.
 
 管理者にだけ表示を許可する
 


このブログ内の検索フォームです

私のプロフィールです 

miri

Author:miri
古今東西、色々な映画が好きです♪
一番好きなのは、1930~50年代のフランス映画です。

カテゴリです❀

1975年からの記録(記事追加中です)

ネタばれについての、お知らせです。

感想文の中で映画の内容について深く触れている場合は、必ず大きな色文字でお知らせしています。 また、感想文の途中の一部分のみのネタばれの場合は、白抜きの隠し文字(反転で読めます)にしてあります。 ただ、申し訳ありませんがその白隠し文字は携帯(スマホ)では見えてしまいます(ペコリ)。 最後に、2008年以前の文章については、配慮はしてありません(ペコリ)。

« 2019 06  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -