FC2ブログ

映画鑑賞の記録

私の映画感想文と、映画に関する文章などです。


2-1476  誓い

  1. 2012/01/23(月) 22:30:00_
  2. ピーター・ウィアー
  3. _ comment:6
※バーンズさん、リクエストして下さり、本当に有難うございました☆



GALLIPOLI (誓い) 1981年・オーストラリア



誓い




 
.


2012年1月23日(月)  レンタルDVD

監督 ピーター・ウィアー
主演 メル・ギブソン (フランク 役) 

感想 
途中まで、時間が長く感じ、なんとなく「いまを生きる」に似ていると思ったら
同じ監督で仰天しました☆
この監督は他に「マスター・アンド・コマンダー」と「グリーン・カード」を見ていて、
私の評価は良い作品が多いです。

メル・ギブソンさん、わっかーい!!!
っていうか、子供みたい!!!


そう、あの二人が、はりあって、走る時、湖まで歩く時、
再会した喜びの時、別れの時、
どんなシーンも、二人とも少年に見えます。
もちろん18歳とか21歳の設定なのですが、それよりも小さい
本当に小学生の男の子のようにさえ、私の目には見えました。

戦争の話・・・と聞いていたけど、戦争の場所に行くまでが長く、
全体的には、戦争に行く、走る二人の、青春物語、って感じでしょうか?


ラストに向かうにつれ、戦友たちも含めて、
描写的にリアルであるし、そう食事や生活の端々まで、
悲しく辛く、バカ上官(「突撃」と同じですわ)の事など、
すっごく迫って来て、
あのシーンで終わった日には、私の胸に同じ銃弾が撃ち込まれたようで、

あまりレンタルの場合見ないのですが、是非監督の話を聞きたいと思い、
特典映像の監督の話を見ました。
オーストラリアを愛し、映画を愛する監督の気持ちがひしひしと伝わってきました。

戦争の場所に行くまでの、私が長いと感じた描写にも
深い意味があり、映画の印象が「ぐ・ぐーん」とアップしました♪

分かりやすく、胸にくるものがあり、
今のメル・ギブソンさんとは違うのでしょうけど、やはり本人、
リクエストなさった理由にあるように、素晴らしい俳優さんですね☆

彼の誹謗中傷、とか知らないのですが、
私の彼の初見は「ブレイブハート」悪いわけないですよね~!
その後「リーサル・ウエポン」(第一作)しか見ていなくて、
今回が三度目、それぞれ違う顔を見せてくれて、
また何かの映画で見たい(会いたい)と思わせてくれました。

(後で思い出したのですが「ハート・オブ・ウーマン」と
 「身代金」と「サイン」も見ていました~!!!
 初見は「ハート・オブ・ウーマン」でした~ごめんチャイ)

もう一人の彼も、メッチャ可愛い☆
オーストラリア俳優、マーク・リーさん、ネットでも情報がなく残念ですが、
ギブソンが出てくるまでの時間、すっごく良かったし、
W主演だと思います♪

教えて頂かなかったら知らなかった映画ですので、見られて大感謝です。




<<2-1477  ホワイト・プラネット | BLOG TOP | 2-1475  四十七人の刺客>>

comment

奇遇ですね!

  1. 2012/02/26(日) 14:55:39 |
  2. URL |
  3. 宵乃
  4. [ 編集 ]
同じ日に同じ監督さんの記事をアップする事になるなんて。
この作品は知りませんでしたが、「グリーン・カード」の監督さんの作品なら楽しめそうです。
画像のメル・ギブソンがほんとうに可愛らしい頃ですね~。こんな頃から役者だったんだ!
いつか機会があったら見てみます。

Re: 奇遇ですね!

  1. 2012/02/26(日) 18:53:13 |
  2. URL |
  3. miri
  4. [ 編集 ]
宵乃さん、こんばんは☆
コメントを有難うございます☆

> 同じ日に同じ監督さんの記事をアップする事になるなんて。

奇遇・・・シンクロですね♪
嬉しいです!

> この作品は知りませんでしたが、「グリーン・カード」の監督さんの作品なら楽しめそうです。

「マスター アンド コマンダー」「いまを生きる」も、それぞれに良い作品ですよね☆
4作品ともに、バラバラな感じも受けますが、
技量は高い監督のように思いますし、特典映像で映画への愛の強い方だと思いました。

> 画像のメル・ギブソンがほんとうに可愛らしい頃ですね~。こんな頃から役者だったんだ!
> いつか機会があったら見てみます。

ハイ、バーンズさんお薦めで、見て良かったです☆
デビューしてあまり年数の経たない頃だと思いますが、
実年齢よりも若く(可愛く)見えました♪

いつか、是非☆

  1. 2012/03/01(木) 00:10:01 |
  2. URL |
  3. バーンズ
  4. [ 編集 ]
miriさん、こんばんは。こちらもレビューしてくださってありがとうございます。
僕のほうも、「ファウンテン」も「誓い」も両方感想を書きます、今年中に(あ、言っちゃった、)

当時のメル、24~5歳かな?
今の僕より年下なのに役者としてこれほどの実績を残したというのが凄い。
我が身を振り返って「もっと自分も頑張ろう」って気持ちになります。
まぁ、あちらは役者でこっちは一般人。その部分は比べようもないですが
もっと根本的な、人間として男として精進したいです。
個人的な話になってすいません。

メルって監督の才能も相当なものだと思っていますが
ウィアー監督からもだいぶ学んだのでしょうね、きっと。

バーンズさん、こんにちは☆

  1. 2012/03/01(木) 10:52:27 |
  2. URL |
  3. miri
  4. [ 編集 ]
コメントを有難うございます☆

> miriさん、こんばんは。こちらもレビューしてくださってありがとうございます。

いえいえ、こちらこそ、リクエストして下さり、本当に有難うございます☆

> 僕のほうも、「ファウンテン」も「誓い」も両方感想を書きます、今年中に(あ、言っちゃった、)

無理なさらないでくださいね☆
でもお好きな俳優さんたちの、お好きな作品ですものね~。
お時間があれば、是非アップなさってね、読ませて頂きたいわ♪

> 当時のメル、24~5歳かな?
> 今の僕より年下なのに役者としてこれほどの実績を残したというのが凄い。
> 我が身を振り返って「もっと自分も頑張ろう」って気持ちになります。
> まぁ、あちらは役者でこっちは一般人。その部分は比べようもないですが
> もっと根本的な、人間として男として精進したいです。
> 個人的な話になってすいません。

いえいえ、俳優さんには俳優さんのお仕事が、
バーンズさんにはバーンズさんのお仕事が、
どちらも二人といない素晴らしい存在だと思います☆

でも、男性として、人間として、自分も頑張りたい・精進したいって思わせてくれる
そんな俳優さんがいらっしゃるっていいなぁ~って思います。

> メルって監督の才能も相当なものだと思っていますが
> ウィアー監督からもだいぶ学んだのでしょうね、きっと。

「ブレイブハート」は、監督もしていらっしゃいましたよね~?
素晴らしい作品でオスカーも受賞されて☆
ウィアー監督も素晴らしい人ですから、お若い時に影響を受けられたのでしょうね~。

そうそう、最近「タロットカード殺人事件」というのを見たのですが、
あの男の人、ヒュー・ジャックマンさんで、ビックリしました☆
「ファウンテン」とは全然違う役柄で、もちろんカッコ良かったけど
アレン監督にかかるとあんな感じになっちゃって、本当に驚きました~!

これからも、ジャックマンさんと、ギブソンさんの作品を
沢山見たいと思っています♪

  1. 2012/12/18(火) 17:53:26 |
  2. URL |
  3. バーンズ
  4. [ 編集 ]
こちらにも
改めてコメントさせていただきます

映像特典のインタビューで「歴史が題材の作品はつまらなくなる恐れがある」と監督仰ってましたけど、「マスター・アンド・コマンダー」のときもそう言ってましたね。
過去を俯瞰で見るような語り口は好きじゃないそうで、登場人物の視点を大事にするということなんでしょうね。

作品への思い入れを穏やかに語っていて、すごく優しそうなおじさんだなーと感じましたし、人物描写にも温かみがあって人柄が滲み出てると思います。

マーク・リーさん、失礼ながら他の作品は存じ上げないのですが
IMDBを見ると出演が50本以上ありました。
ただオーストラリアの映画やTVが多いので、日本ではほとんど見れそうにないのが残念

こちらにも有難うございます☆

  1. 2012/12/18(火) 19:10:33 |
  2. URL |
  3. miri
  4. [ 編集 ]
> 映像特典のインタビューで「歴史が題材の作品はつまらなくなる恐れがある」と監督仰ってましたけど、「マスター・アンド・コマンダー」のときもそう言ってましたね。
> 過去を俯瞰で見るような語り口は好きじゃないそうで、登場人物の視点を大事にするということなんでしょうね。

登場人物が監督の中で生き生きと生きているからこそ、
良い作品になるのだと思います。

> 作品への思い入れを穏やかに語っていて、すごく優しそうなおじさんだなーと感じましたし、人物描写にも温かみがあって人柄が滲み出てると思います。

ハイ、素敵な方でした☆
この人が作るなら、間違いないな~って思えそうな方でしたね~。

> マーク・リーさん、失礼ながら他の作品は存じ上げないのですが
> IMDBを見ると出演が50本以上ありました。
> ただオーストラリアの映画やTVが多いので、日本ではほとんど見れそうにないのが残念

そうでしたか!
英語圏なのでアメリカかイギリスの映画に出演してほしいですが、
地元を大切に活動される芸能関係者は世界中に多くいらっしゃいますものね。

この方の本当にお若いときの素晴らしい演技を見られて
それだけでもラッキーだったと思いたいと思います♪

今回は2本続けて記事を書かれて、読み応えがありました!!!
また知っている映画のときはコメントに行かせて頂きますね~☆

年末でお忙しいとは思いますが、無理なさらず頑張ってくださいネ~!
 
 管理者にだけ表示を許可する
 


このブログ内の検索フォームです

私のプロフィールです 

miri

Author:miri
古今東西、色々な映画が好きです♪
一番好きなのは、1930~50年代のフランス映画です。

カテゴリです❀

1975年からの記録(記事追加中です)

ネタばれについての、お知らせです。

感想文の中で映画の内容について深く触れている場合は、必ず大きな色文字でお知らせしています。 また、感想文の途中の一部分のみのネタばれの場合は、白抜きの隠し文字(反転で読めます)にしてあります。 ただ、申し訳ありませんがその白隠し文字は携帯(スマホ)では見えてしまいます(ペコリ)。 最後に、2008年以前の文章については、配慮はしてありません(ペコリ)。

« 2019 06  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -