FC2ブログ

映画鑑賞の記録

私の映画感想文と、映画に関する文章などです。


155・明日に向って撃て

  1. 1977/04/08(金) 23:00:00_
  2. ジョージ・ロイ・ヒル
  3. _ comment:2
明日に~BD



映画鑑賞の記録 1
(誤字・脱字・間違った情報等も・そのまま、ノートを転記しただけの記録です)
(その後 ネットで調べたりして 分かった事は、追記してゆきます)

ココから下が転記の内容です。



【ハテナ・・・】 1968年・アメリカ

1977年4月8日(金)PM9:00~10:40 (高2)
監督 ジョージ・ロイ・ヒル
主演 R・レッドフォード、P・ニューマン、K・ロス

前半みてないから 何にもならないよ! 全く




 
.


感想 女の子は1人残って どうなったんだろ
    なんで ボリビアを えらんだんだろ
    どーして ごーとー しないと いけなかったんだろうか
    時代はいけいも 何もわからん みないかん全部!
    このごろ半分ばっかで・・・
    ラスト うたれるとこ 1カットで とめたのが いんしょーてき!
    おれたちに あすはない のよーに めたくたで なくって
    ホントは あれ以上 だったんでしょーね



**************************



2009年3月:追記

多分、テレビが1台しかなくて(しかも白黒)
自分の思うようには見られなかったんだと思います。

この映画は、見た部分は結構覚えていますが、
音楽はもちろん、印象的ですが、
前半は多分見ないままになっていると思います。
今度、借りてこよう。



**************************



http://www.allcinema.net/prog/show_c.php?num_c=842

原題:BUTCH CASSIDY AND THE SUNDANCE KID
正しい邦題:明日に向って撃て!



再見時感想はこちら  →  明日に向って撃て!(69・米)(2回目) ・・・ 1-155 




<<156・ゼロの焦点 | BLOG TOP | 高校2年生での出会い>>

comment

こんにちは!

  1. 2012/04/23(月) 10:53:01 |
  2. URL |
  3. 宵乃
  4. [ 編集 ]
これはわたしも好きですね~。確か二度は観たんだけど、「新・明日に向って撃て」とごっちゃになってストーリー自体はよく覚えてないかも。
河に飛び込もうという時「泳げないんだ!」と叫ぶシーンとか、自転車に彼女を乗せて家の前をぐるぐる回るシーンが印象に残ってます。
2人の友情が本当に素敵で、彼女が一緒にいたいと思う気持ちもわかりますね~。

宵乃さん、こんにちは☆

  1. 2012/04/23(月) 12:17:37 |
  2. URL |
  3. miri
  4. [ 編集 ]
コメントを有難うございます☆

> これはわたしも好きですね~。確か二度は観たんだけど、「新・明日に向って撃て」とごっちゃになってストーリー自体はよく覚えてないかも。

「新」は見ていないので何とも言えませんが、
やはり名作と言われる作品は、いつの時代にも良いモノですよね~。

> 河に飛び込もうという時「泳げないんだ!」と叫ぶシーンとか、自転車に彼女を乗せて家の前をぐるぐる回るシーンが印象に残ってます。

なかなか面白いシーンと、胸キュンなシーンですね!
あそこでかかるから、この主題歌は良いのでしょうね~。

> 2人の友情が本当に素敵で、彼女が一緒にいたいと思う気持ちもわかりますね~。

そうですね!
まぁやっている事は誉められないのですが、
貧しい時代には、きっと、私だって、真面目で飢える夫よりも、
銀行強盗してでも食べ物を持ってくる夫の方が良いのだと思うと思います。

なので、今のような平和な時代に(今もそれなりに何ですが、食べられないことはないから)
貧しい時代の人々を批判は出来ないのだと、しみじみ思います。

リトル・ランボーズの記事ですが、
ごめんなさい、最初、コメント欄が開いていなかったようで、失礼いたしました。

3月に色々と触ってから、不具合(自分がやらかしたこと)が色々とあるようで、
本人が分かっていなくて、本当に申し訳ございません・・・。
何かお気付きでしたら、また教えてくださいね~。
 
 管理者にだけ表示を許可する
 


このブログ内の検索フォームです

私のプロフィールです 

miri

Author:miri
古今東西、色々な映画が好きです♪
一番好きなのは、1930~50年代のフランス映画です。

カテゴリです❀

1975年からの記録(記事追加中です)

ネタばれについての、お知らせです。

感想文の中で映画の内容について深く触れている場合は、必ず大きな色文字でお知らせしています。 また、感想文の途中の一部分のみのネタばれの場合は、白抜きの隠し文字(反転で読めます)にしてあります。 ただ、申し訳ありませんがその白隠し文字は携帯(スマホ)では見えてしまいます(ペコリ)。 最後に、2008年以前の文章については、配慮はしてありません(ペコリ)。

« 2019 08  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31