FC2ブログ

映画鑑賞の記録

私の映画感想文と、映画に関する文章などです。


2-1509  ベジャール、そしてバレエはつづく

  1. 2012/02/15(水) 23:30:00_
  2. その他の外国人監督作品
  3. _ comment:2
LE COEUR ET LE COURAGE,  (ベジャール、そしてバレエはつづく)  2009年・スペイン



バレエ




 
.


2012年2月15日(水)  BS民放

監督 アランチャ・アギーレ
主演 ジル・ロマン

感想
昨年の秋頃でしたか、ワインのドキュメンタリーを見て
色々と知らない事を知り、勉強になりました。

この映画も、今まで知らなかった、ある種の「バレエ」 クラシックではない
その世界を教えてくれました。

ベジャールなる人物は、凄い人だったようで、
他界後、ジル・ロマンさんが振付け・演出の中心になって、
皆で踊りをやっていこうというドキュメンタリーで、それなりに感激しました☆

キレイな衣装を着るわけでもなく、
身体の表現、本当にその一言に尽きる踊りは、
本当に素晴らしいモノでした。




私が特に思った事を二つ。

一つ目は、フランス語なんですよね、しゃべっているのが。
フランス人たちですし・・・でも、スペイン製作で非常に驚いた事。
(たまに英語もありました)

二つ目は、最後に出てきた字幕に心揺すぶられたという事です。
“魔女に幸運を奪われても 心と勇気は守り抜く”
ドン・キホーテ 第2部 第17章



エンドロールを見ると、本当に
「これからもバレエは続いてゆくんだな~」と心から思いました。





<<(4-1)  ショーシャンクの空に  (数回目) | BLOG TOP | Ⅹファイル1・2を見て・・・>>

comment

こんにちは!

  1. 2012/02/17(金) 10:49:17 |
  2. URL |
  3. 宵乃
  4. [ 編集 ]
これを観て、わたしって本当にバレエが苦手なんだなぁとつくづく思いました。
頑張ってる姿は感動的なんですけど、彼らが演じているものがどうしても美しいと思えなくて。「ウエスト・サイド物語」も、みんな揃ってびしぃっと体を動かすのというが薄気味悪く感じてしまって苦手です。
芸術を解さない自分に呆れてしまいました。

>エンドロールを見ると、本当に
「これからもバレエは続いてゆくんだな~」と心から思いました。

こういう部分はわたしにも伝わってきて、凄いなぁとは思ったんですけどね~。

宵乃さん、こんにちは☆

  1. 2012/02/17(金) 11:50:07 |
  2. URL |
  3. miri
  4. [ 編集 ]
いつもコメントを有難うございます☆

> これを観て、わたしって本当にバレエが苦手なんだなぁとつくづく思いました。
> 頑張ってる姿は感動的なんですけど、彼らが演じているものがどうしても美しいと思えなくて。「ウエスト・サイド物語」も、みんな揃ってびしぃっと体を動かすのというが薄気味悪く感じてしまって苦手です。
> 芸術を解さない自分に呆れてしまいました。

いえいえ、それは好みが違うというだけのことだと思います☆
バレエはお好きではなくても、他の芸術でお好きなモノは多いと思いますし、
また反対にバレエだけが好きなヒトも、世の中には いるのではないでしょうか?

この映画でも頑張っている姿を感動的と仰るなら、
登場人物たちは嬉しいと思いますよ~♪

私はこの映画の踊りはキレイだと思いますが、
ウエストサイドストーリーは、凄いとか思いますが、好きではありません。

というわけで、宵乃さんが芸術を解さないなんて事はないと思います☆

> >エンドロールを見ると、本当に
> 「これからもバレエは続いてゆくんだな~」と心から思いました。
> こういう部分はわたしにも伝わってきて、凄いなぁとは思ったんですけどね~。

バレエのプロ以外は、それで良いのではないでしょうか?
エンドロールに続く「あの作り」は、映画的に上手だな~と思いましたね~!!!

ところで、昨日、ある方が水仙のお花を持ってきてくださいました。
毎年のように2月に下さるのですが、
本当に「春の使者」という感じで(香りも姿も)嬉しかったです☆
こんな話を聞いて頂き、有難うございました(ペコリ)。
 
 管理者にだけ表示を許可する
 


このブログ内の検索フォームです

私のプロフィールです 

miri

Author:miri
古今東西、色々な映画が好きです♪
一番好きなのは、1930~50年代のフランス映画です。

カテゴリです❀

1975年からの記録(記事追加中です)

ネタばれについての、お知らせです。

感想文の中で映画の内容について深く触れている場合は、必ず大きな色文字でお知らせしています。 また、感想文の途中の一部分のみのネタばれの場合は、白抜きの隠し文字(反転で読めます)にしてあります。 ただ、申し訳ありませんがその白隠し文字は携帯(スマホ)では見えてしまいます(ペコリ)。 最後に、2008年以前の文章については、配慮はしてありません(ペコリ)。

« 2019 08  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31