FC2ブログ

映画鑑賞の記録

私の映画感想文と、映画に関する文章などです。


(1-430)  未完成交響楽  (2回目)

  1. 2011/11/13(日) 23:30:00_
  2. ヴィリ・フォルスト
  3. _ comment:2
再見  Leise flehen meine Lieder  (未完成交響楽)  1933年・オーストリア



未完成交響楽




 
.


2011年11月13日(日)  セルDVD

監督  ヴィリ・フォルスト
主演  ハンス・ヤーライ (シューベルト 役)

感想
「たそがれの維納」を見てしまったので、どうしても再見したくなって、
なかなかオンエアがないので、これも買いました。

見終わっての感想は、確かに良い映画だと思ったけど、
内容的には「たそがれの維納」の方が好きかな?って感じ。
84年の1位ってまぁそれはそうだったのだけど・・・。

この話はフィクションだからこその、良い点があるのよね~。
シューベルトが早世したことや、配偶者がいなかった事は
事実だから、そこにつながると思えるような話で、

・・・質屋の娘さんの健気な事!!!
誰か普通の人と結婚するだろうけど、
シューベルトの才能を一番早くから見抜いて、
もちろん大好きで、便宜を図ったり、待って待って・・・。

そして情熱的な伯爵令嬢・・・
彼女の言葉や態度は、恋する乙女そのもので、
なんの作りごともないのだけど、
やはり家柄等があるから、あれで良かったのよ。

二人とも、それぞれの親に愛されているから、
そしてきっと良い奥さんになってゆくと思えるから、大丈夫。

シューベルトは、最後のシークエンスで、
野のマリアを♪アヴェマリア♪の歌曲に変えてゆく・・・その幻想シーンで、
その後の成功を描写出来ているし・・・。

お辞儀の事、笑われて演奏を辞めたこと、
お金がなくてもプライドがある事、
良いお友達がたくさんいること・・・

田舎の食堂での令嬢の踊りや、
畑でのキスシーンなど、

本当に純愛の物語りで、
それをミステリアスな「未完成交響楽」につなげて、
良い映画に仕上がっていました。


オーストリアは、芸術の似合う国、
監督も上手だったし、役者も皆良かった。
令嬢役の人の歌が素晴らしかったし・・・。

再見出来て本当に良かったです。
「ブルグ劇場」も含めて、この監督の作品は、今までに見た3作品とも好きです。
他の作品も見るチャンスがあると良いなぁ~と思いました♪



******************************



初見時感想 → こちら




<<2-1364  ミュージック・オブ・ハート | BLOG TOP | 2-1363  アイス・ツイスター>>

comment

こんにちは。

  1. 2011/11/28(月) 14:55:41 |
  2. URL |
  3. アスカパパ
  4. [ 編集 ]
コメントとTBありがとうございます。
再見されたのですね。
私は長い間、再見していませんが、あの、人の良いシューベルトの顔が目に浮かんできます。
彼の音楽は、大好きです。
映画の方も、もし、機会があれば、再見したいものです。

アスカパパさん、こんばんは☆

  1. 2011/11/28(月) 17:13:55 |
  2. URL |
  3. miri
  4. [ 編集 ]
この時間でも「こんばんは」が合う季節になりましたね。
こちらこそ、コメントとTBを有難うございます☆

> この映画について、1年半ほど以前に、トークしていたのですね。
> 早い期間での再見だったのですね。

ハイ、1年半前には、23歳の初見時の記事をアップしたので、
その時にトークさせていただいたのです☆

その時には再見はしていませんで、
今回、うん十年ぶりの初めての再見だったのです♪

> 再見されたのですね。
> 私は長い間、再見していませんが、あの、人の良いシューベルトの顔が目に浮かんできます。
> 彼の音楽は、大好きです。
> 映画の方も、もし、機会があれば、再見したいものです。

再見したら、昔とは感想が変わりましたが、良い作品でした☆
アスカパパさんは、いつもクラシックをお聴きですものね~♪

どこかでオンエアがあると良いですよね~!
NHKにリクエストいたしましょう~☆
 
 管理者にだけ表示を許可する
 


このブログ内の検索フォームです

私のプロフィールです 

miri

Author:miri
古今東西、色々な映画が好きです♪
一番好きなのは、1930~50年代のフランス映画です。

カテゴリです❀

1975年からの記録(記事追加中です)

ネタばれについての、お知らせです。

感想文の中で映画の内容について深く触れている場合は、必ず大きな色文字でお知らせしています。 また、感想文の途中の一部分のみのネタばれの場合は、白抜きの隠し文字(反転で読めます)にしてあります。 ただ、申し訳ありませんがその白隠し文字は携帯(スマホ)では見えてしまいます(ペコリ)。 最後に、2008年以前の文章については、配慮はしてありません(ペコリ)。

« 2019 09  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -