FC2ブログ

映画鑑賞の記録

私の映画感想文と、映画に関する文章などです。


(2-559)  スモーク  (2回目)  (旧gooブログの記事) 

  1. 2012/01/05(木) 23:00:00_
  2. ウェイン・ワン
  3. _ comment:6
2012年1月7日の記事
タイトル 「“ご縁”があって、見られた映画」



スモーク




 
.


初見時の記事の最後の部分です

2-558 SMOKE (スモーク) 1995年・アメリカ/日本/ドイツ

2010年3月26日(金) 久しぶりに窓の外に青い空を見ながら・・・
監督 ウェイン・ワン
主演 ハーヴェイ・カイテル(オーギー役)



***************************



いつかは再見出来ると思っていたけど、
自分の本当に身近に、ほんのすぐそこに、その作品は待っていてくれました。
全然気付かなかった・・・息をひそめて、静かに、発見されるのを、待っていてくれました。
(っていうか、初見時もこれを見れば良かったような気が?)

その“ご縁”に導かれ、
素直に、真っ直ぐに、何も考えずに、スイッチオン・・・。



***************************



スモークの一場面の縮小



2012年1月5日(木) 

夫が大掃除して捨てると言ったVHSの中に、この作品が私を待っていてくれました。
感謝です。

感想
ほとんどの、見た部分は記憶に新しく、覚えていました。
でも、「やっぱり映画は最後まで自分の目で見ないといけない」という事を、
この映画は、もう一度、教えてくれました☆

お話の中でお婆さんが出てきた後の事、皆さんの記事や、
ユウ太さんが貼り付けてくれた映像で、分かったような気でいたけど、
自分の目で見て、耳で聞くと、全然違うように受け止めました。

あの話は、うそかまことか、煙(けむ)にまいて終わったけれども、
私の受け止め方は、お話が終わった時点では、ポール同様、良い作り話と思い、
エンドロールの映像と歌を見聞きしたら、このお話は事実、と思えました。

まぁ結局、どちらでも良いのでしょうけど、
そのあたり、上手な監督だな~と思いました。

そしてこの映画は、その部分が一番キモだったように思い、
この約2年近く、私は「スモーク」という映画を、
理解していなかったのだ、と思い知りました。

95年の製作ですが、90年のお話で、
今から見るともう、22年も昔の話で、
あんなにスパスパやっているのが、嫌な感じしないのが不思議ですよね~。
そんな時代でした。

今の私の周りには、タバコを吸うヒトは一人もいないけど、
やっぱり大昔に大好きだった、タバコを吸った人の事を思い出したりもしました。

最初と、物語りの入れ替わるときなどに、見える乗り物、
シティ・ライナー?とでも呼ぶのかな?
昔住んでいた場所にも走っていて、懐かしく、
妙に長いその映像に、きっと深い意味がありそうと思ったり、

どんなシーンも、シークエンスも、そんなにすっごい話にはならず、
結論も出ず、何でもない話の積み重ねが、
不思議な事に良い感じにまとまり、
良い映画・・・と思えるような作りになっていました☆




<<2-1445  縞模様のパジャマの少年  (旧gooブログの記事) | BLOG TOP | 2-1444  2days トゥー・デイズ>>

comment

百聞は一見に如かずですね

  1. 2012/01/07(土) 10:51:46 |
  2. URL |
  3. マミイ
  4. [ 編集 ]
>あの話は、うそかまことか、煙(けむ)にまいて終わったけれども、
うまい!座布団一枚です!!
どっちでもいいと思わせてくれる不思議な映画でしたね。

私はよくダンナに自分が見た漫才の説明をするのですが、
どんなに詳しく説明しても再現はできないんですよね。
やっぱり実物を見ないと良さやおもしろさは伝わらないと思います。

不思議なご縁に導かれて再見できてよかったですね。
私も再見したくなってきました。

Re: 百聞は一見に如かずですね

  1. 2012/01/07(土) 13:00:42 |
  2. URL |
  3. miri
  4. [ 編集 ]
マミイさん、こんにちは☆
コメントを有難うございます☆

> >あの話は、うそかまことか、煙(けむ)にまいて終わったけれども、
> うまい!座布団一枚です!!
> どっちでもいいと思わせてくれる不思議な映画でしたね。

おぉ~生まれて初めて座布団もらいました!
うれしー!!! ありがとー!!!

本当に不思議な映画でした。
追求しようという気にさえなりませんよね~。
普段なら、根掘り葉掘り、色々と責めまくりそうなのに・・・。

> 私はよくダンナに自分が見た漫才の説明をするのですが、
> どんなに詳しく説明しても再現はできないんですよね。
> やっぱり実物を見ないと良さやおもしろさは伝わらないと思います。

漫才ですか・・・やはり二人で やらないと・・・(爆)
冗談はさておき、まぁ仰りたい事は分かるつもりです。

自分で見て聞いて判断するって、
人間の基本の事なんだな~と、今回思い知りました。

> 不思議なご縁に導かれて再見できてよかったですね。
> 私も再見したくなってきました。

マミイさんはいつごろ鑑賞されたのでしょうか?

この作品は第8回ブログDEロードショーの作品で、
私は最終盤のあと数分、というところで
不良DVDのために見られなかったのです・・・。

今回、自分のすぐ身近に、この作品が待っていてくれたに気付き、その事に
心から感謝して再見しました☆

マミイさんも、良かったらいつかご参加なさいませんか?
http://saisenseisuki.blog97.fc2.com/blog-entry-580.html
この第8回の部分で~す♪

こんにちは!

  1. 2012/01/07(土) 15:37:32 |
  2. URL |
  3. 宵乃
  4. [ 編集 ]
この”縁”を大事に受け止めて、得るものもあって、やはり映画を愛する気持ちがあるから訪れた”縁”なんだと思います。
再見できて本当に良かったですね♪
ある意味、dvdが壊れてて良かったかも!?(笑)
やはり、あのラストあっての作品でした。。

宵乃さん、こんばんは☆

  1. 2012/01/07(土) 21:35:41 |
  2. URL |
  3. miri
  4. [ 編集 ]
コメントを有難うございます☆

> この”縁”を大事に受け止めて、得るものもあって、やはり映画を愛する気持ちがあるから訪れた”縁”なんだと思います。
> 再見できて本当に良かったですね♪

いつも温かいお言葉を有難うございます。
いつかは・・・と思っていた再見が、
自然にゆっくりと、こうして訪れてくれて、本当に良かったし、感謝です☆
大切にしなくては・・・ネ♪

> ある意味、dvdが壊れてて良かったかも!?(笑)

これは、実は私も、本当にそう思っているのですよ~!
さすがスルドイ!!!

> やはり、あのラストあっての作品でした。。

ハイ、あとたった数分だったのに、そこが一番キモでした☆
そしてエンドロールは、賛否あると思うのですが、私には、あった方が良かったです!

今年もあと少し

  1. 2016/12/25(日) 22:39:47 |
  2. URL |
  3. 鉦鼓亭
  4. [ 編集 ]
 miriさん、こんばんは

まぁ結局、どちらでも良いのでしょうけど
>僕も、そう思います。
この話に結論はなく、それぞれの感じ方で充分という事じゃないでしょうか。
(もしかしたら人生に結論はない、とまで言ってるのかもしれませんが)

シティ・ライナー?とでも呼ぶのかな?
妙に長いその映像に、きっと深い意味がありそうと思ったり
>あれ、何なんでしょうね。(笑)
最初、銀色の「蛇」に見えたから「smoke」→「snake」のシャレかいなと。
余りに長いので、それはナイだろうし、後、考えられるとしたら、
「人生は真っ直ぐじゃなく、曲がりくねりながらゆっくり進むものだ」
と言いたいのかな、と理解しました。

今日、新宿でようやく「雨月物語」を観る事が出来ました。
待てば海路のひよりあり、新しくデジタルリマスターされ、まるで公開時のように傷一つない綺麗な画面、クリアな台詞、待ってた甲斐がありました。
これで今年は打ち止め、頑張った積りだったけど去年と同数(66本)止まり。
来年1月中旬まで「溝口特集」をやってるので、「西鶴一代女」と「山椒太夫」は観に行きたいと思っています。

Re: 今年もあと少し

  1. 2016/12/26(月) 13:20:12 |
  2. URL |
  3. miri
  4. [ 編集 ]
鉦鼓亭さん、こんにちは☆
コメントを有難うございます☆

> まぁ結局、どちらでも良いのでしょうけど
> >僕も、そう思います。
> この話に結論はなく、それぞれの感じ方で充分という事じゃないでしょうか。
> (もしかしたら人生に結論はない、とまで言ってるのかもしれませんが)

きっと、そういう映画なのでしょうね~!

> シティ・ライナー?とでも呼ぶのかな?
> 妙に長いその映像に、きっと深い意味がありそうと思ったり
> >あれ、何なんでしょうね。(笑)
> 最初、銀色の「蛇」に見えたから「smoke」→「snake」のシャレかいなと。

ほほほほほ・・・

> 余りに長いので、それはナイだろうし、後、考えられるとしたら、
> 「人生は真っ直ぐじゃなく、曲がりくねりながらゆっくり進むものだ」
> と言いたいのかな、と理解しました。

凄いです! 
そうなのかも~?

> 今日、新宿でようやく「雨月物語」を観る事が出来ました。
> 待てば海路のひよりあり、新しくデジタルリマスターされ、まるで公開時のように傷一つない綺麗な画面、クリアな台詞、待ってた甲斐がありました。

それは良かったですね♪
待った甲斐がありましたね!

> これで今年は打ち止め、頑張った積りだったけど去年と同数(66本)止まり。
> 来年1月中旬まで「溝口特集」をやってるので、「西鶴一代女」と「山椒太夫」は観に行きたいと思っています。

たくさん鑑賞されてすごいです☆
1月も楽しみですね。
来年も良い映画鑑賞の一年になりますように~!


.
 
 管理者にだけ表示を許可する
 


このブログ内の検索フォームです

私のプロフィールです 

miri

Author:miri
古今東西、色々な映画が好きです♪
一番好きなのは、1930~50年代のフランス映画です。

カテゴリです❀

1975年からの記録(記事追加中です)

ネタばれについての、お知らせです。

感想文の中で映画の内容について深く触れている場合は、必ず大きな色文字でお知らせしています。 また、感想文の途中の一部分のみのネタばれの場合は、白抜きの隠し文字(反転で読めます)にしてあります。 ただ、申し訳ありませんがその白隠し文字は携帯(スマホ)では見えてしまいます(ペコリ)。 最後に、2008年以前の文章については、配慮はしてありません(ペコリ)。

« 2019 09  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -