FC2ブログ

映画鑑賞の記録

私の映画感想文と、映画に関する文章などです。


2-1957  砂漠でサーモン・フィッシング

  1. 2012/12/08(土) 23:00:00_
  2. ラッセ・ハルストレム
  3. _ comment:4
SALMON FISHING IN THE YEMEN  (砂漠でサーモン・フィッシング) 
2011年・イギリス



砂漠でサーモン・フィッシング




 
.


2012年12月8日(土)  大きな街の新しい映画館にて

監督 ラッセ・ハルストレム
主演 ユアン・マクレガー (アルフレッド・ジョーンズ博士 役)

感想
う~ん、まぁ良い作品でした、が・・・
ロバート大尉の帰還までは、本当に良い作品でサイコーでしたが、
それ以降がちょっと・・・。

脚本家も有名な方なんですけど、
あの傷1つない帰還には問題があるかも?
腕か足の一本でも折れるか、顔に傷でもあればともかく、
無傷ピンシャンでは、逃げ回っていた?と思われそう・・・。

それで最後に博士を選ぶときに
「さようなら」のひと言もないっていう描写はどうなのかな~???
婚約してたわけでもなく、3週間の付き合い、まだお互いを知らず、
行方不明の報には死ぬほど心配した・・・
それらの成り行き(言い訳)も「納得」までは(私的には)いきませんでした。

あと、博士の奥さんの事ですけど、
ちょっとマズイかも???
・・・まぁ夫婦の事は分からないし、
子供も作らず仕事してきたのも年金のためかもしれず、
何とも言えないけど、あんまり後味は良くないです。


首相広報官の夫さん、3人も子供いて、
もしかして あなたが この映画の一番の主人公かもしれない・・・
そう思ったのは、多分私だけではないはず(爆)。



監督は「ショコラ」で大好きなんですけど
大昔の「アバ/ザ・ムービー」から見ていると先日知り、
ひっくり返りました。
この映画は監督名で選んだのですが、
なかなか途中まではピッタリでした☆

ユアン・マクレガーもエミリー・ブラントも良かった。
二人とも本当にその人となり、カッコつけではなく、
役柄に血肉を与えていたと思います。

特に、博士がロバートにハッキリと気持ちを伝えたところは
なかなか難しい演技だと思いましたし、
男性から見るとあいまいな態度なのかもしれないけど、
ハリエットの全ては 女性目線から見て、納得です。
(さようなら、を 言わない終わり方は、脚本のミス)

アラブの富豪さん、あのヒトは心根も良く、
お金ではない「信仰」だけでもなく、
本当にイエメンと言う国の為にと思っていると思いました。
役者も素敵♪
何でもどんな道でも、最後に残るのは信仰(信じること)・・・。


博士と富豪の友情は、無理なく描かれて
とっても良い気分でスムーズに見られました♪
 



でもテロって怖い・・・あんなに一所懸命に頑張った事を
一瞬で破壊する・・・どこからそんな憎しみが生まれるのか???

最後に鮭が一匹跳ねて、希望を見出すところは
キレイごとかもしれないけど、
事実ではなく小説の映画化としては、
最高の終わり方だと思いました。

(ラストシーンは別の事で、それもサイコーでした)

封切り日で、結構人が入っていました。
イギリスの映画は、アメリカの映画にはない味があるし、
監督(スウェーデン人)が国際人なので
そういう点でも良い作品だと思いましたが・・・。
この「・・・」の部分は、どうにもこうにも・・・。




<<2-1958  アーサーと魔王マルタザールの逆襲 | BLOG TOP | 2-1956  25年目のキス>>

comment

ハルストレム

  1. 2012/12/09(日) 13:06:24 |
  2. URL |
  3. 鉦鼓亭
  4. [ 編集 ]
 miriさん、こんにちは

このヘンテコなタイトルの映画って、あの監督だったんですか、知らなかった。(汗)
映画を再見しだして初めて好きになった監督なんですけど、
最近、どうなんでしょう。
ハズレの少ない人ですけど、何かまとまりすぎてきたというか、はみ出すものがないんですよね、場外特大ホームランは打たない人だなと。
僕は、この人の作品を観ると小津安二郎を思い出してしまいます。

「ショコラ」>少し不満な所は有るんですけど、いい作品で好きな作品です。
(あのマントの赤が綺麗だった)
この人で次に観る予定は「シッピング・ニュース」なんだけど、待機リストの下の方なので、いつになるやら・・・。

また、途中で誰か死にませんでしたか?(笑)

Re: ハルストレム

  1. 2012/12/09(日) 18:44:04 |
  2. URL |
  3. miri
  4. [ 編集 ]
鉦鼓亭さん、こんばんは☆
コメントを有難うございます☆

> このヘンテコなタイトルの映画って、あの監督だったんですか、知らなかった。(汗)

ヘンテコな・・・笑。
そうだったんですよ~♪

> 映画を再見しだして初めて好きになった監督なんですけど、

そうでしたか~!
何を見てそう思われたのでしょうか?

> 最近、どうなんでしょう。

どうと問われても、あんまり詳しくないので・・・。

> ハズレの少ない人ですけど、何かまとまりすぎてきたというか、はみ出すものがないんですよね、場外特大ホームランは打たない人だなと。
> 僕は、この人の作品を観ると小津安二郎を思い出してしまいます。

そうなのかもしれませんね~
でも、国際人な感じはありますね~。

> 「ショコラ」>少し不満な所は有るんですけど、いい作品で好きな作品です。
> (あのマントの赤が綺麗だった)

私は大好きです。

> この人で次に観る予定は「シッピング・ニュース」なんだけど、待機リストの下の方なので、いつになるやら・・・。

これはちょっと許せない描写が一部だけありましたが、
他は、おおむね良かったです。

> また、途中で誰か死にませんでしたか?(笑)

ハハハハハ・・・そう言えばこの監督は
そういう場面が多いのかもしれませんね~?

でも今回は・・・微妙で言えません・・・
是非、いつか鑑賞なさってくださいね~。

私が(この3年9ヶ月で)見たのは(順不同)

砂漠でサーモン・フィッシング
HACHI約束の犬
シッピング・ニュース
ショコラ
愛に迷った時
ギルバート・グレイプ
アバ/ザ・ムービー

・・・良かったのも良くなかったのもあります(笑)。

思わず共感してしまうところがたっぷり☆

  1. 2012/12/25(火) 21:14:20 |
  2. URL |
  3. なるは
  4. [ 編集 ]
>ロバート大尉の帰還までは、本当に良い作品でサイコーでしたが、
>それ以降がちょっと・・・
ですよねーーー・・・・!
折角の良い雰囲気の映画が、
どんどん安っぽくなってしまって本当に残念でした・・・!
なぜ無理に恋愛要素を本流に持ってきてしまったんでしょうか・・・。
共感性の高い作品を目指した、なんて理由でしたら
本当に大失敗だと思います。
それこそあのテロに近い感じでした、なにもかも流れていってしまいました。
実話ではないから、
これ以上はリアルに描き切れなかったんですかね・・・。
『スラムドッグ$ミリオネア』の脚本を手掛けた人と同じみたいですが、
あの映画ではよくても、この映画ではダメな展開だったと思います(><)

もうちょっとで名作だったんですけどね、
ユーモアもアイディアもあって・・・。

対して、残念なほど、
キャスティングは本当に素晴らしかったですね!!
みんな良い演技をしていました!!(*^ω^*)

Re: 思わず共感してしまうところがたっぷり☆

  1. 2012/12/26(水) 18:50:51 |
  2. URL |
  3. miri
  4. [ 編集 ]
こちらにも有難うございます☆

> >ロバート大尉の帰還までは、本当に良い作品でサイコーでしたが、
> >それ以降がちょっと・・・
> ですよねーーー・・・・!
> 折角の良い雰囲気の映画が、
> どんどん安っぽくなってしまって本当に残念でした・・・!

ハイ、あそこがターニング・ポイントだったと思います。
あれの前と後では、この映画は、全然別の映画になりましたね。

> なぜ無理に恋愛要素を本流に持ってきてしまったんでしょうか・・・。
> 共感性の高い作品を目指した、なんて理由でしたら
> 本当に大失敗だと思います。

これは脚本家(脚色でしょうか?)が、一番悪いけど
それで良いと思った監督もダメですね~。

演じている人達も、何とも思わなかったんでしょうか?
そんなはずはない、と思いたいです。。。

> それこそあのテロに近い感じでした、なにもかも流れていってしまいました。

あぁ、その表現、良いです♪
その通りですね~。

> 実話ではないから、
> これ以上はリアルに描き切れなかったんですかね・・・。

実話ではないからこそ、もうちょっと真ん中の話で頑張ってほしかったですね!

> 『スラムドッグ$ミリオネア』の脚本を手掛けた人と同じみたいですが、
> あの映画ではよくても、この映画ではダメな展開だったと思います(><)

その人は評価されているのだと思いますが、
私は実は「スラムドッグ~」の映画も嫌いなんです。
途中まではものすごく良くて、ある点を境にダメになり、
ラストはもうどうにもならなくなった点も同じです。
きっと合わないんだと思います。。。

> もうちょっとで名作だったんですけどね、
> ユーモアもアイディアもあって・・・。

ハイ、名作になりえました!
残念です!!!

> 対して、残念なほど、
> キャスティングは本当に素晴らしかったですね!!
> みんな良い演技をしていました!!(*^ω^*)

ハイ、良かったですが、俳優陣も意見を出してほしかったですね。
(大尉役の人は出番を減らしたくはなかったと思うけど(爆))

大まかには同じような感想で、嬉しいです☆
沢山劇場鑑賞なさっているなるはちゃんには追い付かないけど、
またコメント行かせてもらえる映画の時には行かせて頂きますね~!
 
 管理者にだけ表示を許可する
 


このブログ内の検索フォームです

私のプロフィールです 

miri

Author:miri
古今東西、色々な映画が好きです♪
一番好きなのは、1930~50年代のフランス映画です。

カテゴリです❀

1975年からの記録(記事追加中です)

ネタばれについての、お知らせです。

感想文の中で映画の内容について深く触れている場合は、必ず大きな色文字でお知らせしています。 また、感想文の途中の一部分のみのネタばれの場合は、白抜きの隠し文字(反転で読めます)にしてあります。 ただ、申し訳ありませんがその白隠し文字は携帯(スマホ)では見えてしまいます(ペコリ)。 最後に、2008年以前の文章については、配慮はしてありません(ペコリ)。

« 2019 06  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -