FC2ブログ

映画鑑賞の記録

私の映画感想文と、映画に関する文章などです。


劇場未公開 2作品 の ミニ感想

  1. 2012/02/19(日) 22:30:00_
  2. 外国人監督作品が複数ある記事
  3. _ comment:5
2-1512  2999年異性への旅 (DVDは発売されています)

2-1515  40オトコの恋愛事情 (未公開のうえに、DVDも発売されていません)



2999年異性への旅




 
.


2-1512・WHAT PLANET ARE YOU FROM? 
(2999年異性への旅) 2000年・アメリカ


2012年2月17日(金)  セルDVD
監督 マイク・ニコルズ
主演 ギャリー・シャンドリング (地球名:ハロルド 役)

感想
コレは邦題がダメだわ~。
とっても良いSFでした。
マイク・ニコルズの作品で良いと思ったのも、多分初めて。

アネットさんは相変わらずの良い女ぶりムンムンでした☆
男性陣も主演の冴えない人も、
追いつめるよく見る人、指導者のよく見る人も、他の人も皆うまかった。

この作品で一番良かったのは、やっぱり結婚式以降で、
宇宙人たちの列席、振動の音、追いつめる人の夫妻が仲良さそうにしていたこと、
同僚の愛人と妻に挟まれていたところ、
全部を見ると、あぁ宇宙人と戦争ではなく、共存を選んだんだな~と思える仕掛けになっている事と、

子供が感情がありそうで(人間の良いところ、ニコッととして)
賢そうに親の話を聞くところ(宇宙人の良いところ)
両方備えていて、本当にファンタジーだと思うけど、

これからも出勤して指導者をやりながら、
地球の女性との結婚も進めたり、良い未来が待っていると、
本当に温かい気持ちになりました♪



2-1515 DAN IN REAL LIFE (40オトコの恋愛事情)
2007年・アメリカ


2月19日(日)  ムービープラス
監督 ピーター・ヘッジズ
主演 スティーブ・カレル (ダン 役)

感想
う~ん、つまり結局、この主人公が、普段から良いヒトで、
妻に先立たれて以来、長年誠実に生きてきた事を、
弟はじめ、周りの誰もが分かっているから、
それであのようなラストになった、という事でしょうね~。

こんなキレイに運ばないよね~って思ってしまう、どうしても。
・・・素直に「良かったね」って思えれば良いのだけど・・・。

アメリカの大家族、例の女優さん、とうとうお婆ちゃん役になってしまったけどピッタリで、
皆を愛する、皆から慕われる、アメリカの良心の老婦人でしたね~!!!
爺さんも、息子娘、つれあい、子供(孫)達・・・
何というか、見本みたいな家庭で☆

豚鼻の女性がキレイになっていて、最後はそうなるだろうというところに落ち着いて
弟も傷ついていないという押し付け?
娘たちも本当にそれで良いのか???
ママは一人だよね~。

ダンが、自分がキレイごとばっかり言っていた事に気付いたところが良かった。
大好きなジュリエット・ビノシュさんだったけど、今まででサイテーの役柄でした。




<<(1-131)  暗くなるまでこの恋を  (3回目) | BLOG TOP | 2-1514  サガン 悲しみよこんにちは >>

comment

管理人のみ閲覧できます

  1. 2012/02/20(月) 10:53:15 |
  2. |
  3. [ 編集 ]
このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

  1. 2012/02/21(火) 11:05:30 |
  2. |
  3. [ 編集 ]
このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

  1. 2012/02/21(火) 11:16:17 |
  2. |
  3. [ 編集 ]
このコメントは管理人のみ閲覧できます

「2999年異性への旅」

  1. 2012/12/16(日) 15:31:43 |
  2. URL |
  3. マミイ
  4. [ 編集 ]
miriさん、こんにちは。

>コレは邦題がダメだわ~。
うまい事考えたなぁとは思いましたが、このお話の内容とは全然あっていませんでしたね。

>この作品で一番良かったのは、やっぱり結婚式以降で、
あのシーンはよかったですね。
どんな誓いの言葉もナイスフォローしちゃう神父さん?牧師さん?もよかったです。

いいお話なんだけど、邦題で損しちゃってますよね。もったいない。

Re: 「2999年異性への旅」

  1. 2012/12/16(日) 18:47:22 |
  2. URL |
  3. miri
  4. [ 編集 ]
マミイさん、こんばんは☆
コメントを有難うございます☆

> うまい事考えたなぁとは思いましたが、このお話の内容とは全然あっていませんでしたね。
> いいお話なんだけど、邦題で損しちゃってますよね。もったいない。

ハイ、本当にそう思います。
ジェラール様の「愛人ジュリエット」というのも、原題とも内容とも違います。

昨年見た「セックスと嘘とビデオテープ」というのは、
(内容と合ってはいるし、原題通りですが)邦題は考えて欲しかったです。

あと、昨今、原題に似せてあって実は全然違う邦題も多いですよね。
「ジュリエットからの手紙」とか「鉄の女の涙」とか、ウソばっかりです。

そんなわけで、やっぱりタイトルから入るから、
なるべくなら「この映画見たい!」って思えるような邦題を考えて欲しいですね~。

> あのシーンはよかったですね。
> どんな誓いの言葉もナイスフォローしちゃう神父さん?牧師さん?もよかったです。

あぁ~ちょっと記憶が・・・ごめんなさ~い☆
またいつか再見したら確認しますね~!
 
 管理者にだけ表示を許可する
 


このブログ内の検索フォームです

私のプロフィールです 

miri

Author:miri
古今東西、色々な映画が好きです♪
一番好きなのは、1930~50年代のフランス映画です。

カテゴリです❀

1975年からの記録(記事追加中です)

ネタばれについての、お知らせです。

感想文の中で映画の内容について深く触れている場合は、必ず大きな色文字でお知らせしています。 また、感想文の途中の一部分のみのネタばれの場合は、白抜きの隠し文字(反転で読めます)にしてあります。 ただ、申し訳ありませんがその白隠し文字は携帯(スマホ)では見えてしまいます(ペコリ)。 最後に、2008年以前の文章については、配慮はしてありません(ペコリ)。

« 2019 08  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31