FC2ブログ

映画鑑賞の記録

私の映画感想文と、映画に関する文章などです。


2-1364  ミュージック・オブ・ハート

  1. 2011/11/14(月) 22:30:00_
  2. その他の外国人監督作品
  3. _ comment:12
Music of the Heart  (ミュージック・オブ・ハート)  1999年・アメリカ



ミュージック・オブ・ハート




 
.


2011年11月14日(月)  BS民放

監督  ウェス・クレイヴン
主演  メリル・ストリープ  (ロベルタ 役)

感想
いや、全く、この女優は凄いわ!
前に「もう当分顔を見たくない」と書いてから(「恋するベーカリー」「ダウト」)
続けざまに「プラダを着た悪魔」「再見:恋におちて」この映画・・・と3作品も見てしまった。
見たくなくても、今年は出会う事になっているようで、ホントに困った困った。

この映画、BS民放でのオンエアだったので、
カットがあるので、いつか必ず、ノーカットで見たいです。
でも、字幕だったからその点は良かったけど。

この映画も事実に基づいているそうで、
「レッスン」と同じように貧しい地域の、荒れた小学校のお話で、
「レッスン」は高校生にしていたけど、ホントはどちらも小学生だから、
この映画の方がより事実に近いと思います。

・・・胸を打ったのは、本当にそういう地域で、
黒人も白人もアジア系も、いろんな生徒がいて、

家族や・生徒自身が、襲われたり・争いの巻き添えになって殺されたり、
両親の離婚で住む場所が定まらなかったり、練習したくても家が狭くて難しかったり、
本当は音楽の道を行きたいのに、生きるだけが精いっぱいの子供もいて・・・

そういう本物の試練がありつつも、このクラスを続け、
予算が切られた時には自分たちの手でお金を集められた・・・
それも本物の世界的ヴァイオリニストが協賛してくれて!!!

そんな事もだけど、やっぱり、毎日の練習、怒られて、叱られて、
呆れられて、でも、やめないで、続ける努力、努力、努力・・・
その描写がちゃんとされていたから
だと思います。

やはり音楽を描く場合、こうしてちゃんと練習するところを描写するのは
ものすごく大事だと思います。

最後のコンサートは、本当に泣けるくらい良かったです
全ての楽器の揃ったオーケストラでなくても、
ヴァイオリンと、あと少しの楽器だけで、こんなにも胸を打つ演奏を聴かせてもらえる・・・

どの映画とは書かないけど、やっぱりそのあたりが、
この映画とは全然違うな~と思いました。

主人公の「女性として」「妻として」「母として」の生き方や出来事も
上手にちりばめて、良い映画になっていました。
息子たちも良い子たちで・・・

実在の今生きている人物だから、なかなか描きにくいだろうけど、
こういう女性(離婚して女手で子供達を育てる)は、世界中にいくらでもいるし、胸を張って!頑張って!って思いました☆

やっぱりこの女優は、全体的にうまいと思います。(本当にヴァイオリンを弾いたらしいし)
好きではないけど、この映画のこの役柄は、本当に大好きです。
この役柄に命を吹き込んだのがこの女優なら、今回は本当に良かったと思います☆

追伸:この監督さんって、ほとんどの作品がホラー系なのですね!?
    しかしまぁ、どうしてこの映画を??? 実話に惹かれたのかな~???





<<2-1365  ピノイ・サンデー  | BLOG TOP | (1-430)  未完成交響楽  (2回目)>>

comment

おはようございます。

  1. 2011/11/23(水) 07:17:06 |
  2. URL |
  3. 宵乃
  4. [ 編集 ]
そのうち記事を書く予定です。
メリル・ストリープの作品の(私が観た)中で、一番良かった!
感想を書き終わったら、きちんと読ませていただきますね。

宵乃さん、こんにちは☆

  1. 2011/11/23(水) 10:19:28 |
  2. URL |
  3. miri
  4. [ 編集 ]
コメントを有難うございます☆

> そのうち記事を書く予定です。
> メリル・ストリープの作品の(私が観た)中で、一番良かった!
> 感想を書き終わったら、きちんと読ませていただきますね。

わぁ~!それは楽しみですぅ~!!!
どの場面を描かれるのかしら?

記事をアップなさった後に、色々と言い合って楽しみましょうね~☆
ゆっくりと、お待ちしています♪

こんにちは。

  1. 2011/11/23(水) 11:54:03 |
  2. URL |
  3. アスカパパ
  4. [ 編集 ]
>追伸:この監督さんって、ほとんどの作品がホラー系なのですね!?
>    しかしまぁ、どうしてこの映画を??? 実話に惹かれたのかな~???

この映画は劇場鑑賞しました。その時のパンフレットを取り出して、読んでみますと、次のような意味の言葉を述べて居られます。原文は長い文なので私なりに要約しましたが、ご参考まで。

>ホラー以外で感動を届けたかった。何物かに恐れを抱いている子供達が居る。彼等が最悪な状況から克服する姿を見たい。私が勝手に決めていいなら、恐らくホラーは止めるだろう。

なお、私の感想は、TBさせていただきました中で述べています。

  1. 2011/11/23(水) 16:00:39 |
  2. URL |
  3. take51
  4. [ 編集 ]
そうなんですね~
どちらかというと、メリル好きな僕としては
この映画は「must」ですね!!!
いつも参考になります!!(^.^)

アスカパパさん、こんばんは☆

  1. 2011/11/23(水) 18:55:04 |
  2. URL |
  3. miri
  4. [ 編集 ]
コメントとTBを有難うございます☆

> この映画は劇場鑑賞しました。その時のパンフレットを取り出して、読んでみますと、次のような意味の言葉を述べて居られます。原文は長い文なので私なりに要約しましたが、ご参考まで。
> >ホラー以外で感動を届けたかった。何物かに恐れを抱いている子供達が居る。彼等が最悪な状況から克服する姿を見たい。私が勝手に決めていいなら、恐らくホラーは止めるだろう。

有難うございます!
監督さんの熱いお気持ち、シッカリと受け止めたいと思います☆

> なお、私の感想は、TBさせていただきました中で述べています。

これから読ませて頂きま~す♪

take51さん、こんばんは☆

  1. 2011/11/23(水) 18:58:25 |
  2. URL |
  3. miri
  4. [ 編集 ]
コメントを有難うございます☆
ついったーでは失礼いたしました♪

> そうなんですね~
> どちらかというと、メリル好きな僕としては
> この映画は「must」ですね!!!
> いつも参考になります!!(^.^)

「must」な映画なのですね!
それはそれは!!!

彼女を好きではない私から見ても、この役柄に命を吹き込み、
凄い女優だと再確認しました☆

参考・・・この映画が参考になるのでしょうか?
メリル・ストリープって、男性から見ると、
女性としても良い感じなのでしょうか~???

  1. 2011/11/23(水) 19:36:52 |
  2. URL |
  3. take51
  4. [ 編集 ]
言葉足らずですみません(汗)

未見だったので、今度借りて見ます!!

見る映画を決めるのに参考になります!!
というつもりでしたが、あまりにも言葉足らずでした(^_^;)

仕事中に慌てて書いたので、解り難いコメントに
なってしまったということで許して頂ければ・・

「仕事中に何をしておる!」って叱られそうですね(笑)


>メリル・ストリープって、男性から見ると、
>女性としても良い感じなのでしょうか~???
 
 良い感じだと思いますよ!!実際のところは解りませんが、
 役中の彼女は魅力満載だと思います。モーガンフリーマンの件から
 役者さんの実際には妄想しないことにしてます(笑)

take51さん、再び、有難うございます☆

  1. 2011/11/23(水) 23:22:49 |
  2. URL |
  3. miri
  4. [ 編集 ]
> 言葉足らずですみません(汗)
> 未見だったので、今度借りて見ます!!
> 見る映画を決めるのに参考になります!!
> というつもりでしたが、あまりにも言葉足らずでした(^_^;)

いえいえ、大変に光栄なお言葉、有難うございます☆
私の偏見に満ちた感想を、ご参考にして下さるなんて、本当に申し訳ないです。

メリル・ストリープさんがお好きなら、この作品は是非
ご覧になってほしいと、今回はこころからお薦めいたします(ペコリ)。

> 仕事中に慌てて書いたので、解り難いコメントに
> なってしまったということで許して頂ければ・・
> 「仕事中に何をしておる!」って叱られそうですね(笑)

今日、勤労感謝の日でしたのに・・・
年末に向けてお忙しいのですよね、お疲れ様です☆
お仕事中に見て下さり、申し訳ない気持ちですが、
とっても有難いです♪(息抜き程度にネ☆)
 
>  良い感じだと思いますよ!!実際のところは解りませんが、
>  役中の彼女は魅力満載だと思います。モーガンフリーマンの件から
>  役者さんの実際には妄想しないことにしてます(笑)

あぁ、あの件・・・あれを知って以来、あの俳優が苦手に・・・
そうですね、私生活は知らない方がきっと良いですね☆

でも良い点は、信じたい気持ちになります。
(昔プレイボーイで有名だった俳優が、ある女優と出会い、良き夫、良き父親に大変身)

彼ら、彼女らも、普通の人間ですので、
私達と同じで、普通の常識さえあれば
それ以上は望みませんのにね~(爆)

今日はたくさん有難うございます☆
米国アマゾン、うまくいきますように~♪

こんにちは!

  1. 2011/11/28(月) 15:04:35 |
  2. URL |
  3. 宵乃
  4. [ 編集 ]
やっと記事をアップできました。
やはり子供たちの頑張りが伝わってきて、それが感動に繋がってましたよね。あれだけ家庭の問題などの影響をうけて、それでも練習したい、上達したいって思えるのは素晴らしい事だと思います。
わたしも「恋に落ちて」と「ダウト」を観たばかりなんですが、この作品の彼女が一番輝いて見えました。まあ、役柄の好き嫌いが大きいですが。
それでも、彼女自身、この映画を多くの人に観てもらいたいという気持ちが強かったんじゃないかなと思います。
ラストのコンサートシーンは一気に感動がこみ上げてきました!

宵乃さん、こんばんは☆

  1. 2011/11/28(月) 17:22:57 |
  2. URL |
  3. miri
  4. [ 編集 ]
この時間でも「こんばんは」の合う季節になりましたね☆
コメントとTBを有難うございます!!!

> やっと記事をアップできました。

今、おたずねしたら、何とまぁ!
あの黄色は良いですよ~!!!
すっごい「パンチ力」を感じました♪

> やはり子供たちの頑張りが伝わってきて、それが感動に繋がってましたよね。あれだけ家庭の問題などの影響をうけて、それでも練習したい、上達したいって思えるのは素晴らしい事だと思います。

「レッスン」も良かったけど、小学生で映画を作ったので、リアル感ありあり、で、
宵乃さんの書かれたコメントの通りに、全部が素晴らしかったです!

> わたしも「恋に落ちて」と「ダウト」を観たばかりなんですが、この作品の彼女が一番輝いて見えました。まあ、役柄の好き嫌いが大きいですが。

何というか・・・演技は誰よりも上手で、何でもできる人で、
仰るように役柄の好き嫌いも大きいけれども、
昔からこの女優には・・・うまく書けませんが、敵意に近いモノを感じてしまうのですよね・・・

恋におちて、を再見して、どういう奴らだ?とムカムカした後で(相手の俳優も嫌いで)
この映画にぶち当たってしまって、

タイトルバックで、この女優が出ると知り、一瞬見るのを辞めようかと思ったけど、
初めのシークエンスから、もうすでに心をわし掴みにされました。

今回ばかりは、役柄だけでなく、それに命を吹き込んだこの女優に
素直に脱帽、って感じでした。長々すみません。
宵乃さんのように「サラッと」書ければ良いのですが・・・。

> それでも、彼女自身、この映画を多くの人に観てもらいたいという気持ちが強かったんじゃないかなと思います。

あぁそうなのかもしれませんね~???
私生活は知らないけど、人間ですものね、この実話に胸を打たれない人はいないと思います☆

> ラストのコンサートシーンは一気に感動がこみ上げてきました!

本当に素晴らしかった!!!
楽器の種類が少ないのに、あんなふうに演奏会が出来るなんて、本当にビックリです☆
これからも音楽系の映画を見てゆきたいと思います♪

最後は涙がポロリなんですけど・・・

  1. 2012/07/16(月) 22:37:37 |
  2. URL |
  3. 鉦鼓亭
  4. [ 編集 ]
miriさん、こんばんは

この作品は巡り合わせが悪かった。
うん、いいね、とは思うんですけど。
M・ストーリーブが余り好きじゃない(上手い人ですけど)という事もありますが、
娘が通ってる「鈴木」のヴァイオリン教室推奨映画ってのが「文部省特薦」みたいで。(笑)
これ「鈴木メソード」全面協力という映画で、最後に出てくる巨匠達も「鈴木メソード」教育システム(人が言葉を自然に覚えるように、楽器もちゃんと手順を踏めば自然と出来るようになり、その音楽によって人間性が豊かになる)の賛同者の方々なんですよね。
なんか「鈴木メソード」の宣伝映画って余計な雑念が入ってしまい、いま一つ素直になれないんです。(汗)
普段は映画を見ない嫁さんが熱心に見てるし。(笑)
嫁さんによれば、ヴァイオリンの持ち方だけで「鈴木」系の人だと一発で解るそうです。

最後に演奏したバッハの「二つのヴァイオリンのための協奏曲」ニ短調BWV1043は、鈴木メソードの校歌みたいなもので、初心者の必修曲みたいです。
教室の発表会の最後の合同演奏で良く演奏してます。
練習嫌いのクセにいつまでも通ってる娘も、これだけは譜面見ないで出来るはず(だと思う)。

このコメント、急に聞いてみたくなり五島みどりの「二つのヴァイオリンのための協奏曲」を聴きながら書きました。(笑)

鉦鼓亭さん、こんにちは☆

  1. 2012/07/17(火) 08:37:19 |
  2. URL |
  3. miri
  4. [ 編集 ]
誰にでも、自分や家族が
良い意味でも悪い意味でも、よく知っている世界があって、

そういう世界が映画になると、
良くも悪くも、一般的な映画とは違う想いを持ちますものね。

この映画の場合は、良い意味でよくご存じな世界のようで、
それは鉦鼓亭さんがお幸せな証拠だと思います☆
 
 管理者にだけ表示を許可する
 


このブログ内の検索フォームです

私のプロフィールです 

miri

Author:miri
古今東西、色々な映画が好きです♪
一番好きなのは、1930~50年代のフランス映画です。

カテゴリです❀

1975年からの記録(記事追加中です)

ネタばれについての、お知らせです。

感想文の中で映画の内容について深く触れている場合は、必ず大きな色文字でお知らせしています。 また、感想文の途中の一部分のみのネタばれの場合は、白抜きの隠し文字(反転で読めます)にしてあります。 ただ、申し訳ありませんがその白隠し文字は携帯(スマホ)では見えてしまいます(ペコリ)。 最後に、2008年以前の文章については、配慮はしてありません(ペコリ)。

« 2020 04  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -