FC2ブログ

映画鑑賞の記録

私の映画感想文と、映画に関する文章などです。


(119) 舞踏会の手帖 (2回目)

  1. 1977/05/03(火) 15:30:00_
  2. ジュリアン・デュヴィヴィエ
  3. _ comment:0
舞踏会の手帖2



映画鑑賞の記録 1
(誤字・脱字・間違った情報等も・そのまま、ノートを転記しただけの記録です)
(その後 ネットで調べたりして 分かった事は、追記してゆきます)

ココから下が転記の内容です。



【人間ドラマ】 1937年・フランス

1977年5月3日(火) PM1:00~3:00 (高2)
監督 ジュリアン・デュヴィヴィエ
主演 マリー・ベル

ジュリアン・デュヴィヴィエ監督が好きで
それだけで もういちど みたいと 思ったんです




 
.


感想 
やっぱり よかったなぁ そのひとことです
灰色のワルツ やっぱり 憶えてたとおりです
気がめいって しまいそうな ワルツでは あるけれどね
16才、白いドレスにシャンデリア ’19のクリスチーヌと
’37の おじょーちゃん(ラストちかくの初ぶとう会の)
同じなんです いつも 女の子は この映画 40年前の
だけれど 私、今16才 もし舞踏会あったら ステキでしょうね
ストーリーのすすめかた うまいです 人物の描き方も
その位置づけも やっぱり20年って としつきは大きい
けれどもね
私は おとめチックのつもりは ないけれど
もえる かがり火、だんろの灯かしら? そして おどる人々
白い純白のドレス ステキでした 白黒であるからこそ
青春なんて すぐ すぎて しまう ものなのね
それぞれ 大切に しなくては いけない 日々だったのね
自殺した人も ぐれた人ピエールも 神父さんになった人アランも
山を愛してる人エリックも 町長さんになった人も 
床屋さんティルリ―も 
ジェラール・・・死んでしまって ジャックという子を残した人・・・も
クリスチーヌにとっても それぞれの日々 20年間



**************************



2009年4月:追記

>青春なんて すぐ すぎて しまう ものなのね
>それぞれ 大切に しなくては いけない 日々だったのね
自分で書いたこの言葉に、本当にそうだったなぁ・・・と・・・

20年、と何回も書いていますが、
16歳からみた20年は、長い長い時間ですが、
今の年齢から遡れば、20年なんて、アッという間なのかもしれません。

オムニバス形式で、最後は現代の(’37年の)舞踏会で締めくくる・・・
こんなお話が、やっぱり好きです☆



**************************



http://www.allcinema.net/prog/show_c.php?num_c=20130

原題:UN CARNET DE BAL



初見時等の感想はこちら

舞踏会の手帖(37・仏) ・・・ 1-119
舞踏会の手帖(37・仏)(殿堂入り) ・・・ 1-119 




<<(46) ドリトル先生 不思議な旅 2回目 | BLOG TOP | 165・チャップリンの独裁者>>

comment

 
 管理者にだけ表示を許可する
 


このブログ内の検索フォームです

私のプロフィールです 

miri

Author:miri
古今東西、色々な映画が好きです♪
一番好きなのは、1930~50年代のフランス映画です。

カテゴリです❀

1975年からの記録(記事追加中です)

ネタばれについての、お知らせです。

感想文の中で映画の内容について深く触れている場合は、必ず大きな色文字でお知らせしています。 また、感想文の途中の一部分のみのネタばれの場合は、白抜きの隠し文字(反転で読めます)にしてあります。 ただ、申し訳ありませんがその白隠し文字は携帯(スマホ)では見えてしまいます(ペコリ)。 最後に、2008年以前の文章については、配慮はしてありません(ペコリ)。

« 2020 02  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29