映画鑑賞の記録

私の映画感想文と、映画に関する文章などです。


5-1002  愛しい人が眠るまで

  1. 2016/02/15(月) 23:00:00_
  2. アンソニー・ミンゲラ
  3. _ comment:2
真冬のファンタジー企画:最終作

TRULY MADLY DEEPLY (愛しい人が眠るまで) 1991年・イギリス



愛しい人が眠るまで




 
.


2016年2月15日(月)  レンタルVHS

監督 アンソニー・ミンゲラ
主演 ジュリエット・スティーブンス / アラン・リックマン

感想
アラン・リックマンさんが先月急逝されて驚いたのですが、
この映画では若くて、個性的な?ゴーストさんを真摯に演じていらっしゃいました。
私的には、でも、やっぱり、「ラブ・アクチュアリー」の社長さんかな?(笑)
この映画のように、ご家族の元にチラッとでも・・・(笑)。

しかしこのヒロイン、特に美人でもないと思うのですが、モテモテで(笑)
やはり男性が居なくなった後の女性って、狙われやすいのでしょうか? 笑
(申し訳ないけど、翻訳のお仕事しているように見えなかった・・・です)


おぉ~!
劇中、テレビのオンエアの映画で「ローラ殺人事件」が!!!
ジーン・ティアニー (「幽霊と未亡人」の主役) の
素敵な作品なのです☆
何か、繋がっている、素晴らしい♪



他にゴースト軍団の選ぶ映画作品や演奏する音楽にドキドキしたり、
ニーナ的にはうんざりですが、私的には面白かった・笑。
あと・・・マークの職業にあざとさを感じたり・・・

しかしゴースト軍団、やり過ぎだっちゅーの☆
ファンタジーと言うか、血肉を持っているので?
なかなか笑うべきか、どういうリアクションをとるべきか、悩む作品です(笑)。

そして結末に思う事・・・
まだ子供も持たない、結婚もしていない、そんな頃の恋愛対象の他界は、
こうなるしかないという事ですネ。
一番の愛とは全く違うから。 非常に納得しました。

全体的に、登場人物の配置とか話の流れとか手堅くて良かったんだけど
特に移民問題やら何やら考えさせられる事が多かったので・・・
でもやっぱり主演の女優とゴーストちゃんと新しい彼と


3人ともに魅力がないと言っては申し訳ないけど・・・
この監督なのにDVDになっていないのは
そういうわけかと納得しました。



*********************************



これで今年のファンタジー企画の感想は終わりです。
読んで下さり、有難うございました☆
この企画に参加させて頂き、本当に有難うございました♪




<<5-1003  愛すれど心さびしく | BLOG TOP | (1-351)  オリエント急行殺人事件  (殿堂入り)>>

comment

おはようございます

  1. 2016/02/19(金) 08:20:29 |
  2. URL |
  3. 宵乃
  4. [ 編集 ]
同じ企画内で観た作品にそんな共通点があったとは!
なかなか起こることじゃないですよ、さすが映画の神様に愛されてらっしゃる♪
思いっきり物語に没入ということはなかったみたいですが、考えさせられることがあり、納得して観られたということでよかったですね。
今回も複数作品でのご参加ありがとうございました♪

宵乃さん、こんにちは☆

  1. 2016/02/19(金) 12:41:27 |
  2. URL |
  3. miri
  4. [ 編集 ]
4件ともにコメントを頂き、本当に有難うございました☆

> 同じ企画内で観た作品にそんな共通点があったとは!
> なかなか起こることじゃないですよ、さすが映画の神様に愛されてらっしゃる♪

ありがとう~!
もうホントにビックリしましたよ~!

ラストシーンだけでしたが、ハッキリと分かったんです☆
古い映画がお好きなゴーストさん達で(笑)。

他にも色々、宵乃さんのご存知な作品も出てきました。
何も知らずに見て、そういうのに出くわすと、本当に幸せを感じます♪

> 思いっきり物語に没入ということはなかったみたいですが、考えさせられることがあり、納得して観られたということでよかったですね。

ハイ、この監督はわりと好きなので、DVDになっていない理由も知りたかったし
アラン・リックマンさんの件もあったので・・・
見られて良かったです!!!

> 今回も複数作品でのご参加ありがとうございました♪

こちらこそ、いつも本当に有難う~☆
皆さんの記事、チラチラガンチラチラガン読みさせてもらっています。

いつも宵乃さんの「お知らせ」朝に見るのが楽しみです。
分かりやすくてリンクしてあるので助かります♪


*******************************


「ティモシー~」の2度目のお返事有難うございました。
やっと、宵乃さんの仰りたい事が分かったような気がします。
宵乃さんは私の言いたい事スーッと分かって下さったのに、ごめんなさいね。

でもホントに詳しく書いて下さったおかげで
宵乃さんの見方や、同じ映画でも見方が違う件、スッキリとしました。
そして私が超・単純だった事もね(笑)。

ラストシーンは書いて下さったのと同じような感じで覚えていますが、
お母さんになる人が家に連れて行ったような?
その時「しゃべれんな、こいつは」と思ったんです(笑)。

またいつか先で再見する時には
鉛筆の件と、宵乃さんの書かれたこと、噛み締めて見たいと思います☆

本当にいつも有難うございます☆


.
 
 管理者にだけ表示を許可する
 


このブログ内の検索フォームです

私のプロフィールです 

miri

Author:miri
古今東西、色々な映画が好きです♪
一番好きなのは、1930~50年代のフランス映画です。

ブログを続けることで目指しているのは
take it easy です☆

ネタばれについての、お知らせです。

感想文の中で映画の内容について深く触れている場合は、必ず大きな色文字でお知らせしています。 また、感想文の途中の一部分のみのネタばれの場合は、白抜きの隠し文字(反転で読めます)にしてあります。 ただ、申し訳ありませんがその白隠し文字は携帯(スマホ)では見えてしまいます(ペコリ)。 最後に、2008年以前の文章については、配慮はしてありません(ペコリ)。

カテゴリです❀

1975年からの記録(記事追加中です)

« 2017 10  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -