FC2ブログ

映画鑑賞の記録

私の映画感想文と、映画に関する文章などです。


2-1414  ファウンテン 永遠に続く愛

  1. 2011/12/16(金) 23:00:00_
  2. ダーレン・アロノフスキー
  3. _ comment:6
※バーンズさん、リクエストして下さり、本当に有難うございました☆



The Fountain (ファウンテン 永遠に続く愛) 2006年・アメリカ



ファウンテン




 
.


2011年12月16日(金)  レンタルDVD

監督 ダーレン・アロノフスキー
主演 ヒュー・ジャックマン (トミー・他 役)
    レイチェル・ワイズ (イジー・他 役)

感想
ヒュー・ジャックマンさん、お初と思っていたら、
ずっと前に「ニューヨークの恋人」で見ていた事に気付き、
あの素敵な貴族か~ぁと、ため息。

レイチェル・ワイズさん、いつもにも増してキレイ、と思っていたら、
この頃に、この監督とラブラブだったらしい・・・
そりゃそうよね~! 一番きれいに撮ってくれるヒトですものね~☆

監督さんは「レスラー」1本しか見ていませんが、
その映画はとっても良かったので、期待して見ました☆

導入部が難しくて、よく分からなかった。
もちろん、あとで分かってきたけど、最初は借りる映画を違えたかな?と。
そのうえ、画面が暗過ぎて、分かりにくくて・・・。

最後まで見て思った事は、この映画はかなり分かりにくく、
現在と過去(小説の中)の、出来事を、リンクもさせてあるようなのですが、
ちょっとニブイ私には、完全についてゆく事は難しかったです。

ただ、最後に、現実の出来事にちゃんと戻して、
肉体が死んだ妻が出てくるという事もなく、お墓に「さよなら」と言えた事は、
キレイごとではないお話として、たいへんに好感を持てました。

そこからエンドロールへとつながり、美しいピアノの音楽と星空に
スタッフ・キャストの名前が出てくるのが、
昨今の長たらしいだけのエンドロールと違って、非常に好感を持ちました☆

お話の中身が もう少し分かりやすかったら もっと良かったんだけど・・・
あの美しい木と、それを包み込む空間は、夢のようでしたが、
眩しすぎたり、暗かったりはしましたね・・・。

さすがに人間から植物が生えるシーンは、
コレはもしかしてホラーだったのか?と・・・(爆)。
タイトルから想像していた内容の映画では なかったです。

この映画はラストシーンと、特にエンドロールは、
今まで見たどの映画よりも
一等賞を差し上げたいくらい良かったですが、



肝心の中身が ちょっと分かりにくくて残念でした。
俳優さんは主演のふたりも含めて、わきの人たちも
皆、良かったと思います☆


演出は「レスラー」を思うと、ちょっと「?」でしたが、
キレイごとにならない点で、非常に良かったです☆





<<(1-232)  埋れた青春  (2回目) | BLOG TOP | 2-1413  グリーン・カード>>

comment

  1. 2012/01/11(水) 20:55:21 |
  2. URL |
  3. take51
  4. [ 編集 ]
こんばんは!!(^^)

この映画は見てみたいですね~
ジャケットからヒュージャックマンって気づかなかったです(^▽^;)
エンドロールがいい、なんてどんな感じでしょう??

今度、見ますので今回は記事を
あまり読んでません!!見てから改めてコメントさせて頂きます!!(^^♪

take51さん、こんにちは☆

  1. 2012/01/12(木) 08:53:20 |
  2. URL |
  3. miri
  4. [ 編集 ]
コメントを有難うございます☆

> この映画は見てみたいですね~
> ジャケットからヒュージャックマンって気づかなかったです(^▽^;)
> エンドロールがいい、なんてどんな感じでしょう??

ヒュー・ジャックマンさんて、よく知らないのですが、
男性に好かれるタイプの俳優さんなのでしょうか?

エンドロールは、私の好みなので、take51さんに合うかどうかは・・・?
あ、でも、流星群を見る人だから、きっとOKかと・・・。

> 今度、見ますので今回は記事を
> あまり読んでません!!見てから改めてコメントさせて頂きます!!(^^♪

ハイ、是非、お待ちしています!
バーンズさんのリクエスト作品、どうぞ楽しまれますように~♪

追伸:
最近の一連の記事、コメントさせてもらっていませんが、
お家の一部屋の窓を、あのようになさって・・・
奥様に叱られませんでしたか~?ちょっと心配☆
多分、ご理解あるから大丈夫でしょうけど・・・陽の光もたまには入れて下さいね!
(余計なお節介でしたら、ゴメンナサイ)

  1. 2012/01/19(木) 00:27:48 |
  2. URL |
  3. バーンズ
  4. [ 編集 ]
miriさん、こんばんは
今年初の書き込みで、明けまして、を言うにはちょっと遅くなってしまい、すいませんが今年もよろしくお願いします。

そして僕のリクエストした作品を見てくださり
レビューまで書いていただいて本当にありがとうございました。
僕もこの作品について、感想を書かなければ、と思います。
何時になるかはまだわからないのが申し訳ないですが...

>さすがに人間から植物が生えるシーンは、
>コレはもしかしてホラーだったのか?と・・・(爆)。

あのシーンは気持ち悪かったですね。
僕はこの監督の作品は「ブラック・スワン」以外は全部見ましたが
こういうちょっとドロドロした演出も得意のように感じます。
「レクイエム・フォー・ドリーム」とか。

ジャックマンは海外、特にアメリカでは女性に絶大な人気があるのですが
日本ではmiriさんの仰るとおり、むしろ男性に支持されているかもしれません。
ヒロイックな役が多いし代表作もSFアクションだし。
マッチョで強そうに見えるのが男に受ける要因かな。

そのジャックマン主演の「リアル・スティール」が僕の今年最初の映画レビューになりました。

バーンズさん、おはようございます☆

  1. 2012/01/19(木) 08:37:34 |
  2. URL |
  3. miri
  4. [ 編集 ]
コメントを有難うございます☆

> 今年初の書き込みで、明けまして、を言うにはちょっと遅くなってしまい、すいませんが今年もよろしくお願いします。
> そのジャックマン主演の「リアル・スティール」が僕の今年最初の映画レビューになりました。

こちらこそ、今年もどうぞ宜しくお願いいたします☆

私は訪問者履歴を残さないようにしてありますので
分かっては頂けないと思いますが、
バーンズさんのブログは、ほぼ毎日ご訪問させて頂いています♪

映画の記事は、未見の場合チラ読みだけさせてもらっています。
自分が鑑賞後に寄せて頂きたいな~と思っていますが、
オンエア待ちでは・・・遅いですね(爆)!

でもその映画は好評ですので、いつか必ず・・・と思っています。

> そして僕のリクエストした作品を見てくださり
> レビューまで書いていただいて本当にありがとうございました。

いえいえ、本当になんともいえない雰囲気のある作品で、
特に、最後からエンドロールにかけては、芸術作品、そのものでしたね~!

> 僕もこの作品について、感想を書かなければ、と思います。
> 何時になるかはまだわからないのが申し訳ないですが...

いえいえ、アップされたら、必ず読ませて頂きますが、
ご無理のないように、ゆっくりとお待ちしています。

> >さすがに人間から植物が生えるシーンは、
> >コレはもしかしてホラーだったのか?と・・・(爆)。
> あのシーンは気持ち悪かったですね。
> 僕はこの監督の作品は「ブラック・スワン」以外は全部見ましたが
> こういうちょっとドロドロした演出も得意のように感じます。
> 「レクイエム・フォー・ドリーム」とか。

そうですか~!
その作品名も覚えて、いつか見たいと思います♪

> ジャックマンは海外、特にアメリカでは女性に絶大な人気があるのですが
> 日本ではmiriさんの仰るとおり、むしろ男性に支持されているかもしれません。
> ヒロイックな役が多いし代表作もSFアクションだし。
> マッチョで強そうに見えるのが男に受ける要因かな。

バーンズさん以外の男性の方のブログでも、
結構よく拝見するお名前でしたので・・・
でも、もちろん、女性目線から見て、単純に「素敵な男性♪」だと思います☆

では、今週末、もしお時間頂ければ、
宵乃さんの企画に、是非、ご一緒いたしましょう~。

  1. 2012/12/18(火) 17:23:22 |
  2. URL |
  3. バーンズ
  4. [ 編集 ]
こんにちは、ようやくレビューをしあげることが出来ました。
遅くなってしまい、すいません。

>ただ、最後に、現実の出来事にちゃんと戻して、
>肉体が死んだ妻が出てくるという事もなく、お墓に「さよなら」と言えた事は、
>キレイごとではないお話として、たいへんに好感を持てました。

やっぱり、ここに行き着くまでの物語なんだと思います
それを描くのに、こういう演出・題材は必要だったのかという疑問もありますが
監督が若い頃から思い描いていたストーリーだったそうなので
どの要素も省くことなく入れたかったのでしょうね。

>そこからエンドロールへとつながり、美しいピアノの音楽と星空に
>スタッフ・キャストの名前が出てくるのが、
>昨今の長たらしいだけのエンドロールと違って、非常に好感を持ちました☆

僕はサウンドトラック好きなので、曲を聴くのを楽しむっていう面もあるんですが
それでも最近のは長いですよね(笑)
劇場では最後まで見るようにしてますが
レンタルなら途中で止めたり早送りしてしまいます

バーンズさん、年のはじめと終わりに、コメントをありがとう~!

  1. 2012/12/18(火) 19:02:12 |
  2. URL |
  3. miri
  4. [ 編集 ]
> こんにちは、ようやくレビューをしあげることが出来ました。
> 遅くなってしまい、すいません。

いえいえ、内容・キャスト・スタッフ・と、順々に書かれて
分かりやすい・読みやすい記事でしたよ~。

私的には、答えのないままの一年間だったのが
パーッと目の前が開かれたように、気付く事が出来て
嬉しかったです☆ ありがとう☆

> やっぱり、ここに行き着くまでの物語なんだと思います
> それを描くのに、こういう演出・題材は必要だったのかという疑問もありますが
> 監督が若い頃から思い描いていたストーリーだったそうなので
> どの要素も省くことなく入れたかったのでしょうね。

私はキレイごと(特に死人が生き返るとか)が大嫌いなので、
本当に良いストンと腑に落ちるラストでした。

内容は難しかったけれども、長年温めてこられた想いのいっぱい
つまった良い作品だと思います。

時間をおいていつか再見したら、きっともっと分かると思います。
その時にはバーンズさんの記事や頂いたコメントを
再読させて頂きますね~♪

> 僕はサウンドトラック好きなので、曲を聴くのを楽しむっていう面もあるんですが
> それでも最近のは長いですよね(笑)
> 劇場では最後まで見るようにしてますが
> レンタルなら途中で止めたり早送りしてしまいます

この映画のエンドロールは今まで見た中で一番美しいと思いました。
(一番恐ろしくて忘れられないのは「チェ39歳別れの手紙」です)

昨今の長いエンドロール、私もバーンズさんと同じで、
映画館だと最後まで見ますが、レンタルは早送りにする場合が多いです。
 
 管理者にだけ表示を許可する
 


このブログ内の検索フォームです

私のプロフィールです 

miri

Author:miri
古今東西、色々な映画が好きです♪
一番好きなのは、1930~50年代のフランス映画です。

カテゴリです❀

1975年からの記録(記事追加中です)

ネタばれについての、お知らせです。

感想文の中で映画の内容について深く触れている場合は、必ず大きな色文字でお知らせしています。 また、感想文の途中の一部分のみのネタばれの場合は、白抜きの隠し文字(反転で読めます)にしてあります。 ただ、申し訳ありませんがその白隠し文字は携帯(スマホ)では見えてしまいます(ペコリ)。 最後に、2008年以前の文章については、配慮はしてありません(ペコリ)。

« 2019 08  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31