映画鑑賞の記録

私の映画感想文と、映画に関する文章などです。


5-842  早熟のアイオワ

  1. 2015/08/03(月) 23:30:00_
  2. その他の外国人監督作品
  3. _ comment:0
THE POKER HOUSE  (早熟のアイオワ)  2008年・アメリカ



早熟のアイオワ




 
.


2015年8月3日(月)  ムービープラス

監督 ロリ・ペティ
主演 ジェニファー・ローレンス
    (初めての主演作品・・・やっぱり、めちゃうまかったですよ♪)
    (「ウインターズ・ボーン」と役柄が似ていますが、それぞれに良かったです)

感想
1976年が舞台の、当時14歳の子が主人公なので、
私とほぼ同世代のお話として見て、
当時の自分も家庭が良くなかったので、
比べると言っては申し訳ないけど、どうしてもそういう目で見てしまいました。

・・・でもまぁ、この主人公の母親がヤク中の売春婦というのでは
自分的には(日本では底辺だったとしても)
比べ物にはならなかったですけどね・・・。


邦題は酷い。
原題はありのままで日本人には分かりにくいけど、それにしてもね???

ジェニファー・ローレンスとクロエ何とかの事を言っているのかもしれないけど
そういう嫌らしい目で見ないでほしい、まっとうな家に育てなかった子供の話なのだもの。


それにしても、ある意味酷い作品で、
私怨は映画にしたらいけませんよ。



一番惜しかったのは、脚本と監督が、自分の出来事を描いていると言う割りには
主人公があんなにできる子
~ バスケットボール・バイト・友人関係・勉強・別のバイト等々 ~
という描写の中身が・具体的な事が・全く全然なく、本当に見事にゼロで、
結果だけを浅く(口で言うだけとかで)描いているので、
そんな馬鹿なとしか思えないのが、稚拙というかね(笑)。 それ以下(笑)。

あんな家と母親で、そんなに勉強やら何やらをして、
そのうえ、妹二人を守るというのがね(笑)
事実かもしれないけど、映画としては「んなバカな」としか受け止められないよ、
だからこそ言いたい、私怨を映画にしたらいけません!

もともと、日本では未公開だったのに、
ジェニファー・ローレンスが有名になったから公開したような作品で
やっぱりお金かと思うとぞっとします。


ま、それでもけっこう力のある作品で、
私怨のうえに内容プーでも、見応えはありました!





<<5-843  青春の門  (筑豊編)  | BLOG TOP | 5-841  メンフィス・ベル>>

comment

 
 管理者にだけ表示を許可する
 


このブログ内の検索フォームです

私のプロフィールです 

miri

Author:miri
古今東西、色々な映画が好きです♪
一番好きなのは、1930~50年代のフランス映画です。

ブログを続けることで目指しているのは
take it easy です☆

ネタばれについての、お知らせです。

感想文の中で映画の内容について深く触れている場合は、必ず大きな色文字でお知らせしています。 また、感想文の途中の一部分のみのネタばれの場合は、白抜きの隠し文字(反転で読めます)にしてあります。 ただ、申し訳ありませんがその白隠し文字は携帯(スマホ)では見えてしまいます(ペコリ)。 最後に、2008年以前の文章については、配慮はしてありません(ペコリ)。

カテゴリです❀

1975年からの記録(記事追加中です)

« 2017 10  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -