FC2ブログ

映画鑑賞の記録

私の映画感想文と、映画に関する文章などです。


(4-1)  ショーシャンクの空に  (数回目)

  1. 2012/02/16(木) 23:00:00_
  2. フランク・ダラボン
  3. _ comment:0
※匿名さん、リクエストして下さり、本当に有難うございました☆



再見  The Shawshank Redemption  (ショーシャンクの空に)  1994年・アメリカ



ショーシャンクの空に




 
.


2012年2月16日(木)  昔、BS2でオンエアした時に録画保存したDVDを鑑賞しました

監督 フランク・ダラボン
主演 ティム・ロビンス

感想
やっぱ名作ですね・・・にじむ涙と、素直に出る拍手。

ネットで、重箱の隅をつついたような感想を書いているヒトがいたけど
そういうヒトは、一生涯、何の心の罪も犯さずに生きてゆけるのでしょう。(凄いね!)

多分多くの人から見たら、
マトモに裁判を受けさせてもらえず、数々の試練にあって、希望を捨てなかった人間と、
元は大きな罪を犯した若者だったとしても、40年間刑務所で生きて、
まっとうに生きる事の意味を学んだ今では老人の
まぁそういう二人のドラマだと思います。

・・・初回鑑賞時に、自分的に極限状態にあったので、
その時に見たような感銘は、その後の平常時に見ても受ける事はありませんが、
今回もそうでしたが、


あの、汚水管をとおって、生まれ変わる・・・
それを、本当に、そうして、一度は出来たのだから、
それを有難かった事だと、そう思う事が大切なのかもしれない・・・と
今回はそう思いました。


悪い事は続かない・・・
希望を持つこと・・・
そのシンプルな言葉に、胸が震えるのが、
多くの人だと思います。



今回一番深く思ったのは、レッドの声がホトンド全編を引っ張ってゆくこの物語、
その、温かく深い声色・・・モーガン・フリーマンがたとえ人間としてサイテーでも、

この映画の中のレッドの声色は、
多くのこういう映画の中でも「ピカイチ」と、
あの声色が語るからこそ良かったのだと、私はそう思いました。




なかなか再見できませんでしたが、今回この機会を頂いた事を
(多分5~6年くらいぶりに見ました)深く感謝いたします☆




初見時等の感想はこちら  →  ショーシャンクの空に(94・米)(1~数回目) ・・・ 4-1





<<2-1510  スペース・カウボーイ | BLOG TOP | 2-1509  ベジャール、そしてバレエはつづく>>

comment

 
 管理者にだけ表示を許可する
 


このブログ内の検索フォームです

私のプロフィールです 

miri

Author:miri
古今東西、色々な映画が好きです♪
一番好きなのは、1930~50年代のフランス映画です。

カテゴリです❀

1975年からの記録(記事追加中です)

ネタばれについての、お知らせです。

感想文の中で映画の内容について深く触れている場合は、必ず大きな色文字でお知らせしています。 また、感想文の途中の一部分のみのネタばれの場合は、白抜きの隠し文字(反転で読めます)にしてあります。 ただ、申し訳ありませんがその白隠し文字は携帯(スマホ)では見えてしまいます(ペコリ)。 最後に、2008年以前の文章については、配慮はしてありません(ペコリ)。

« 2019 08  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31