FC2ブログ
  • 2020_03
  • <<
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • >>
  • 2020_05

映画鑑賞の記録

私の映画感想文と、映画に関する文章などです。


2-1280  アバウト・シュミット

  1. 2011/09/29(木) 23:00:00_
  2. その他の外国人監督作品
  3. _ comment:0
About Schmidt  (アバウト・シュミット)  2002年・アメリカ



アバウトシュミット




 
.


2011年9月29日(木)  ムービープラス

監督  アレクサンダー・ペイン
主演  ジャック・ニコルスン  (ウォーレン・シュミット 役)

感想
“主演男優賞決まりで・賞”



感想の代わりに「アスカ・スタジオ」さんとのやり取り

こんばんは☆ (miri)
2011-09-29 21:40:34
>そんな結婚式で「ありがとう」と言ってしまうシュミットだった。

あのシークエンスはドキドキしましたね~!
段々鬼気迫る顔になってきて、何を言うんだろう?と最高潮に達した時に「ありがとう」で、私の涙腺は爆発しかけました☆

そしてその余韻を引きずったまま、自分に問いかけるシークエンスの最後に、またまたやってくれまして、それがラストシーンだったわけです♪・・・涙腺崩壊でした。

このような素晴らしいラストシーンと、演技の上手な事で「愛」というモノを訴える(言葉なし)すごい映画だと思いました。

今日、この映画を鑑賞して、ずっと昔から好きではなかった彼ですが、もちろん上手だとは思っていたのですが・・・「最高の人生の見つけ方」を見たばかりで、あまりにもインパクトが強く、今年の私の「洋画の主演男優賞」決定となりました~♪

>7人の観客は、全員我等シルバー族だった。

オンエアのお陰で見られて感謝です☆
きっとシルバー族でなくても、子どもの親だったら分かる点が多いのではないでしょうか?





miri様。 (アスカパパ)
2011-09-30 13:27:39
コメントありがとうございます。

>(前略)今年の私の「洋画の主演男優賞」決定となりました~♪

「チャイナタウン」や「カッコーの巣の上で」など、1970年代の絶頂期も巧かったですが、1998年に「恋愛小説家」を映画館で観た時は、更に脱皮して、円熟期に入ったなぁと思いました。もちろん、miriさんがご指摘の2作品も巧いですねぇ。

>きっとシルバー族でなくても、子どもの親だったら分かる点が多いのではないでしょうか?

勿論です。仰る通りです。




<<2-1281  なくもんか  | BLOG TOP | 2-1279  エレジー>>

comment

 
 管理者にだけ表示を許可する
 


このブログ内の検索フォームです

私のプロフィールです 

miri

Author:miri
古今東西、色々な映画が好きです♪
一番好きなのは、1930~50年代のフランス映画です。

カテゴリです❀

1975年からの記録(記事追加中です)

ネタばれについての、お知らせです。

感想文の中で映画の内容について深く触れている場合は、必ず大きな色文字でお知らせしています。 また、感想文の途中の一部分のみのネタばれの場合は、白抜きの隠し文字(反転で読めます)にしてあります。 ただ、申し訳ありませんがその白隠し文字は携帯(スマホ)では見えてしまいます(ペコリ)。 最後に、2008年以前の文章については、配慮はしてありません(ペコリ)。

« 2020 04  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -